Bond 25

ダニエル・クレイグがTV番組でジェームズ・ボンドを続投することを認めました。ただしあと1作のみ。

Confirmed! Daniel Craig Will Return As James Bond

降りる降りない、続ける続けないと今まで散々うわさが飛び交ってましたが、本人の口からそう宣言されたからもう間違いないでしょう! お帰りダニクレ!

にしても、2:08~、
"Daniel Craig, will you return as James Bond?"
"Yes."
って、プロポーズか!(笑)


ストーリーとしては「スペクター」のラストがきれいに終わったので次作はもうスピンオフみたいな内容でもいいんだけどな。武器は壊さずちゃんと返してくださいってQにお説教くらうボンドとかさ、今までの被害額をボンドに請求するタナーとかさ、そういうのを延々2時間見せられても私はまったく平気ですよ……?

POI S1 Ep14

Wolf and Cab

冒頭が前エピの続きになってます。リースが暗闇の廃図書館内をくまなくチェックして異状ないことを確認できてからようやくフィンチがラジエータを作動させて館内の暖房を入れ、明かりを灯すのですが。あの、ちょっと待って? よくよく考えるとこの建物は回廊型になっているということはつまり入口にゲートを設けてそれに施錠することに意味はあるのかしら……? (廃図書館の見取り図についてはこちら) そういう部分はあまり冷静に考えないほうが夢があるかな……
"Only the paranoids survive."
リースってこのエピでカーターに"Miss me?"って言ってたんですね。さらにダレンから、警官じゃないならあんた誰なんだよって訊かれて「その答えは自分でも探してる」って答えてて、これ210でアニーに訊かれた時とまったく同じ答えでした。気が付かなかった! まだまだ取りこぼしてるネタがいっぱいあるなぁ
コミックブックショップの前で無料で配られたコミックをパラ見した男の子が店長のウィルコックスに「これでヒーローなのか? マントも着てない」って文句を言うんだけど、ウィルコックスは「ヒーローに必要なのはマントじゃない 仲間を守り 弱い人を助ける心だ」……これはリースのことをも指している
しかしこの店長、アンドレ・ウィルコックスこそが今回の事件の黒幕なのであった。さらにウィルコックスのボスはリンチ警部なので、つまりHRとつながりがあるってことで合ってる?
S1Ep01で安ホテルに泊まったリースがお酒を飲みながらTVで見てた白黒映画は黒澤明の「七人の侍」だったし、このエピの対象者ダレンはコミックブックが好きで孫子の兵法に詳しく、部屋にもやっぱり「七人の侍」のポスターが貼ってあって(日本の侍映画は他にもいっぱいあるでしょうというツッコミは横に置いておいて)、武士道とかチャンバラ、サムライ映画のファンかと。そしてリースを「浪人」と呼び、ボスのいないサムライだ、と。本当は切腹して死なないといけないけれど、そうしない代わりに放浪しながら人助けをしてる、とダレン。それはあながち間違ってはいなくて、そもそもこのエピの原題"Wolf and Cub"は日本の漫画「子連れ狼」の英題"Lone Wolf and Cub"から来ています。一匹狼で生きているリースはまさにその「浪人」で、ダレンにとってはリースは前から理想と描くヒーローがそのまんま目の前に現れたようなもので
そんなリースに対して、ダレンは一緒に入ったダイナーで全財産を取り出してテーブルに置き、おじさんを雇いたいと懇願しますが。リースは金をしまえと言い、その中から25セント硬貨一枚だけを手に取って「これが俺の相場だ」と。もうね、これ最高ですよね。リースは通常の人よりとんでもなくずば抜けた能力の持ち主なのに、自身はその価値にまったく重きを置いていないっていう人物、めっちゃ好みなんですよ私。そしてリースは子どもにとても優しい。時にちょっと不足気味なほどに彼は語る言葉を多くは持たないけれど、弱い立場の人間にはどこまでも温かい視線を注ぐリースが本当に好きだ。まだローティーンの男の子と組んだリースが時々いたずらっ子のような目つきや表情、得意そうな顔をするのもこういう時しか見られなくてとても良いね



