POI S1 Ep10

Number Crunch

*S3、4のネタバレほんの少しあり

私にとってはものすごいターニングポイントになったエピソードで、未だにこれを超える話はなくて。…んー、超えるというと語弊があるな。S3Ep10のような演出が冴えわたっている回や、S3Ep16のように過去の人物たちの繋がりををこう持ってきたか!という脚本の妙、S4Ep11の時間が何度もループする素晴らしい話もあって、どれもこれも甲乙つけがたいのは事実。ただ、私自身の心の中に強く印象に残った、そしていつまでも忘れることのできないとても思い出深い、という意味で、いつまでもこのエピソードが永遠に1位です。

出勤してもフィンチがいなくて館内をうろうろながら彼の姿を探しつつ、通路の本棚に置いてあった本の中に挟まった写真を見つけたリース
元が図書館だったから館内放送の設備があってもおかしくはないんだけれど、「いつもの席にいるよ」ってアナウンスするフィンチ。これっきりのシーンだったので貴重。そして、どこにいたんだ?という質問に、フィンチの「タイムトンネルを抜けてきた」…ジョークだよね?真顔だけどこれはジョークを言っているんだよねフィンチは?(笑)
マシンが複数の人数を出してくるのは初めて…だっけ?
前エピでスーツの男に命を救ってもらったカーター。ファスコから「顔を見ると情が沸くからな」と言われるも、そんなことないわ、必ず逮捕する、と返すのだけれど。このエピのラストを見ると、カーターは情が沸いちゃったんだろうね、以前助けてもらっているからというだけじゃなくね
鑑識のふりしてちゃっかり現場に乗り込むリース。証拠品をこっそり手に入れさらに被害者のPCデータまで抜き取って。本当にこの人は余裕があるというか図々しいというか…(笑)
リースひとりで何人もの相手をできないから、フィンチも外に出てその中の一人を追跡することに。PCでデータを扱うことには長けているけど、現場に出て来てくれってリースに頼まれ、しばらく逡巡したあと腹をくくって分かった、じゃあ行こう、ってなるフィンチにまだぎこちなさがあって初々しい
「まさかあんたが殺したのか?」「…ライオネル、俺は少し悲しくなったぞ」
「ポーラを見張れ」「ヤバいのか?」「大丈夫、お前が弾よけになる」。ファスコへの鬼対応が絶好調のリース
ウェンディを追跡していたリースが乗り込んだ先は彼女の経営する美容室。ご用件は?って聞かれて、えっ…あぁ、じゃあカットの予約をって…(笑)。なんとこの人、とっさの場面で嘘をついたり取り繕うのがすっごく下手。唯一の弱点じゃないのかなこれ
ウェンディも、リースの髪型見ながら「少しニュアンスをつけてエアリーに?」って。どこをどういじったらあの短い髪をエアリーに??(笑)
続けて「この髪の色のグレーは地毛かしら?それともメッシュ?」さらに「独身?」「え?…まぁ今のところは」「みなさーん、彼、独身よ」の言葉に色めき立つ従業員。もうおかしくておかしくて!!とどめは「美容師としてその髪型は許せないの」。許せない!許せないそうですリース君!



ウェンディのオレンジがかった髪の色とっても素敵。私も今よりもっと白髪が増えたらこんな感じに染めてみたいわぁ
リースもリースでそのまま席に座って肩にタオルを掛けられたままフィンチと電話で会話してて、もうこれ本当におかしい
スノーとエヴァンスがカーターにリースとカーラの話をするんだけど、今聞くとびっくりするほどでっちあげと嘘ばっかであきれます
内勤を命じられたカーターの代わりにファスコがなかなかの活躍
深夜に目の前で起こった交通事故。運転手は明らかにヤク中。そして車内から見つかった大金。汚い金であるのは間違いない。だったら…と出来心でそのお金を掠め取ってしまった今回の対象者たちは、ひどく身近に感じられる。ウェンディとポーラは贅沢をするためじゃなく、入院中の母親の自宅が差し押さえられているため金が欲しかったのだし。本当に些細な出来心から起こした犯罪なんだよね…
リースはこの回で直接カーターに電話して、初めてまっとうな会話をする
「警察に自首して説明してくれる?」「それは無理だ」。そして今回の事件の加害者がいる病院の場所を伝えてカーターが現場に復帰出来るようにしてあげてるんだね
電話を切ろうとするとカーターは「待って。ありがとう、命を救ってくれて」と。これ、「ボーン・スプレマシー」のラストに似てる…かな
無事ポーラとウェンディを逃がし、屋上へ着いたところへやって来た車。中から出てきたのはスノーとカーター。カーターはここで初めてスーツの男の顔を見る
腹を撃たれたリースがまず車のヘッドライトを撃つのがすごい!明るいと丸見えだもんな。撃たれてなおすごい判断力だよ…
リースは自分に命の危機が及ぶと周りの人を遠ざけようとしちゃうんだよね。素直に助けを求められない性格なのか、「ひとは皆 最後はひとりだ」とジェシカに言った言葉を罰のように自分にも当てはめて死んでいこうとしているのか。この人はいつもいつも、大きな孤独を抱えたさみしい人ではあると思う。そして見てるこちらはリースのそういう部分に惹かれてしまうのよね

I wanted to say thank you, Harold, for giving me a second chance.
礼を言うぞ ハロルド 生まれ変わらせてくれた

直訳だと「お礼を言いたいんだ ハロルド 2度目のチャンスをくれて」。字幕はいつもの偉そうな態度のリースの口調がこんなギリギリの状況の時にも出てて、どっちもいいと思います

車を飛ばして到着したフィンチがリースを抱きとめたと同時に、銃を構えて現れたカーター。スーツの男を助けにやって来たのは、なんと以前事情聴取をした男だった。ここで一気に今までの全ての人間関係がカーターを通して1本の線となって繋がったことで、このドラマに対しての私のスイッチがバチンと入った瞬間でした!



