FC2ブログ

グッド・オーメンズ 吹替版

goodomens-poster2.jpg


二度目は吹替で観ました。吹替、とても素晴らしかった! とても上手だっただなんて、それがプロの仕事なんだから当たり前じゃんって怒られてしまうけど、でも本当にキャラクターにぴったりの声や雰囲気でなんの違和感なくすごくマッチしてて、もしこのドラマ見るなら最初は吹替のほうがいいよ~っておすすめしたい。おかげさまですごくよく理解できました。

Ep01
アダムとイヴに炎の剣をあげちゃうアジラフェル
大きな羽根の下にクロウリーを入れてあげる時点で心つかまれる人、多いのでは
お寿司が好きってかわいいな。グルメな天使(字幕版の感想ですが、ここ職人役の人もマイケル・シーンもめっちゃ日本語うまい)
ハルマゲドンを止めたいのは下界での生活をエンジョイしまくってるからそれを失いたくない、という俗っぽい天使がすごく身近に感じられてよいし、悪魔も同じような感じだよね。人間界は居心地いいなーって思ってるよね?
悪魔は反キリストの成長を見守る。天使はその邪魔をする。それならなににも背いていないから、と納得の理由を見出すふたりが笑えます
今のままでいたいから、反キリストの子がハルマゲドンを起こさないようお互い協力しあうという協定がふたりのあいだで結ばれるのだけど。それ以降のエピ見てるとふたりのあいだの協定って別にこの件だけじゃないよねぇ
手品はやめろと頼むのはクロウリーにとって屈辱的。それほどアジラフェルの手品の腕は壊滅的だってことは誕生日パーティでちゃんと証明されましたね……(笑)
「匂いが違う」「コロンを変えたから」「違う、お前の匂いなら知ってる」 って、蛇は嗅覚にすぐれているという意味……ではないよねぇ違うよね、やっぱり
アジラフェルは古書店を住まいにしてますが、クロウリーの家は殺伐としててコンクリートで囲まれた冷たい空間。でも観葉植物は置いてある
天使たちが反キリストがハルマゲドンを起こすのを止めようとしないのは、ハルマゲドン後に天使と悪魔のあいだで戦争になったら必ず天使が勝つから、で合ってる? だから反キリストは予言通りに成長するべきで、アジラフェルが邪魔してるのはかえって迷惑、ということかな
ガブリエルの瞳が菫色ってどこの少女漫画なんだよ……ネクタイはその瞳の色に合わせて薄い紫色なんですね。すっごい設定だ
あのー、これ最後まで疑問だったんだけど、外交官の夫婦のもとにはすり替えられたヤング夫妻の赤ちゃんが届き、ヤング夫妻のところには反キリストの赤ちゃんがやってきた。ということは、外交官の夫婦の赤ちゃんはそのあとどこ行った……?

