fanvid

これ作った人天才かと思う

Becoming Q

POI S1 Ep15



Blue Code

このエピのアメリカでの放送日は2012年2月16日なので、S1はもう5年も前のドラマなんですね。具体的な日付を知るとぐっと時が流れた感がします。私の中ではまだまだ熱いドラマなんだけどね
警察学校を卒業後個人データを削除して潜入捜査官になるのは当然、映画「インファナル・アフェア」を思い出させるお話です。ついでに携帯をタップしてモールス信号送るシーンもあったら良かったのに、なんて思ったけどそれはS4Ep14で叶えてもらえたかな
このエピは潜入してるので珍しくほぼ全編いつものスーツ姿じゃないリース
この頃のリースはねー、後ろから殴られてもそれさえかっこよかったんですけどね!S3以降の演出はほんとダメ(泣)



"What are you, a fed or something? "
"...Something."
「あんたFBIか何かか?」
「”何か”だ」
ケイヒルに問われて答えたリースのこの"Something"がすごくいいと思うの。S2Ep10での「あなたいったい何者なの?」と訊かれたリースが「それは自分でも答えに困ってる」にも呼応してるし、実際一言では言い表せないしシリーズ通してよく出てくる"Concerned third party"の別の言い方でもある。リースとフィンチは何者か。何者でもないし、何者かでもある。彼らふたりがしていることを、曖昧だけど端的に表している言葉

"My lucky day."
"Your version of a lucky day is being shot and lit on fire?"
「今日はツイてる」
「撃たれて焼き殺されそうになったのに?」
の台詞と、フィンチが電話で開口一番「ケイヒルは?」って尋ねてるのにまず最初に俺の身は大丈夫だって答えてるリースが全くかみ合ってない会話ですごく可笑しい(笑)。フィンチが本当はリースのことをとても心配してたのに電話ではそれを微塵も感じさせないのもいい。この頃のフィンチはほんっとにツンツンですなぁ
しかしながら笑える台詞はこのふたつのみで、実はこのエピソードはかなり重くて。ケイヒルがずっと追ってたLOSとの取引現場に現れたのは実はCIA。麻薬の横流しで得た金をCIAが資金として使っているのをリースは既に知っていたし、実際リースが言ったように、ケイヒルが逮捕したそのCIAエージェントはすぐに保釈されるんだけど、逮捕されたことで今回の取引が表沙汰になることを避けたい本部はスノウを使ってそいつを殺してしまう。「言ったろ、敵地では気を付けろ、と」。スノウの「敵地では気を付けろ」は同じくこのエピの冒頭のフラッシュバックでも出てきます。

リースの潜入と並行して、フィンチはファスコに今回の対象者、マイケル・ケイヒルの資料を破棄させるのですが。資料は無事破棄できてケイヒルの身を守れたかと思いきや、ファスコは資料を保管している金庫に来たデヴィッドソンに見つかった上、本来なら入れない金庫室に侵入して勝手に資料を破棄したことで逮捕され、しかもデヴィッドソンはLOSの内通者だったことが分かり、ファスコは夜の雑木林に連れていかれて殺されそうに。そこを救ったのはもちろんリースなんだけど、その見返りというか、お前は悪徳警官のままでいろと強要し、さらにちょうどいい機会だ、これを機にHRに入って中を探ってこい、と。ファスコを助けてはあげたんだけど、デヴィッドソンは問答無用で射殺だし、あの醒めた視線のままでファスコに無茶ぶりを言うわけで、あぁそうだよ本来ジョン・リースはこういう情け容赦ない人間だよなって
ファスコの「俺の手は汚れたままか」の台詞は初見の時猛烈にかっこいい言い回しだと思いました。その時のファスコの表情と共にとても印象に残ったシーン