契約成立、おじさんの名前を教えてよと言われ、"Well...you can call me...'Reese'."と。101でも橋の下でフィンチがリースに"You can call me 'Finch'."と言ってたのでこれきっと「~と呼んでください」の定型文なんだろうけれど、日本語にはない言い回しだよなぁっていっつも思う
ダレンに向かって復讐にはきりがない、終わりがないことを解くリース。たとえ全世界を敵に回して復讐を遂げたとしても、その先に得るものは何もないんですよね。そのことをリースは誰よりもよく知っている
しかしフィンチはリースがダレンに協力していることを快く思っていない



リースには大型の銃火器が良く似合う

ラスト、体を張って尻を撃たれてもダレンを助けたファスコはかっこよかったね!ダレンにファスコを紹介した時のリースは「この人は……ええっと……俺の友人だ」って言い淀んでるし、ダレンからも「どう見たって汚職警官だろ」って笑われてたけれど汚名返上できたかな
そしてダレンはまだ描きかけだけど、と前置きしてリースにふたりを描いた画を渡します。未完成で渡したってことは、リースには二度と会えないってダレンは心のどこかで分かってたんだろうね
その絵を見てリースは「ありがとう。ずっと相棒が欲しかったんだ」と言いますが。この台詞、聞くたびにわたしはいつも絵本の「くまのコールテンくん」を思い出して。絵本の最後に出てくる「ぼく、ずっとともだちがほしいなあって おもってたんだ」っていう文章が毎回毎回、読み聞かせのたびに泣けて泣けて仕方ないのですが、それと同じものを感じます
ファスコが調べたフィンチの過去の記録。いちばん古いのは1976年MIT入学時から使っている名前、ハロルド・レン。それ以前は何も出てこなかった
フィンチについて疑いを持ったリースとファスコ。その瞬間、マシンの画面上の枠がリースは黄色から赤に、ファスコも白から赤に変わり、マシンから敵性ありとみなされる。で、この後に出たマシンの画面の文字なんだけど。

SYSTEM ADMINISTRATOR
SECURITY BREACHED

COURSE OF ACTION -

EVALUATING OPTIONS...

MITIGATE
SUBVERT
MONITOR

この一連の文章の意味が、調べてもさっぱり意味が分からない……誰か……助けて……

Ep12に続いてサイドストーリーはフィンチとウィルのお話
フィンチがCEOを務めるユニバーサル・ヘリテージ・インシュランスのオフィスが出てきたのはこのエピのみだったかと
フィンチは「ハロルド・レン」として保険会社に勤めてたのはいつ頃までだったんだろう。この仕事を辞めた描写や言動は本編で特に見なかったような。なんか知らんうちに仕事辞めてたんかなって感じ……
その保険会社、Universal Heritage Insurance はトップページだけですがフェイクのウェブサイトが存在します
父の遺品の中から出てきた、と言ってウィルが差し出したのは、シャンパンのコルクとペーパーナプキン。ペーパーには 2005年2月24日 の文字。わずかに動揺するフィンチ。まさかネイサンがこのふたつを大切に保管してたとはフィンチは思ってもいなかったからかな、と