Ep02
アジラフェルの古書店を訪れたガブリエルが手にしてぱらぱらめくって、最後に机の上にばーん! と置いた本は林望先生の本にも出てきた「ビートン夫人の家政読本」だ!
サンダルフォンが「なにか匂う」といったのは店にクロウリーが出入りしてるからですよね?
黙示録の四騎士、死、汚染、飢饉、戦争を召喚したのは外部に委託した誰かって(笑) 天使の世界もアウトソーシング化が進んでるのか~。そしてその召喚者が荷物の配達人、という設定がとても面白いです
アフリカの紛争地にいる女性「戦争」に渡したのはアジラフェルがアダムとイヴにわたしたあの炎の剣ですね
すごく不思議な雰囲気のアナセマなんですが、丸眼鏡がすごく似合ってるし緑を基調としたちょいゴシックな服装が素敵。演じるアドリア・アルホナってPOIのシルヴァ刑事じゃないですか
植物を脅して世話をするクロウリー(笑)。怒鳴られて葉をわさわささせて怖がる観葉植物がかわいくて笑えるよー!! いつかどこか明るいところですくすく育つ日が来るとよいね
奇跡を起こしてコートの汚れを取っても汚れが付いたという記憶はなくならない。だから悪魔に汚れを取ってもらうってどういう意味なんだろう? 悪魔に汚れを取ってもらったら、そのこと自体がなかったことにできるってことなの? ここちょっとよく分からなかった
天使はオカルトじゃない、天使は神聖なものなんだからって言い張るアジラフェルだけど、いやいやもうあなたかなり神聖から遠のいてますよって感じですね
「誰か轢いたぞ」「轢いてない。当たってきた」って! もう爆笑です。いや確かにそうかもしれないけど! そしてアジラフェルもクロウリーも光を自由に扱える。奇跡成分ちょっと多めでアナセマの自転車を変速機付きのゴージャスなものに変えちゃうアジラフェル……(笑) 調子に乗りすぎたって呟くアジラフェル……(大笑)。そしてアナセマを乗せて家まで送っていくときに流れるのがクイーンの「バイシクル・レース」だなんて、音楽の使い方すばらしいな
Ep01ではクレープ、今回は安ダイナーでケーキ(多分ケーキだと思うけど)をぱくつくアジラフェル。なんかいっつも甘いもの食べてますね。かわいい(これ言ったの何度目?) 役者さんは食べながら演技するのってむつかしそう
まさか送ってあげた女性の忘れ物がもうこの世には現存していない、噂でしか聞いたことのない「アグネス・ナッターの預言書」で、それがアジラフェルのもとにやってくるなんて。でもこれもきっと予言書に書いてあったんでしょうね
持ち手が天使の羽根のマグカップ持ってるアジラフェルかわいすぎ! しかも中身がココアだなんて、本当に甘いものが好きなんですね

