ワイアット・アープ、ジェシカおばさんの事件簿 S11Ep16

カテゴリはdramaに突っ込んじゃいましたが「ワイアット・アープ」は公開翌年にすでに視聴済なのでいいかな、と。

Wyatt Earp (1994)

「ダンス・ウィズ・ウルヴス」、「ロビン・フッド」、「JFK」、「ボディガード」と、当時出る映画出る映画どれもヒットを飛ばしまくり、「アメリカの良心」とまで呼ばれていたケヴィン・コスナー主演の西部劇。私は前述の映画はすべて映画館で観てますが、これだけは観てないんだよ~。ウエスタンなうえに、上映時間がなんと3時間11分。さすがに長すぎる……。
アメリカ人男優にとっては、いちどは古き良きフロンティア時代の話に出演するのは夢や憧れなのかな~と思いました。バッジを付けた保安官が街を治め、馬に乗り銃を撃ち、先住民や荒くれものと戦うっていうお約束なシーンが満載なのはもちろん、ワイアット・アープという多分アメリカ人ならだれもが知ってる正義の人物を演じたいって思う人は多数いるんじゃないかな。
当時売れっ子のケヴィンの元にはきっと脚本は山のように届いてただろうし選び放題だったと思いますが、その中からこれに出演を決めたのも、そんな理由だったんじゃないかな、とまぁこれはあくまで私の勝手な想像ですが、でもあながち間違ってないような。
しかし映画としてこれはどうなの?面白いの?わたしにはさっぱり分からないんですけど!?さらにこの時代特有の衣装がみんな似たり寄ったりで、そのうえカウボーイハットをかぶるととたんに人物の見分けがつかなくなってしまって誰が誰だかよく分からん!と逆ギレ状態。
ということで、確かこれ公開翌年に友人が貸してくれたソフト(2本組のVHSテープだった)を見たんだけど、途中で寝た……(笑)。大好きな俳優が出ていても睡魔と退屈さにはどうやっても勝てませんでした。
そして今回久しぶりに(なんと23年ぶりだ!)に見たけど、やっぱり退屈だった……(笑)。しかもワイアットの兄弟姉妹がやたらとたくさんいて(全部で9人だったかな?)、ワイアットの身に危機が迫ったり兄が死んだりとなにかしらあるたびに弟たちが順番に現れるもんだから、だんだん誰が誰だかごっちゃになってくるという始末。
で、カヴィーゼルはアープ兄弟の末っ子ウォーレン役で、公開当時26歳(おそらく撮影時は24、5あたりかと)。わっかーい!ていうか可愛いぞ~!そして若い時からダークな色合いの服が似合う人だったんですねぇ。終盤ほんのちょこっとだけ登場の、多分合計10分もないくらいの出番でした。




で、彼はこのあとドラマ「ジェシカおばさんの事件簿」に1話のみゲスト出演しているのですが。

Murder, She Wrote S11Ep16 "Film Flam" (1995)

カヴィーゼルはハリウッドスターを目指す新人俳優のダリル・ハーディングという役なんだけど、売れなくてお金もなければ住むところもないから数あるスタジオ倉庫のうちのひとつに不法に侵入してセットの片隅で寝泊りしてる超貧乏な駆け出し俳優。それをスタジオを警備してる人間に見とがめられて、スタジオ会社のお偉いさんらしき人物に「そいつはどんなヤツだ?」って訊かれた警備員が「若くてケヴィン・コスナーみたいな感じでIDはつけてなかった」って言うんですよ。これって絶対「ワイアット・アープ」の楽屋落ちネタだと思うんだよね。私はこの台詞に爆笑しちゃいました。
ダリルは映画会社の社長を親に持つ女性と知り合いになって、その彼女から「父に紹介するわ」とコネを作る絶好のチャンスが到来したというのに「誰の助けもなく実力で成功したいんだ」とか言っちゃう超ピュアな青年で、もう見てるこっちの背中がむずむずしてきそうなくらい純粋な役でした。かわゆい。

「ジェシカおばさんの事件簿」はずっと昔NHKで放映されていたのをたま~に見てたけど、てっきりイギリスのドラマだと思ってました。多分ポアロとかミス・マープルといったミステリードラマと一括りにしてたんだと思う。ファンが聞いたら怒りそうな勘違い。


Amazonプライムに!

待って待って、どうやら昨日かその前日に追加されたようなのですが!