さらにウィルの口からはアリシア・コーウィンの名前まで出てきて。ウィルによると、アリシアはネイサンが亡くなった1年後にNSAを退職している
ウィルはアリシア・コーウィンに会いにいき、例のコルクと日付を見せて死の真相を訊ねるのですが、アリシアもまたフィンチと同じように嘘をついた
「ハロルドおじさんも同じことを言ってた。父の親友のハロルド・レンです。ご存じない?」……ウィルはアリシアにハロルドの名を出してしまう。多分ここでアリシアは8人目の人物の名を初めて知ったかと
アリシアはハロルドが自分のことを知っていると悟って即逃げ出す。ハロルド・レンの名を出したとたんアリシアの態度が豹変したことにウィルは疑いを持たなかったのかなとは思うのですが
わたしがすごく驚いたのはアリシアの変貌っぷりで。フラッシュバックでネイサンと打ち合わせをしたり食事をしている時のアリシアは髪を後ろに結びスーツを着てすごくはつらつとした女性だったのに、逃げ回っている現在のアリシアはすごく疲れて老け込んだように見えて、最初同一人物だと分かりませんでした
結局親友が遺した一人息子、ウィル・イングラムについてはこのエピが最後でそれ以降出てくることはなかったのですが。私、ウィルは再登場すると思っていたんです。だってネイサンの息子というけっこう重要な位置にいる人物だから。ウィルは父親の死の真相を知りたくて色々調べるのですが、最終的にはアリシアとハロルドおじさんの説明に納得して、会社が傾き破産寸前だったことに失望もしていて(「破産寸前」はもちろんウソ)、真相を探るのはそこでおしまい、というわりとあっさりした結末になったので、私はえー!と驚いたしちょっと不完全燃焼というか。
ジェイソン・ボーンの受け売りではありますが「愛する人を亡くしたら人は真実を知りたくなる」ってほんとだと思うんです。だからウィルはあれでほんとに納得したのかなぁと少々疑問でもあり。それもあって実は私はS1を見ているあいだ、ウィルはまたいつか出てくるんじゃないか、出てくるに違いないと期待してたくらいでした。
多分ドラマとしてNSAやアリシア・コーウィンのあたりはウィルではなくルート側から真実を暴くストーリーにしたかったのかな、と。だから一般人のウィルはこのエピで退場になったのかなぁと思いました。真実に近づけば近づくほど命の危険が高まるしね。ですのでたとえウィル自ら旅立たなくても、フィンチがなんらかの手を使ってウィルを真実から遠ざけるストーリー展開になっただろうな、とも
時間軸は前後しますがフィンチがダニエル・ケイシーやケイレヴ・フィップスに温かいまなざしを向けるのも、彼らと年の近いウィルを思い出させるからかな? とも今回見返してみて思いました
結局フィンチは親しい相手であるウィルに対しても、最後まで真実を話さないままだった。そのことについてフィンチは大なり小なり罪の意識を抱えているとは思う。フィンチが本当のことをあらいざらいすべて語れる相手って結局誰もいなかったんだなって。すべて抱えてひとりで生きていこうとするフィンチはリースとはまた別の種類の孤独とともにいる、寂しい人間でもある

はぁ、さらっと感想を書くだけの予定だったのがなぜこんなに長くなるのか

ここから下はこのエピ以降~最終話までのネタバレあり

フィンチとアリシア・コーウィンの関係のまとめ
2005年2月25日
NSAに所属のアリシア、ネイサンとマシン売却の契約を結び、マシンは1ドルで政府に売られる (S1Ep14)
2009年
マシンを知るのは7人のはずが「8人」とネイサンが口を滑らせ、アリシアはマシンに関わる人物に自分の知らないもうひとり (=ハロルド)がいることをなんとなく?知る (S1Ep22)
2010年9月
フェリー乗り場で爆破テロ、ネイサン・イングラム死去 (S2Ep22)
2010年
10月~11月頃? フィンチ、ネイサンの報復としてアリシアを爆殺しようと計画 (S4Ep17)
11月~12月頃? アリシア、モロッコに出向きCIAのマーク・スノウにオルドスでラップトップ奪還の指令を出す。スノウの部下カーラとリースがその任務を請け負う (S1Ep20)
2011年
アリシア、NSAを退職、ウェストバージニア州グリーンバンクに逃れる (S1Ep14)
2012年
対象者ヘンリー・ペックに「(マシンは)私が造った」とフィンチが告白するのを近くでアリシアが聴く (S1Ep22)
アリシア、フィンチの後をつけて廃図書館に侵入。フィンチのいる車に乗り込み話をしている最中にルートに射殺される (S1Ep23)

これで合ってるかな?