Ep03
炎の剣をアダムとイヴに渡したのを神に内緒にしているアジラフェル。訊かれるたびにあたふたする天使がかわいいねぇ
ノアの箱舟に乗らず逃げ出したから、ユニコーンは伝説上の生き物になったって設定おもしろいです
悪魔でもそこまではしない、とクラウリーが言うように幼い子どもを殺すことはキリスト教ではそうとうな禁忌ということでしょうか。アメリカのドラマや映画でも、子供を殺した犯罪者は刑務所でひどい目にあう、みたいなエピよくあるし
蛇のようににょろりと這うことから「クラウリー」だったのが、しっくりこないので「クロウリー」に変えたそうです。しっくりこないって……(笑)
キリストが「互いに親切にせよ」と説いたらなぜみんなは怒って磔刑にされたのか?
クロウリーが時代によってサングラスのデザインが変わるの、すっごくお洒落
537年、アーサー王のころにはお互いしてることが相殺してるから意味ない、だからやることはやりましたって嘘ついて上に報告しようってクロウリーは提案するんだけど、嘘を嫌うアジラフェルはそれを断固拒否して喧嘩別れ。だけどシェイクスピアのいる1601年には、互いにしていることが相殺されて結局はなかったことになるのがバカバカしいって思ってるクロウリー。お互い手を組んで効率的に物事をやっつけようって気持ちが大きいのは悪魔だから? 対してアジラフェルは真面目で、たとえ結果が相殺されようと、ちゃんと役目を果たさなきゃ!てずっとおもってたんだよね。 だけどとうとうエディンバラに行って祝福(天使の仕事)と誘惑(悪魔の仕事)の両方をやってしまうということに賛同。ただし本部にバレたら大変なことになる、っていうのは承知している
ハムレットの劇が人気になったのは、エディンバラ行きをクロウリーが引き受け、残ったアジラフェルが奇跡を起こしたから、という解釈で合ってるかな
1793年の時点で「本屋を開くんじゃなかったのか」とクロウリーに言われているので、自分の本屋さんを持つのはアジラフェルの長年の夢だったんですね。でも「小腹が減ったから」クレープを食べにパリに行って服装から貴族と間違えられて捕まっている。そんなに自分の欲望に忠実でどーすんだ、この天使は!(笑)
奇跡を起こしすぎて懲戒処分をくらった天使(その「奇跡」の数々は、歴史上の出来事に反映されているのだろうか)。しかし自分と看守の服をすり替えて、すり替えられた相手はそのままギロチンで処刑されちゃうのにアジラフェルに罪の意識はないん!? これちょっとびっくりなんですが。クレープ>人の命 なのか……? い、いいのかな……。クロウリーは悪魔だからとくになんとも思ってなさそうですが
1843年のロンドンで本を持ってきてるアジラフェルは念願の自分のお店(書店)をSOHOに持っている
なんだろう、悪いことばかり引き起こすのが役目の悪魔が「小さな奇跡」を起こしたのって、明らかにアジラフェルに感化されてますよね
本を守ってくれたクロウリーのことを嬉しそうに見つめるアジラフェルがまたとてもよい
1967年。聖水を盗みに教会に入らせないよう、アジラフェルはクロウリーにポットに入れて持ってきた聖水を渡す。1843年の借りを返したのもあるけれど、やってはいけないことをしている自覚がある以上に「君を守りたい気持ちもある」って、こりゃもう友情以上のものだよ
そして現代。ハルマゲドンの前日。あーこの「教会に盗みに入る」ために協力者を募ったなかに若きシャドウェル軍曹がいたのか! クロウリーが下界で動かせる人間がいるって言ったのはシャドウェルのことだったんだ。でも彼はアジラフェルからも電話をもらってて、しかも資金を提供してるのはアジラフェルって、えーそれどこで出てきたっけ。つまりアジラフェルとクロウリー、どっちも使える調査員がいるってのは同じ人物=シャドウェルのことでした
クロウリーもかつては天使で堕天したのなら、コインの表と裏で最初から一対の存在としてなりたってるような感じなんですかね?
宇宙は広いんだ、地球がどろどろに溶けてもふたりでどこかに逃げればいいって愛の告白にしか聞こえないし、そんなことはできないってアジラフェルに拒否られたクロウリーの態度が、ばーかばーか、お前なんかもう知らないからなー! ってやけくそ気味で、子供かよ。でも第三者の立場で見てる分にはとても面白い

Ep04
アジラフェルには常に炎の剣問題が付きまとっているの、ほんと笑えます
四騎士のひとり、「死」ってキャスト見るとブライアン・コックスなんだけど、姿全然見えないよね? 声だけってことなんだろうか(確認したら声だけでした)
アジラフェルのお店ってbook shop じゃなくて、Antiquarian and unusual books なんですね。そして屋号が A.Z.Fell and Co.って(笑)。だから1843年にロンドンの教会に本を持ってきたときも「フェルさん」って呼ばれてたんか
人の往来が多い場所でアジラフェルを「おい天使!」て呼びつけるのもどうかしてると思う
ミカエルやサンダルフォンたちに囲まれたうえに、「ここのところ堕天使になってない?」って言われるの、すっごい。悪魔に影響受けまくりの天使である
そして顔だけのメタトロンはデレク・ジャコビってどんだけ豪華なキャストなの
うわー本屋が火事になって書物が燃えるのを見るのはとてもつらいし、誰かが大切にしていた場所が失われるのは見てるこっちの心もえぐられるので、やめてほしい……

Ep05
交霊会で、霊だけでなくアジラフェルに体を乗っ取られたマダム・トレイシー、空軍基地前のシーンもだけど、演じるミランダ・リチャードソンが大熱演で、その度合いが高ければ高いほどこっちは大爆笑である。このシーン最高!
燃え盛るベントレーを運転して高速道路を突っ切るクロウリー。タッドフィールドに着いてもまだ車燃えてるんですが(笑)、バックにクイーンの"We will rock you"かかるのかっこよすぎです
しっかしクロウリーは親友のためならたとえ火の中水の中、ものともせずに飛び込むのがもののたとえじゃなくて本当に実行してるのがすごい
imdb見るとこの回にジョナサン・アリス出てるんだけど、Quortermaster Angel ってどの役なのかが分からない~