フラッシュバックは2008年。「パッケージ」を拘束中のリースがスノウから自由時間をもらって街に出ると、そこは何とニューヨーク。そして近場のバーに入ると店内のTVでオバマが大統領選挙の勝利宣言のスピーチをしているのが流れるので、2008年11月4日の夜、ということが分かるのだけど、日付や時間帯がこんなに明確に分かるシーンは珍しいのでは?そこには何かしら意味が込められているのかな、とも考えるのですがどうでしょう?
それとこのドラマでのフラッシュバックっていつも青みがかった色合いの画面なのに、なぜかこのエピとモロッコ(S1Ep20)、そしてS5Ep03は赤みのあるオレンジかかった色合いで。リースとカーラとのシーンはオレンジなのかなとも思ったんだけど、リースの初任務(S2Ep08)のプラハやそのあとのパリ(S2Ep12)、オルドス(S1Ep19)では青みがかってるしなー
バーで隣同士になった男性から出身地は?と聞かれ、「ピュアラップ、ワシントン州」と答えるリース。隣の男性とは実はピーター・アーントで、リースの元恋人・ジェシカの夫。そしてここでリースとジェシカが同郷の出身ということも分かる。私ははじめ、リースがピーターの関心を引くために嘘の出身地を言ったと思ってたんですが、S1Ep20でカーターが取り寄せたリースの経歴を見るとほんとにピュアラップって書いてあったので驚いた
ピーターはニューロシェルに新居を購入してもうすぐ引っ越すことをリースに話す
ピーターが、妻がなかなか来ないから電話してくる、といって席を外した直後、隣に現れたのはカーラ。その途端リースの顔つきが厳しいものに変わる
カーラはリースに、自分もこの仕事に就いてから初めて家に戻った時、車の中から3時間自分の家を見ていたけれど、私の見たことしたことを家族に話しても理解してもらえないと気づいた、と告白。ここは唯一カーラの過去が描かれたシーンでもあり、彼女の人間性を感じられて私はけっこう好きなシーン
そしてカーラの言う
"We are not in the dark. We are the dark."
「私たちは闇の中にいるんじゃない。私たち自身が闇なの」…「闇」はシリーズ通してリースの人生を言い表すのに常に付きまとう表現
結局ジェシカがやってくる前にバーを去ったリース。なので2006年、空港で偶然会うも、自分から別れを告げたのがリースが彼女に会った最後。ジェシカに声を掛けるどころか姿さえ見ることなく席を立ち去ったリースは何を思ったんだろうね……そしてもし会えたとしたら、いったい何を話したんだろうとも



全体的に暗いトーンのエピソードだし、ラストもすっきり爽やかな終わり方ではない。それでも話がよく練られているし人物描写も秀逸。S1、2は全てのエピソードにおいて隅々まで神経を行きわたらせ丁寧に作ってあると感じます。
S3以降に比べてS1、2が好きな理由はそれも含めてそれこそ星の数ほどあるのですが、そのひとつにフィンチがマシンから出た番号や人助けに対して、解決に至るまでの過程において頑なとも言えるほどに揺るぎない態度なのが私は猛烈に好きで。ITの知識と天才的な頭脳をフルに生かして時にはハッタリかましたりしれっと嘘をついたりと、リースが身体面で強いならフィンチは頭脳でガンガン押してくるのが最高で、それでいて時にはフィンチも現場に出て思い切ったことをするのも含めて、その絶妙なバランスがふたりのコンビネーションを見応えあるものにしているのがとてもとても良かったんだな、と改めて思う次第。だから私はS3後半以降の迷っちゃって決断できないフィンチを煮え切らない態度に思えてしまって苦手なんだなとも思った。フィンチのキャラクター自体はとても好きなんだけどね。
フィンチが人助けだと迷わないのにマシンのことになると迷ってしまうのは、自分が生みだしたものと、自分が下す決断で誰かの運命や国、ひいては世界の未来が大きく変わってしまうのを身をもって知っているから、という理由なのはもちろん分かってはいるんだけれど。主役のひとりであるフィンチには、時には揺らいでもまた本来の状態に戻ってほしいし、真ん中に一本筋の通った決してブレないものがあってほしかったな