しかも全話!わたし、この2ヶ月間S2~5をレンタル店に足を運んではコツコツ借りて見てきたんですよ。なのに昨日の今日でこれ!?別に怒ってるわけじゃないんです。すごく面白くて見て良かったなと思ってるので。ただあまりにタイムリーすぎてびっくりで。「LOST」は今までhuluでしか配信されていなかったから、他の会社ではもう絶対に配信されないんだろうなと腹を括ってレンタルを決意したというのにまさかの、本当にまさかのAmazonプライムでの配信スタートです。ちょうどいい機会だからこの際敬意を払ってS1を見ようかな。
月額制のオンデマに比べると比較的値段の安いAmazonプライム(年会費¥3,900)で配信されたのなら、私のような、興味あるし見たいけれどでもどうしようかな、と迷っている人もとっつきやすく気軽に見られていいんじゃないかな~。
さぁみんなAmazonプライムに入会してPOIとLOSTを見ようぜ! (ただしPOIのS4、5はプライム対象外です)


そしてさらに、私がずっと見たい見たいと思っていた、



「ママと恋に落ちるまで」(How I Met Your Mother)も配信スタートしてる!!
これ、本当に見たいと心から願っていたんです。なぜなら大好きなニール・パトリック・ハリスが出演しているけれど今まで未DVD化だったので。「LOST」を完走したら次は何を見ようかとあれこれ物色中だったのですが、一発で決まりだ!これにします。すっごく嬉しいよ~!



POI S3 Ep14、15、17~19

Ep14
これはね、ほんとにね、しょっぱなからどうしてくれようなエピでしたね。フィンチと、リースが、ふたりで、おめかしして、夜に、相合傘で、デート!!(最後のは違う)


死んだ。


ちょっともうこれ以上は感想書けません。うん。
でもさー!ショウのセリフがまったく違う意味になってて、そうじゃない。そうじゃないの!そうじゃなーい!!と大声で言いたい。字幕も吹替も
「せっかくときめいてくれてるとこ悪いんだけど、そろそろ出かけないと遅れる」
って言っててこれじゃ白のドレスで現れたショウにフィンチとリースのふたりが驚いて見とれている、な訳になっちゃってるけど原語は全然違っててそれどころか
"Hate to interrupt this mildly erotic moment, gents, but the invitation advises us not to be late."
「ほんのりエロい雰囲気のところ邪魔して悪いんだけど、招待状には遅刻厳禁ってあるわ」
ですから!ほんとに!!もう!!!なのに当の本人たちはそう言われて「……?」ていう顔。この無自覚っていうのが最高に死ぬ。私の語彙力も死にました
さらに美術館の入口で受付の女性から「彼、ゴージャスね」って言われたフィンチの得意そうな顔!でも実は私はここまででれっとしてるフィンチは好きじゃないの。リースに対してはいつもツンツンでちょっと冷たく突き放す感じであってほしいのよね
メトロポリタン美術館でのセレモニーという設定ですが、エントランスの階段を上がるシーンは違う場所で撮ってます
冒頭でリースの銃火器類は全部ショウに処分されてしまったシーン。「俺の……(いつもの引き出しを開けて中が空になっているのを見て)ここにあった武器は?」なリースは爆笑だし、あ、そういやこのエピ内でリースが銃を撃つシーンってあった?まぁリースが武器無しで現場に出ることは絶対ないだろうけど
このエピは初めて使う3Dプリンタにわくわくのフィンチ、伊達メガネと付け髭がすげぇ似合わないリースという笑いどころもありますが、しかしそれ以外は内容がいまいちでして。そもそもオリンピックの体操の銀メダリストが犯罪者という時点ですぐ身元が割れてバレバレじゃんっていう。物的証拠がないだけで逮捕を免れてるだけだよね?しかも今回はなんで都合よく盗みたい品物がある部屋の天井におあつらえ向きの棒が渡してあるの!そしてかなりの数の罪状があるリンをずっと追って来た刑事があんなに簡単に彼女の身柄を自由にしちゃっていいの!?もーほんとこのエピは隙だらけで突っ込みどころ満載でワケわからないです
そのリンの後を付けたリースがベアーと一緒に歩くシーンが冬の枯れ葉舞う住宅地にマッチしすぎてめちゃくちゃ美しい。ハイブランドの男性用コートの宣伝か何かに使えそうなくらい絵になるね
娘が人質になっているからとはいえ、対象者に協力してフィンチたちが盗みをはたらくという例外中の例外、かなり異色の回でもありました
最後は全員セーフハウスに集まり、暖炉の火がともる前でグラスにウィスキーを注ぎ、亡くなったカーターに静かに杯を捧げるというしんみりしたラストでしたが、ファスコの「俺たちいいチームじゃないか。また何か盗もう。金塊はどうだ?じゃあ王冠なら?」の言葉が皆を和ませてくれました