Ep06
05~06のデヴィッド・テナントの髪型がものすごくかっこいいですよね!!
アジラフェルは今までの入れ物(肉体)をどうやって取り戻したのか?
炎の剣はEp02で配達人によって四騎士のひとり「戦争」に渡ったけれど、どういう経緯でそうなったのだろう
四騎士をアダムの友人の、しかも子供がアジラフェルの炎の剣で次々に倒していくってのがすごい。正しいと思うことに疑いを抱かずまっすぐ生きてるのが好きだな
結局アダムは順調に成長して、悪魔のほうにも天使のほうにも傾くことなく「人間」として成長してたってすごく心を打たれてしまった。
「子どもでいるのは少しも悪いことじゃない。わたしはきみが地獄の化身じゃないかと恐れてた。天国の化身になれと願っていた。でもきみはそのどちらでもない。ずっといい存在だ。人間の化身だよ」というアジラフェルの言葉に涙が出ちゃった。善であれ悪であれ、わたしたちはそばにいるってアダムの手を両方から握ってあげる天使と悪魔、もうこの図が天使と悪魔と人間が、反目したり争うのではなく、共存しているように見えて、すごく美しくて大大大好きです!!
そしてサタンが滅びたあとに車で息子を迎えに来たお父さんが、本当にごくごく普通の存在で。息子をしかりつける父の姿は、不思議な力なんか持ってなくてもアダムは愛されて幸せに生きていける象徴に思えました
本屋が無事もとに戻ったことには本当にほっとしました。頼むから本は燃やさないでね……
さて一度目に見た時の最大の謎、「ふたりはいつ中身を入れ替えたのか問題」ですが。配達人が荷物を集荷して、バスに乗る前にベンチに座ってた時……かな。というのは、翌日クロウリーは新品のベントレーを見てもそれに乗らずブラックキャブに乗って公園に向かったので。元に戻るときもやっぱり公園のベンチに座ったときだし。
アジラフェルを演じたクロウリーは口の悪さを必死に封印しただろうし、クロウリーを演じたアジラフェルのはっちゃけぶりがすごい(「よぅミカエル、ちょっと奇跡でバスタオル出してくれ」って!)。ふたりは互いを完璧に演じきったんですね。でもそれも6000年の仲だからかな? わぉ!
しかし天使と悪魔が中身を入れ替えるのもアグネスの予言書にあったなら、そもそもハルマゲドンも最初から起こらないことになっていたのでは? だけど本は現存してないことになってて誰も読めなかったので、天使も悪魔も人間も、み~んなハルマゲドンに振り回されたってことなのだろうか
ランチに「誘惑」する悪魔と、その誘惑に簡単に屈する天使。でもそれって暗黙の了解というか、互いの真意を分かったうえで言ってるんだし、安泰以外のなにものでもない関係ですね。最後に流れる"Nightingale Sang In Berkeley Square"はこの曲がドラマにぴったりなんじゃなくて、この曲の歌詞に合わせてリッツやバークレースクエアを設定したかと。でも万事めでたしめでたしで終わり、"Cheers to the world."ですね!