Fever Ray 'If I Had A Heart'


追憶と、踊りながら

lilting-poster.jpg


Lilting (2014)


リチャードはなんとかして亡くなった恋人カイの母ジュンを助けたい、分かりあいたいという気持ちでいるんだけれど。これは難しいね……カイは母に結局カムアウトしなかったしできなかったし、しようと思っていた日に交通事故で亡くなってしまったのだけれど、母親は息子が一緒に住んでいる友人が「恋人」だと分かっていたと思うの。だからあんなにリチャードを嫌っていたのだろうし、何年過ごしても慣れることのない異国の地で、自分が理解できない言葉を話す、息子と同性の恋人。それを理解するのはとても難しいとも思う。カイは母親のことを心配していたけれど、リチャードのことも大事。愛情の板挟みになっていたのは事実だろうね。
カイと違ってリチャードはカムアウトすることに抵抗はなかったので、そのあたりもカイはリチャードには自分の悩みを理解してもらえない、という悩みもあったのかも。とてもセンシティヴなお話でもありました。
カイ側だけでなく、リチャードの家族や家庭環境も描写してほしかったなと思いました。例えばリチャードの家族は彼のセクシャリティに対して異論はないのかとか、親との関係は良好なのか否か、とかね。

リチャードが雇った通訳のヴァンも、通訳が本業ではないから、リチャードが言ってないことを勝手に推し量ってジュンに伝えてしまったりと、ちょっとやらかしてもいるのだけれど、意外にもリチャードとヴァンの関係は良好で。
私がいちばん好きだったのは、始めの頃のリチャードは自分が言ったことをヴァンに「今のは訳さないで」と頼んでた。自分の気持ちに自信がないというか、カイとの関係をはっきり言ってないことに後ろめたさがあったんだろうと思うのですが、それが後半で、ジュンと口論のような会話になってきて、でもリチャードははっきりと自分の気持ちを伝えて、ヴァンには「今のちゃんと訳して」と、本音が言えるようになったことでした。心境の変化が通訳する/しないで表されるのがとてもよかったの。

ラストはこの先は少しずつリチャードとジュンの関係は良好なものにはなっていくのかなとも思いつつ、言ってしまえば彼ら二人のつながりはカイとリチャードの間に婚姻関係こそ結ばれていないけれど嫁と姑の間柄だもんなぁ。難しいよねぇ。唯一の共通点であるカイは亡くなってしまっているのだし。
同じ人間を愛しているのに、その愛は違う方向から向けられたばかりにリチャードとジュンが憎しみ合うのはひどく奇妙ではある。でも一筋縄ではいかなかったり簡単にことが進まないのが愛でもあるよね。


この映画のベン・ウィショーは、彼の持ち味が120%全開でした!詩的で繊細で見せる涙までもがとにかく何もかも美しくて、線が細い体をくしゃっとしたシャツで包んで立つ姿は私の乏しい語彙では魅力的としか言えないんだけどこう、セクシーさが漂ってですね、それでいて透明感に溢れていて。あぁあなんて言えばいいの!(ちょっと落ち着こう)
久しぶりにウィショーくんの演技を見ることができてすごく幸せでした。もっと彼の映画見ないと……!

インターステラー

interstellar-poster.jpg


Interstellar (2014)


いちばんびっくりしたのはマット・デイモンが出てたことでした。ファンのくせに完全にノーマークだった……なんでスルーしてたんだろう。「オデッセイ」の時に、ジェシカ・チャステインとマットがまた宇宙モノで共演してるっていうのは聞いていたけれど、この作品のことだったんだ。