フィンチの過去を探ったファスコが言った、「やっこさんはもう自分の本当の名前を忘れちまってるかもな」はある意味真実で、ハロルドの本当の名は最後まで明かされることはありませんでした。それを言うならリースも同じで、主役ふたりの本名さえ分からずじまい、謎は謎のまま残されて終わったドラマでした
そしてこのエピでいちばん印象だったのは、ダレンの「いつかリースにも家(home)が見つかるよ」という台詞。そう言われてリースはほんのわずか、切ないような寂しげな微妙な表情を見せるのですが。このドラマでリースと"home"についてはたびたび言及されていて、213では対象者のソフィアに対して「俺の"home"はここ(=N.Y.)だ」と言い、311ではファスコから「家に帰ろう。家("home")ってのは仲間がいて仕事があるところだ」と言われてました。でも最終的にはリースの"home"は場所ではなく人、フィンチのもとだったんですね……。それほどまでにリースにとってフィンチがどんな存在だったかは、513を見れば説明などなにも必要はない


POI S1 Ep12

Legacy



冒頭でカーターとリースが落ち合ったのはLyric Diner(リリック・ダイナー)。S1Ep05のエッグ・ベネディクトのあそこです。このダイナーはいったん閉店してオーナーが変わって再開店したんだけど前とはガラッと違うメニューにしたら客足が落ちたらしく、残念ながら2016年に閉店してしまいました(いつかここを訪れてエッグスベネディクトを注文するのが夢だったのに……!)が、今もまだGoogle Mapsのこちらで店内の様子が見られます
「『撃ってごめん』って書かれたカードが売り切れてたの」……カーター刑事ならではのジョーク。そんなこと言われてるのにリースくん、カーターとやっと正面切って顔を合わせることができるようになってすごく嬉しそう
「私は警察よ ルールがある 破れないルールが」…そう言ったカーターはリースになぜ自分に正体を明かしたかを問うと、「心の舵が正しい方向を向いてる」からだと。リースがカーターの中に見出したこの点は最後まで決してブレることはなかったし、S3Ep11以降のリースの指針にもなっていると思う。カーターさんもこんな風に真正面からまっすぐの視線で言われたら、リースからの頼まれごとを断れないですよね
ところで冒頭のリース君、シャツの色が薄い紫色……?S1Ep05での雨の中判事さんの息子を助けた時の紫シャツと同じかな?
今回の対象者、アンドレア・グティエレスは青少年を専門に弁護や保釈の手続きを進める弁護士さんなのかな、と私は思ったのですが、そうするとリースのような年齢の人間の依頼はイレギュラー? そして今回のリースのカバーIDは、過去に犯罪歴があり現在は保護観察下に置かれているという状況らしく。フィンチが造ったニセの身分のデータを見ると



ジョン・フライエル
逮捕日 1984年2月1日
誕生日 1937年2月4日
逮捕時の年齢 46歳
社会保障番号 955-39-78403
逮捕時の管轄署 116分署

身体的特徴
人種 白人
性別 男性
身長 5フィート10インチ (177cm)
髪の色 白
髪質 直毛
目の色 青
傷、痣、タトゥー なし

ってなってるけどなんで誕生年が1937年?? 髪の色が白???
上司を訴えたいというリースにアンドレアから「その上司はどんな人?」と尋ねられれば、「人を操るのがうまく 秘密主義 俺とは気が合わない 金持ちで孤独を愛している 金があるから何とか社会生活を送れてる つまりは変人だ」と散々な評価。インカム越しに聞いてるフィンチも、へぇ、なるほどね、みたいな顔で皮肉な笑顔を浮かべます
「大丈夫、ひとはいつでもやり直せるわ」アンドレアの言葉を聞くリース。その時バックには"Mr. Reese"がほんのわずかですが流れるんだよね……この台詞は何度も出てくるので、このエピでのテーマだと思われます
「刑務所に入ったことは?」「この国ではない」……いつか回収してほしかった、リースの過去がちらりと垣間見える台詞
図書館で仕事中に襲われたアンドレアをリースはセイフハウスに連れてきますが、この部屋は結局1回限りの登場だったのかな……? そしてここにもやっぱり壁に大きな時計がかかってて、このドラマの美術担当は巨大な壁掛け時計が好きなのか!?