だーっと書き出して頭の中も整理されてめちゃすっきりした。とっても楽しくて素敵なドラマでした♪
アマプラオリジナルドラマ、実は8月配信予定のオーランド・ブルームとカーラ・デルヴィーニュが共演してるドラマも今から期待して待ってます。




グッド・オーメンズ

goodomens-poster1.jpg


Good Omens (2019)


ネタバレ食らいたくないのでさっさと見てしまいました。本来ならお友達になってはいけない天使・アジラフェルと悪魔・クロウリーの6000年にわたる友情の物語……? またもや友達の定義がおかしいドラマに出会ってしまった感がすごかった。4話以降はなんかもうハルマゲドンどうでもいい感じでお話が進んでいった……。

4話目だったかな……それはもう太古の昔から存在していたふたりは「天使」と「悪魔」であるからゆえ、自分の使命は変えられない、でも相手がそれを邪魔したり阻止したりするのはおっけー。それぞれの領分があって、互いにそれを侵してはならない、線はきっちりと引いていたいたはずが、だんだんその境界があいまいになっていく過程が見ててにやにやしてしまいました。どちらかというとクロウリーのほうがいけいけどんどんで、別にいいじゃん的にルールを破ってて、アジラフェルはそれに対して眉をひそめたり窘めたり、みたいな雰囲気だったのにね。シェイクスピアのころには互いに仕事を肩代わりする関係になってて、それが彼らの友情のありかたなんですが、見ててとっても微笑ましい。
天使なアジラフェルはもちろんですが、クロウリーの性格が、とにかく優しい。悪魔だからもっと怖くて非情であるはず、というか、そうでなければいけないと本人も分かっているけど、持って生まれた気質がそう簡単に変えられるわけもなく。このあたりはアジラフェルのほうがよーくわかってるって感じしました。なんてったって6000年の付き合いですものね。

それにしても、クロウリー役のデヴィッド・テナントはドクター・フーの10代目で存じ上げてましたが、マイケル・シーンって2006年の「クイーン」でブレア首相を演じてたあのマイケル・シーンですよね⁉︎ そりゃ10年以上経てば容姿がどう変わってもおかしくないけど、でもすっかりいい感じのおじいちゃんになって……! とオープニングのクレジット見てめちゃめちゃびっくりしました。
いやしかし、アジラフェルの造形が超絶にかわいすぎやしないですか。細身の体を(たぶん)皮ジャケットとパンツで包み、サングラスをかけてベントレーを猛スピードで乗り回すロックスター然なクロウリーと対比するかのように、白っぽい三つ揃えのスーツにふわふわの白い髪。本屋を営む美食家で、甘いものも好きらしくて、これを可愛いと言わずなんと形容すればよいのかしら。
クロウリーはさぁ、口も態度も悪いけど、いざアジラフェルを喪うようなことになったらそれはもう大変なことになっちゃう悪魔だよね。悪魔らしからぬ悪魔だ(苦笑)。それに比べたら、アジラフェルはもうちょっと淡々としていて、ちょっと悟ってる部分があるというか。クロウリーが良い人ってちゃんと知ってるアジラフェルはちょっと無理めなお願いをちょいちょいしてるんだろうなーって。
なにがすごかったって確か5話かな、クロウリーがアジラフェルを"Angel!!"って呼んでいて、思わず見ながら飲んでた紅茶吹きそうになった。そりゃ彼は天使なんだからそう呼ばれてもおかしくないけどいやでもこれ絶対ダブルミーニングだろ、ちょい甘めの大切な人っていう意味での"Angel"呼びだろ! って思ったらもう。わー!!! ちょっといろいろ行間読みたくなりますね、これは。世界の終わりよりそっちの描写にもっと時間割きなさいよって。

他のキャストで特筆したいのはやっぱりマーク・ゲイティスかな。なんかこの俳優さん、存在感が独特で半端なくて、このドラマの時も登場したとたん「出たー!」ってまるでお化けのような扱いですがそんな声しか出なかった。なんか底知れぬ不気味さがあって、怖い。とにかく怖い。なんでこんなに怖いんだろ、マーク・ゲイティスは。
ダニエル・メイズは2014年の舞台以来お久しぶりです~ってなった(苦笑)。
サタンの声はベネディクト・カンバーバッチ。神様の声はフランシス・マクドーマンドですが、わたしはオリヴィア・コールマンも良いんじゃないかなって思いました。