Propellerheads --- Take California


Ep15
シモンズを逮捕したことで八分署内でのファスコの株は急上昇
今回は珍しくフィンチが現場に出て対象者を追います。911コールセンターに配属の新人さんってことで、胸に「訓練中」と書かれたグレーのシャツを着用。でもただの「ハロルド」で名字は出てこなかったんだよねー。どの鳥の偽名を使ったのかしら
フィンチが対象者サンドラに言う
"I understand you won't give up on Aaron. I won't give up on you."
がすごく好きで!君がアーロンを諦めないように、私も君のことは絶対にあきらめないっていうフィンチ。こういうのとてもとてもよい
アーロン少年を助けに来たリースとショウ。ショウはここで、もうチームから死人は出さない。チャールズ・ブロンソン気取りはやめてってリースに言うんだけど。ショウみたいな若い女性がチャールズ・ブロンソンを知ってるのも驚きだったし(アメリカでは誰もが知ってる国民的ヒーローみたいな存在なんだろうか)、ショウから見るとリースの行動は自己犠牲なんだなぁ、と。そもそも一匹狼のリースがチームで動くのって合わないと私はずーっと思ってるので、爆弾の解除でもなんでも彼の好きにさせてあげればええやん、て思うんだ。行動を制限されるとリースは俺の魅力もいつもの無双も発揮できないよぅ
そしてこの場所の壁や天井が真っ白なせいでリースがすごく美しく見えるのですが……欲目かな?
最初から最後まで声だけで指示を出してきた男の正体は結局最後まで分からず、しかもフィンチの携帯に直接コンタクトを取ってきて、次が楽しみだと言い残した相手。いったいどんな人物だったのでしょう?としれっと書いておきますね

続くEp16はすでに二度レビュー済みです


Ep17
エピのタイトルが"/"(Root path)であることからも、ルートがメインのストーリー。対象者サイラス・ウェルズの過去にルートが関わっていたということで、前とは違ってきている彼女の変化が描かれた話かなぁ
入室するにはサイラスの網膜スキャンが必要な部屋にあるチップを奪うのが今回のグリアの目的。そしてグリアはまんまとチップを入手して立ち去るのですが。サマリタン関連の行動は今のところみんなグリアの思い通りになってて、フィンチたちはどうにかしてひとつでも止められなかったのかな、と思う。リースはルートのことは無視して対象者に絞って行動するべきだったよな、とも。マシン側の人数が増えたことでかえって行動がまとまってないというか、的が絞り切れてないというか。残念
今回の対象者は非常に興味深くて。親友を殺されて金儲けに興味をなくし、全財産を寄付して自分が経営してた会社のビルの清掃員として働いているという人物。フィンチも以前は金儲けに費やしていたけれどマシンを開発して親友を亡くしているので似ているとは思います
サイラスは長い時間をかけて、こうなったのは世の中の物事はあらかじめそう起きるようになっているから、という解釈に行きついてどうにか自分を納得させている。そうでも思わないととても正気を保っていられないんだと思う
サイラスのこの描写を見て、私はフィンチはマシンの開発とネイサンの死についてはどう解釈しているのだろうか、というのが気になった。後悔とか罪悪感とか贖罪とかいろいろあるだろうし実際そういう面は断片的に描かれてきたけれど、ネイサンのことだけでなく、ドラマ全般を通して私はもっとフィンチの心情を知りたかったな
最後にフィンチはルートに歩み寄ろうとするのですが、ルートはその申し出を受けずに旅立ってしまったのでフィンチの好意がないがしろにされてしまって悲しかった。なんでー!って。今までルートの考えや行動を否定して認めようとしなかったフィンチがここで初めて歩み寄ったのってすごくない?マシンに対する考えは絶対に曲げないけどルートへのほんの少しの好意的な姿勢を初めて見せたわけで。それがいいか悪いかは私には分かんないけど。ここがフィンチとルートの関係が変わった瞬間でもあったかなぁ。同時にマシン側はさらにルート主導で話が進んでいくことになります