ラスト、アンドレアから「もっと安全な仕事についたら? 他人を命がけで救うなんて」となかば呆れたようにも言われたリースはしかし「やり直すチャンスがあると信じてるのは きみだけじゃないんだ」と言い残して彼女の前から去る

カーターとファスコ、お互い内偵を頼まれているのが同じ男(=リース)からとはまだ知らないからそれぞれ相手を疑っている

このエピのサブストーリーは、今回初めて登場したネイサン・イングラムの息子、ウィリアム(ウィル)とフィンチの関係。演じるマイケル・スタール=デヴィッドはちょっとダン・スティーヴンスに似てるね?
ウィルは父がひとりで住んでいた家に戻りますが、近々売却を検討中。よって部屋にまだ残っている荷物の整理の真っ最中。このネイサン・イングラムの自宅、カットされてしまいましたがS1Ep01でフィンチがリースに用意した家でもあります



そしてこの家の中にはなんとプールがある!どんだけ豪邸なんだ



プールに映り込む姿と背景の特徴ある形の窓が非常に美しく、これ監督だれなんだろう? と調べたらクリス・フィッシャーでした
ウィルの職業は医者。今は国境なき医師団や赤十字で働いているらしい。フィンチは父親亡き後のウィルの後見人みたいな立場なのかな……そんなフィンチ(ウィルの前ではハロルド・レン)をウィルは「ハロルドおじさん」と親し気に呼んでます
Ep10で撃たれフィンチに救われ、Ep11で「マシンなんかない。あんたがマシンだ」と言ったリースの表情は穏やかで、ふたりの関係は良い方向へと大きく変わったかに思えましたが、新たにウィルという人物が現れ、フィンチとはとても親密なのに彼については何も話さないどころか「分かってほしい、君には話せないこともある」とフィンチにすっぱりと言い切られたリース。心を開いてくれたかと思えば再び前と変わらないも同然の様子に戻り、リースはリースでフィンチとウィルの関係を疑うし。「私のガードは固いぞ」の言葉通り、命を助けたからといってフィンチはそう簡単に心は開いてくれないわけで。難しい相手でリースくん大変だね……そしてリースはファスコにフィンチの後を付けさせ、本格的にフィンチの素性を調べ始める


(もうこの人はデジタル一眼レフカメラのCMに出るべきなのでは……?)

父さんのことをもっと知りたい、父親の死の真相を調べたいと言い出したウィルに懸念を抱くフィンチ。彼がネイサンのことをさぐれば当然マシンのことや"ハロルドおじさん"の正体も暴かれるわけで、さてどうする。ウィルについてはひとつ飛んでS1Ep14でも描かれます

マシンの視点から見た廃図書館のアングルは珍しい……?


今回フィンチのネクタイがたいへんにお洒落。毎エピ毎エピ、いったいフィンチは何度お着換えしているのだろう


ハップとレナード ~危険な2人~ シーズン1

hapandleonard-1.png


Hap and Leonard  Season 1 (2016)


全6話。80年代のテキサス州が舞台のお話で、ジャンルはクライムサスペンス……かな? 冒頭でハップとレナードが入ったスーパーのBGMにTears for Fears の"Everybody Wants To Rule The World"(名曲!)が流れたので、80'sヒットソングがガンガンかかるかと思いきや全編通して60年代オールディーズがフィーチャーされたドラマでした。