しかしながら、ドラマの理解度はかなり低い……です……。どうしてこんなにクイーンの曲が流れるのか(どのシーンもみんな曲がマッチしてた!)とか、そもそも聖書から拾ってきたネタがそこらじゅうにちりばめられているのだろうけどわたし教養がなくてさっぱり分からないまま見進めたから結果としてこんな頭悪いとんちんかんであれこれ間違ってる部分もあるだろう感想しかでてこないわけでほんとすみませんとしか言いようがないのですが、吹替で観たらもっと多くの情報を得られるのかしら。
どこかに詳しく解説が載ってるページはないかな、と思いながらのずいぶん他力本願な視聴(ヒドイ)でしたが、でもでもとても楽しかったです。イギリスのドラマ見たのも「ロンドン・スパイ」以来で久しぶりでした~。

ゴールドフィンチ

映画化されるって聞いてからいつかなって細々と気になってましたが、USは9/13公開、予告が出ました。

The Goldfinch - Official Trailer 1 - Warner Bros. UK

主人公シオドア役はアンセル・エルゴードってのは知ってましたが、悪友ボリス役がアナイリン・バーナード! ダンケルクの子だ~。ちょっと見たくなってきた(我ながら現金なものである)。

しかし原作の長さからいって、これは映画よりドラマ化のほうがフィットすると思うんだよね……。特にラスベガスでのボリスとの関係や、ごしきひわを巡ってNYからアムステルダムに飛ぶのとか、だいぶはしょらないと映画では描き切れないのでは、などと予想してみたり。上映時間がまだ出てないのでどのくらいの長さなのか不明ですが。

映画公開後、そう間隔を空けずに別キャストでドラマ化絶対あるって信じてる、と勝手に予言。

グッド・ドクター シーズン1

thegooddoctor-s1-poster.jpg


the Good Doctor Season1 (2017-2018)


たいした感想は書けないんですが、でも、とてもとても素敵なドラマだった! 早くS2が見たい! 本国USではS3も決まったと聞いて、やったー!
そしてフレディ・ハイモアくん! うわー、「チャーリーとチョコレート工場」のあの男の子だーー! 久しぶり! 大きくなったねぇ!! とすっかり親戚のおばちゃん状態で見始めましたが、これもう1話目で心を持ってかれました。理事会で医者になりたい理由を聞かれたショーンの答えは、早くも私の中で今年の名台詞ナンバーワン。めちゃくちゃ泣きました。

The day that the rain smelled like ice cream, my bunny went to heaven in front of my eyes.
The day that the copper pipes in the old building smelled like burnt food, my brother went to heaven in front of my eyes.
I couldn't save them. It's sad. Neither one had the chance to become an adult.
They should have become adults. They should have had children of their own and loved those children.
And I want to make that possible for other people.

まぁこのあと、弟と一緒にバスの中に住んでいた時、TVを買うお金がなかったから「お金をたくさんかせいでTVを買いたい」って付け足しちゃうという面白さもあるんですけどね。

ショーンはよくも悪くも馬鹿正直で、それを煙たがられたり相手を、特に患者に対して言ってはならないことを平気で言ってしまうので、まわりはびっくりしたり振り回されたりするのだけど。そんなショーンも、大人はみな本音と建前を使い分けて生きているのを、そうじゃないよと言う代わりに、ずばり指摘するのは正直見てて気持ちいいと思っちゃうのもあるんだよね。ミスをしたかもしれないメレンデス先生に、彼女と別れて動揺したからです、て言われてさすがのメレンデス先生もたじたじでした。
彼はいろんな人との付き合いを通して成長していくお話で、それが医者という職業、病院という場所に設定したのが非常に面白いと思いました。人の命に責任を持つという非常に重い立場につくのなら、そうとうの覚悟がいる。そこに自閉症だから、という言い訳はいっさい成り立たない。そんな中でショーン・マーフィーは自分の障害とどう折り合っていき、キャリアと人間関係をどう築き上げていくのか、目が離せません。非常に楽しみなドラマですし、自閉症をメインテーマに取り扱うのなら、ことさら丁寧に作ってほしいとも思いました。
それにしても、どのエピかはちょっと忘れてしまったのですが、ショーンがグラスマン先生に、今までと同じ関係でいられないなら、じゃあ友達になろうって言ったシーン、胸にぐっと来ました。こんなん言われたら、グラスマン先生泣いてしまうやないか……。もうほんと、海外ドラマにおける友達の定義っていったい……! てなりましたよ。