Ep18
これもショウがほんのり主役の話。ファスコとショウが組むといつもちょっぴりユーモラス
フィンチの偽名、キングフィッシャー(kingfisher)はカワセミ
窓から飛び降りたリースにファスコの「保険入ってるかな」の台詞と、それを聞いたショウが「……」て顔してファスコを見るシーンが笑えます
そしてこの回ではリース君久しぶりのコスプレ!ひゃっほーい。消防士は男の子の夢、ってファスコがウキウキしてるのもあって、あんまり緊張感のないお茶目なシーンな上、ナイフを構えてやる気満々の敵の膝を一発撃ちぬいてさっさとコトを済ませたリースがとってもインディ・ジョーンズでした
ルートはマシンを「解放」したい、グリアはサマリタンを「管理」したい
パスポートを持っているけど国外に出たことはないファスコ。オープニングでショウにさんざん「もっと外の世界を見たら?」といじられてたけれど、ラストでファスコは今日がイランの旧正月だと伝えて両親がイラン出身のショウにシャンパンを奢る。そして「NYのいいところは海外に行かなくても色んな文化の人に出会えることだ」と言うファスコ。誰もが気軽に、もしくはしょっちゅう海外に行ける人生を送れるわけではないし、ファスコだって例外ではない。それを知りながらNYに根を下ろし、地に足のついた人生を送っている庶民のファスコ。彼の人生はごくごく普通だけれど、S5ラストまで見て振り返るとそんな平凡な人生の彼がたまらなく好きで、同時に安心もします


Ep19
対象者マシュー・リード役のネスター・カーボネルは「LOST」でリチャード・アルバート役だった人ですね!タイムリーすぎて笑っちゃいました。ソーヤーからは「アイライン」ってあだ名をつけられてた人(笑)。天然アイラインならリース君も負けてはいないと思うの
冒頭で一人目の対象者を守れなくて戻ってきた廃図書館で少し離れたところから"Sorry, Finch..."の忠犬っぷりなリースがほんとうにもうすごく好きだ
今回出てくるギャリソン議員は意外にも最終話までちょくちょく登場なので実はけっこう重要な人物。まったく気にせずスルーしてましたが、彼の動向にも注意を払ってみておいた方がいいなぁと思う次第。でもなぜ彼がコントロールにごちゃごちゃいちゃもんつけてきて結果コントロールがピーター・コリアーの資料を破棄し、ノーザンライツをシャットダウンするよう命じることになったのか?政府が国民を監視していることをコリアーが公にしたから、で合ってる?
終盤、化学室で撃ち合いになってショウが室内にあるもので即席で爆発物を作って投げつけてリースが「化学は苦手なんだ」って言うけれど、いやいや特殊部隊(グリーンベレー)出身でそれはありえないでしょ。今回はリース&ショウ、フィンチ&ファスコのペアで行動だから別々だったし、もっとリースをフィンチのそばで活躍させてくれーって思います
ワシントンD.C.へ向かう長距離ドライブのお供にファスコはAC/DC(ヘヴィメタル)とディクシー・チックス(カントリー)のCDを持ってきて「どっちがいい?」とフィンチに尋ねてきて、それを見たフィンチがげんなりした顔をするのだけれど。じゃあフィンチはどういう音楽が好みなのか?という謎は続くEp20でちゃんと明かされました。こういう流れは、視聴者の些細な疑問を救いあげてくれて好きだ。S1、2はそのあたりがていねいに作ってあったと思うし、S3以降は大味になったなぁとも


レビューはいったんここで切ります。この後のEp20~シーズンフィナーレは本当に辛い展開なのですが……でももう一度見ておかないと気が済まないので。
ドラマの視聴なんて言い方は悪いけれどしょせん娯楽(エンターテイメント)なのに、なんで私はわざわざ辛い思いをしてこんな決死の思いで見てるんでしょうね?もっと明るい内容のものを気軽に楽し~く見ればいいのにーってたまに思うけどでもS3は今このタイミングで見ておかないと時期を逃しちゃうという気がして。それ以上にこのドラマは真剣に向き合いたくなる魅力に溢れてると思ってます。



T2 トレインスポッティング

t2-poster.jpg


T2 Trainspotting (2017)