ハップが元妻トルーディから金儲けの話を持ち掛けられて、レナードも一緒にいざ一攫千金と思いきや彼女は他の仲間も引き連れてきて、計6人で川に沈んだ金を引き上げるんだけど、やっぱりというか案の定というかトルーディはその仲間と一緒に元夫のハップを裏切り。しかも予定よりも手にできた金はかなり少なくて。で、彼らの強奪とは別に町では警官殺しが発生して、そのせいで普段より警察の目があちこちにあって道路では検問も実施されるのですが、その警官殺しの犯人、ソルジャーとエンジェルのカップルが実はトルーディたちと契約したヤクの取引相手ってことが分かり。それが全6話中4話目の後半で、そこからやっと面白くなったという感じ。そこまでが長かった……!

バイブルベルトに入ってる保守的なテキサス州(60年代のシーンでミンストレル・ショーが出てきたのにはほんとびっくりしたよ……)でアフリカ系でゲイのレナードとずっと一緒にいるストレートの白人ハップの関係ってそうとう奇妙で、彼らの基礎になるものっていったい何だろう?と思ってたのです。ハップにとってはレナードと一緒にいるのはリスクが高いし、日雇労働のような仕事で食いつないでいるのなら、他の州や地域に移動してもよさそうなんだけど、自分の生まれた州から出たことないアメリカ人も多いって聞くし、差別は受けるけどそこまで思い切ったことはしない、できないという感じなのかなぁと思っていたのですが、その奇妙なコンビの始まりは最終話でようやく明かされました。子供の頃、酔った白人男性が起こした交通事故でふたりはそれぞれの父親を亡くしていたんですね。どちらの家庭もそれぞれ片親だったみたいで、唯一の身寄りを失ったふたりはその年齢の頃からずっと支えあって生きてきたみたいで。切ない。
ラストは金に関わったメンバーの中で生き残ったのはハップとレナードだけだったので、何が起こったのか真相は彼らの胸の内だけに収まり、金自体も無事手に入ってなんとかハッピーエンド。しかし亡くなったレナードのおじさんの家の地下には白骨化した死体が……!というまことにクリフハンガーな終わり方でした。


このドラマ、お目当てはソルジャー役ジミ・シンプソンだったので、サイコ野郎な殺人鬼はたいへん満足しました。罪の重い警官殺しを平然とやっちゃうあたり、恋人のエンジェルもソルジャーもおそらくヤクの常用者かと。彼のハッカー以外の役(笑)を見たかったってのもありますが、全編出ずっぱりで見てて楽しかった。最近わたしの中でジミ・シンプソンが熱いぜ。
彼は普通の役どころは多分あんまり似合わないように思う~。通常からちょっと逸脱した、でも飄々とした態度のなに考えてるか分かんない人を舐めた役。それでいて顔は甘めで年上から可愛がられそうな男。彼、30代後半くらいかなと思ってたので1975年生まれと知ってびっくり。ちょいベビーフェイスですね。早く「ウエストワールド」見なきゃ。



キッチュな柄のシャツもよく似合う41歳(「キッチュ」ってもう死語やな……)


ちなみに2話目に出てきたカウボーイハットをかぶる聖書売りのおじさん、プレスコット・ジョーンズ。演じるのはジェイ・ポッターという名の俳優さんですが、この人がまたブレット・カレンに瓜二つかってくらい激似で、imdb見るまでぜったいブレットだと疑わなかった私。


POI ちょっと小ネタ

・ジョン・ノーランのポートレート(?)。もし本編でもこんな笑顔を一度でも見せてくれたらわたしはグリアのおじーちゃんをちょっとは好きになれたかもしれない。にしてもいい笑顔だなー!

johnnolan.jpg


・こういうのを読むとキャストもあの廃図書館を気に入っていたのを知ることができて、とてもとても嬉しく思う

emersontalksaboutlibrary.jpg