お話はとても難しかったので私たぶん半分も理解できてない。しかしゴリゴリに理系な内容で押し進めてきたのに終盤は愛が解決の糸口ってオチには、えぇ!?ってなりました。そ、それでいいのかな?とも思いつつ、監督が「これでいい!」ときっぱりと言い切った感がありました。力技。
まぁフィクション(映画)って多かれ少なかれそういう面がありますが、クリストファー・ノーランは夢や想像、つまり現実では絶対ありえないことを、見てる側の疑問を吹っ飛ばすくらいの壮大なスケールの作品でもって断言してくれるというか。もちろん興行的に成功しているからこそ次々と作品を生み出すことができるのではあるけれど、自分の描きたい作品を巨額の予算とお気に入りのキャストで作れるって最高に高次元な夢の実現ですよねぇ。ある意味うらやましいわ。

マシュー・マコノヒー演じるクーパーが、娘のマーフとの約束を果たしたから再び宇宙へと飛び立つラストは考えさせられました。クーパーの二度目の宇宙飛行は間違いなく片道切符だろうし、彼をもう一度旅立たせようと思った動機はやはり愛で、遠い惑星にひとり残され、信号を送りながら次に来る人間の到着を待っているアメリア(アン・ハサウェイ)を救うためなんですよね。
このお話は、どんなに複雑な方程式を解けても精密なプログラムが組まれても、人間の感情が最終的な決定権を持っているということを言いたかったのかな、と思いました。

音楽が美しかったです。こちらもノーラン作品の常連、ハンス・ジマー。なんだか久しぶりに「インセプション」が見たくなりました。


ザ・ウォーク

thewalk-poster.jpg


The Walk (2015)


原作の「マン・オン・ワイヤー」(To reach the Clouds)はめちゃめちゃ面白いのでおすすめ。確か私がこれを読んでる時に映画化が決まり、その後フィリップ・プティ役にジョセフ・ゴードン=レヴィットが決まったのを知って、あーなかなかいいんじゃないかな?って思いました。実際彼すごくいいですね。すらっとして線の細い体型が綱渡りが本業のプティ役にぴったりだし、ただただ純粋に、あのタワーの間にワイヤーをかけて、その上を渡りたい。たったそれだけのシンプルな願望に自分の全てを懸けた男を演じきってました。そしてフランス語なまりの英語がたまらない~。私、こういうのにめっぽう弱いので…(笑)。

映画はプティの目線かつ彼の心情やモノローグが台詞で入りながらの進行なので、これを鬱陶しく思うとつまらないかも。私は特に気にならなかったけれど、クライマックスの綱渡りのシーンでは少なめにしてほしかったなとは思いました。ちょっと説明しすぎに感じたので。

本で読んだときは感じなかった情景を実感できたのは映像化の強みだしその描写は素晴らしかった。まだ施工中のワールド・トレード・センターの屋上で夜通しワイヤーを張る作業をする上に、アクシデントがいくつも起こって時間もぎりぎりな設営になるんだけれど、その屋上から見えるNYの夜景はもちろん、東の空が少しずつ明るくなってくるのと、朝日を浴びてプティがワイヤーの上に両方の足を置いた瞬間は非常に美しかった。
地上数百m上を、命綱なしでたった1本のワイヤーの上を自分の足で歩く。空が近くて、地面は限りなく遠い世界で彼は何を見て何を考えたのかな。彼以外は誰も見たことがない景色。ワイヤーの上にいた間、通常の脳みそや感覚の人間ではとうてい理解も想像もできない、彼だけの世界が間違いなく存在していたと思うのです。

このビルが最後どうなったかは世界中の人が知っているからこそ、この映画は、悲しみに包まれたあの二棟の建物にも、かつて明るく愉快で酔狂ともいえる出来事があったんだよ、ということを伝えたかったのかも。だから監督は難解でもアーティスティックでもなく、エンターテイメント性を強く押し出すことに長けてるロバート・ゼメキスなのかな、とも思いました。

そしてニューヨークという街はどんなものも受け入れてくれる場所にも思いました。多様性だけじゃなくて、寛容さがあるのかなぁ。こればっかりは実際に訪れてみないと分からない、皮膚で感じるものなので、あくまで私の勝手な想像なんですけどね。