実はわたしはこのドラマ、序盤はショーンとグラスマンの関係以外はちょっともったりした感じで話が重たいというか、テンポがあまりよくないなぁと感じてたのですが。特にカル―のキャラクターがあまり際立ってないというか、これといった見せ場がなくて、正直必要性を感じなかったのですが、クレアにセクハラしてきた医師をぶん殴ったところから俄然彼の個性が出てきて、それと同じタイミングで他の部分も面白くなってきて、目が離せなくなりました。
クレアは1話目で描かれた性格より、2話目以降のほうがもっと心優しい女性ですよね。まだ1話目ではキャラクターがしっかり定まってなかったのかな。自分のように過去にもあの医師からセクハラ受けた女性医師を探して真相を探っていくのは、間違いなくMeTooの影響だと思いましたがどうでしょうか。
一番好きなキャラクターはと訊かれたら、わたしはリム先生です。アジア系だから親しみも感じるってのはあるけれど、メレンデス先生と同期なせいか、気心知れたふたりのあいだでの丁々発止のやり取りが面白くて。レジデントたちを振り分けそれぞれチームを作ってどっちが勝ちか賭けをするという回は負けたメレンデス先生が本当にお金を払わされて爆笑だった。のふたりのコンビをずっと見ていたいです。よいふたり!
そしてタムリン・トミタの登場にはとてもびっくりしました。毎回登場するたびに彼女のスタイリッシュなワンピース姿を拝見するのが楽しみです~。胸元がアシンメトリーになってるデザインの服なんて、着こなすのすごく難しいと思うのに、彼女にぴったりですごいすごい。眼福。
アンドリュース先生は1話目からしてグラスマンを蹴落として自分が院長の座に就きたいという野心満々の人物かと思いきや、顔の整形には保険が効かないと聞いて、患者と家族の代わりに直接保険会社の社長に直談判しにいったのにはびっくりでした。なんだよ、アンドリュース先生いい人やん……て思った(笑)。ショーンと敵対する、もっと辛辣なキャラクターかと思ってたのでちょっと意外だったの。そしてアンドリュース先生が手術室で被る帽子がカラフルでおしゃれ~。
笑顔の回ではショーンだけでなく、アンドリュース先生も嘘くさくて怪しげ全開なスマイル顔がよかったです。こういうファニーで笑えるシーン、もっとたくさんほしいな。あってもいいと思うんだ。
基本このドラマってあんまり悪い人出てこない。レズニック先生も初登場の際はとんでもないのがやって来たな! とぎょっとしたけれど、みなさん医者ですから、そんなひどいことはしないわけで……。両親とも高名な医者なことで、当然自分にも高い期待がかけられるのがプレッシャーでもあるレズニックは彼女なりの悩みや葛藤もありますが、でもメレンデス先生はさすがですね。医者には他の人たちとうまくやっていくことも大事、チームワークが大切なことを説いてくれて。今回ショーンが手術中にミスを犯したように、
おなじことが君に起きた時、味方をしてくれる人はいるかな? とチクリと刺して部屋を出ていきました。
しかしメレンデス先生、顔がいい……。わたしのタイプではないけど、毎回見るたびにかっこいいなって。あの首のタトゥーにはなにか意味があるのだろうか。彼の過去ってまったく描かれてないから、S2以降ではなんかすごいのが出てくるのを期待してるんだよね! 内容次第では彼に落っこちそうな可能性が大なのであった。