"T2"という文字を見ると即「ターミネーター2」を思い出す世代でもあるのですが!これは邦題のみに付いてるのかと思ったらちゃんと原題についてました。
私のこの映画への評価は実はそんなに高くなくて、100点中なら75点かなぁ。そのうち25点は前作へのノスタルジーを含むって感じだし。前半はレントンとサイモン(シック・ボーイ)と彼がヴェロニカと一緒にやってる仕事の話がけっこう長く続いて、後半レントン、シック・ボーイ、スパッド、ベグビーの4人全員が再会したあたりから面白くなってそのまま一気にラストへと突っ走っていったのでそのあたりは面白かったしドキドキもしました。でもね、欲を言うならラストはまたUnderworldの"Born Slippy Nuxx"を流してほしかったんだよねー!あの疾走感と未来の見えなさとそれでも少しの希望と若さならではの向こう見ずな態度とスピード感。前作のあの震えるほどに最高なラストシーン、とここまで書いて今やっとわかった。彼らはもうあの時とは同じではなく、40代という年齢になったんだな、と。ベグビーはもうおじいちゃんな年齢だしね。でも、今作でエディンバラの街を歩くスパッドの前を20年前の丸坊主でやせっぽちのレントンが走り抜ける幻のようなシーンにこの曲のイントロがほんの少し流れた時、私は不覚にも泣いてしまった。もう一度大きなスクリーンで彼ら4人と共にまたあの曲を聞きたかったな、とちょっと未練がましく思う。もしほんとに流れたら間違いなく号泣しちゃっただろうけれど。

前作の不況で町全体が沈んで薄暗くてどうしようもない閉塞感が描かれた時とは違って、レントンが降り立ったエジンバラの空港が明るくてきれいなのに驚いてしまった。そりゃそうですよね、20年も経ってるんですもん。でもブレグジットでEU脱退後のスコットランドは今後どうなるのかなとも。独立するのかもしれないしまた不況になるのかなとか、色々考えます。そしてうまくいくかに見えたレントンでさえも、結局は過去から逃げ出せなかったんだ。前作は向き合う相手は「今」だったけど今作は「過去」だよね。でもラストシーンを見ると彼らは一歩進めたと思うよ!
それにしてもレントンはともかく他の3人はあんなに薬を乱用しまくってよく今まで死なずにいたなぁとそっちに感心してしまった。おまけにレントンだけじゃなくベグビーもスパッドも結婚してさらにふたりは子供までいるなんて、おいおいまじかよって思ったけど。

スパッドが書いた物語。ラスト、それを読んだ妻が「タイトルが浮かんだわ」と言うのだけど、そのタイトルが"Trainspotting"なんじゃないかなと思う。彼ら4人に起こった出来事を20年後にスパッドが書き起こした視点で客観的に浮かび上がらせてこの映画はとうとう完結したのかな、と。きっちり〆てくれたなとも思いました。
いやいやしかし場面をさらっていったのは意外にもスパッドだったね!彼のきったない文字で書かれた小説や他人のサインを一目見れば同じように書ける才能を活かしてお金を送金とか。「手書き」っていうのもアナログな私の心をくすぐってくれました。レントンを殺そうとしたベグビーを便器でぶん殴って助けたのもスパッドだったし、まさかの大活躍ですよ。
そしてシック・ボーイってサイモンっていう本名だったんだね!?前作で出てきたっけ?もしかしたら21年ぶりに知ったのかも。演じるジョニー・リー・ミラーはこの映画の役柄が印象強いので、ドラマ「エレメンタリー」もS1見ましたが、やっぱり彼はシャーロックじゃなくて私の中では永遠にシック・ボーイ。


ところで今の10代後半~20代の若い世代の人たちが1作目と2作目を見たらどんな感想になるのかなぁ。意味わかんない、とか言われちゃうかしら。なにせ今じゃクスリの摂取はスプーンに盛った粉状のものをライターで炙って液状にしてから注射器(もちろん針は仲間で使いまわしがお約束)で吸い上げて、腕をベルトで縛り上げて肘の内側をバシバシ叩いて浮き出た静脈にぶっすり刺すんじゃなくて、カラフルな錠剤を経口摂取だもんなぁ。ヤバいクスリもずいぶんとお洒落になったもんだ、と思うほどに私が歳をとったんですね。

映画館でいただいたポストカード。前作のも買って揃えたくなりました。




ど、どうなんだろう……?

私はとてもとてもマット・デイモンが好きでこのブログでも彼への愛をよく語っているんですが。
昨日(4/14)公開のこの映画は果たしてどうなんだろう……?なんか設定からしてトンデモ映画な予感大なんですが。

グレートウォール

監督はチャン・イーモウだし脚本家のひとりはエドワード・ズウィックだし。私は彼の「戦火の勇気」、「ラストサムライ」、「ディファイアンス」あたりは好きなので。しかもこれアンディ・ラウ出てるしね。興味は少しだけあるような。しかし映画館へ観に行くつもりは……さすがにないなぁ(笑)、多分。

それでも「多分」と書いて逃げ道を残しておくずるい私。