もしショーンがひとつでも失敗したら、彼はクビ、グラスマン先生も院長の座を退くという条件でショーンのレジデント採用を決めた第一話。シーズンフィナーレは、ショーンとメレンデスが一緒に(この「一緒に」がすごくよかった!)アンドリュースのもとに、そのミスを報告しに訪れるシーンで終わりました。さてS2はどうなるのでしょうか。


ドラマのテーマである自閉症については、そうですね……当事者や家族から見たら、ドラマのようにはうまくいかないこともたくさんあるし、事実と違うのもあるかもしれないけれど、ひとことで自閉症と言っても症状はみな違うので、ドラマを通じてこういう人たちがいてこういう症状があるんだよっていうことを「知ってもらう」のがなにより大きなことかな、と思います。「なにも知らない、そんなひとたちは見たこともない」よりは、ただ「知っている」というだけでも、誰かの助けになったり、人生の方向が少しだけでも今までとは別に進むことができるので。脊髄損傷や車いすのひとたちの人生も同じように、映画やドラマといったエンターテインメントを通じて知られていったことはすごく大きな力になったので、なおさらそう思う。


あー今すぐにでもS2が見たいよー! でもDlifeでの放映なんて、そうとう先ですよね。そんなの待てないよ~。USのiTunesで買ってしまえば見られるんだけど(しかもS1のNG集も付いてるの)、ただでさえ日常会話もままならないのに、まして病名や病気の症状を英語で説明されたら、たとえCCありでも理解できるとはとても思えなくて。そうするとどうすればいいの? やっぱりわうわうに加入するべきなの? DVDはまだ出ないの? ねぇどうなの、誰か教えて~! と嬉しい悲鳴をあげてる。


おまけ。現役医師がドラマの真偽を指摘する動画。手術室に入るシーンで「ショーン! マスクをして! ショーン!」って言うのが爆笑でした。

Real Doctor Reacts to THE GOOD DOCTOR | Medical Drama Review | Doctor Mike

これから観たい映画とかドラマとか

・映画
6/14
メン・イン・ブラック インターナショナル
http://www.meninblack.jp/

実はすごく楽しみにしている。わたし、前回までのウィル・スミスの歌うあのテーマ曲がすっごく好きなのですが、でも今回はさすがに流れないですよね。テッサ・トンプソン、今ノリにノッてる俳優さんですね。クリヘムとの競演ということで、当然予告ではソー/ラグナロクのネタが出てきて、映画館で爆笑してしまった。

5/18
ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス
http://moviola.jp/nypl/

これも前々からずっと気になっている作品ですが、上映が3時間超……耐えられるのか……しかし家で見たらもっと退屈してしまいそうなので、映画館で強制的に観たほうがいいのかもしれない……。

『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』第1弾:永山桃

2019年10月

ジョン・ウィック パラベラム
http://johnwick.jp/


最近、ほんと心が映画離れしてて、ざっとリストを見ても「観たい映画」が3本しかないってほんのりショック。


・ドラマ
以前はアマプラにあったのに、下げられてから見たくなるのはなんでかなって感じですが、今猛烈に「ホワイトカラー」が見たい。Amazonビデオで1シーズン800円で見られるからお得と言えばお得。

ドラマ版「薔薇の名前」。これも日本で放映とかオンデマで配信とかいう話はまったく聞かないので未定。ショーン・コネリーとクリスチャン・スレイターが出てる映画版はもう見ていて(20年以上前だけど!)、どういう話で犯人が誰かも知っててネタバレ済なので、最悪英語版でもいいかなって。
さすがに先日のイタリア語での先行放映はさっぱり分からなかったし、当然吹替だし。やはり役者さんの生声でぜひ見たいです。
あとこれ、確か4kで撮ってるんですよね? 我が家のTVは4kに対応してるので、ぜひ薔薇の名前で4kデビューしたいものです。