銃をおろし、「早く逃げて」とリースが車に乗るの手助けまでして。カーターの中でなにが彼女をそうさせたのか。咄嗟のこととはいえもともと逮捕する気だったのが、そういう行為を取るに至るにはそうとうな決心とリスクがあったと思うのです。やっぱりこれは彼女の本能なんだろうなぁ。彼女の中でスーツの男に対する評価。彼は悪い人間ではないと。そしてそれは最期まで決して揺らぐことはなかった。

Person of Interest Episode 10 When things explode

関連記事

コメント

非公開コメント

エアリー・・・

トリみどりさん、こんばんは!
このエピは私も好きで、リースがフィンチにお礼を言うシーンはぐぐぐっときました!
ダンナが一緒なのでいつも吹き替えで観ているのですが、記憶が定かではないけれど、吹き替え版は偉そうな口調ではなかった気がします。

あと、リースのファスコに対する態度、めっちゃおもしろくて好きです。リースってばすごくリラックスしてますよね。それを見たいがために観ているといっても過言ではありません(笑)
カーターができる人なので、ファスコの出番が減っちゃわないかと危惧しております(現在13話まで視聴済)

シーズンが進むにつれて対象が変わっていくのかも知れないけど、市井の人たちの危機を助ける二人は、まるで月光仮面か仕置き人のようだと思ってます(なんか違うかもだけど・笑)

ミッドクリフハンガー

ちびくまさんこんばんは。私も今日から帰省中です。

リースがファスコをどつきまわしていいように使ってるのは本当に笑えるというかファスコかわいそうというか。リースは原語で聞くと語尾を上げる自信満々な話し方でそれがまたいいのですが、撃たれて階段を降りる時もその口調でフィンチに危機を悟られないようにしているのがまた、見ているこちらは焦燥感を煽られます。

わたしも最近知ったのですが、1シーズン22〜24話あるアメリカドラマは、だいたい10話目あたりでちょっとした山場(ミッドクリフハンガー)を持ってくるんだそうです。なのでこのドラマもこの10話目がまさしくそうなんだなーって。

リースはコスチュームを着ないバットマンって言われてるみたいですが、わたしはバットマンはあんまり馴染みがないので、ちびくまさんの月光仮面の方がとっつきやすいです。

やっぱりコレは外せません

こんにちは!
色々コメントしたいエピソードがあるのですが、これもかなり上位のEpです。

ほんとこの脚本家は上手いです。 何が上手いって見事にラスト突き落とされました。ストーリーというのはこうやって読者、視聴者を上げて下げないといけないんですが、お手本のようドSっぷりですw

この回も、108と同じ曲を使ってリースがライフルで狙いを定めるシーンがありましたね(姉妹の実家の所)。カヴィーゼルの目力は瞳の色も手伝って監督も相当評価してるんだなって思いました。最初望遠鏡代わりのスコープからのポーラを発見した時の目の動き。がんがん目の演技させてます。綺麗なスレートブルーの眼、この時の色はどんな心境なんでしょうか?

ラスト、カーターがリース達を逃したのは、もともとスノウに騙されてリースを保護する意図だったと思うので、撃たれた時点でリース寄りになったんでしょうね。前エピで助けてもらってるしカーターもリースの倫理基準をこの時既に信じてる。そうですね、この時降りて来たジョンへの信頼は最後まで揺らがなかったどころか深まって行きました。あの時カメラが切られてたのも上手い演出でした。
更に、運転は人の本性が出るといいますが、この時のフィンチが運転する車の動きと効果音だけで状況の逼迫性やフィンチの心情が伝わって来ます。ほんと上手いなぁ…。

ところで、トリさんに是非ご教授願いたいことがあります。
クレア殺害現場のあとファスコがリースに「 まさかあんたが殺したのか?」って聞いてリースが「俺は悲しくなったぞ」って答えます。これのセリフが after all we've been through らしいのですが(自分で聞き取ったわけではありません) 、私の能力ではこれがどうしてあの字幕になるのかニュアンスがわからないんです。字幕上は「そんな疑いを持たれるなんて情けないぞ」って意味かと思ったんですが、この英語のセリフにはそういう意味があるのでしょうか?

いちばん好きなエピです

こんばんは! S1の撮影監督(Ep01以外は全て同じ人が撮ってます)は絶対カヴィーゼルの瞳に惚れ込んでいると思います。そうでなきゃこんなに美しく撮れるはずないですもん。

ちょっと話がずれるのですが、昔あるライターさんが書かれたインタビューでそう描写されて以来、日本ではすっかり彼の目の色は「スレートブルー」で定着してますが、海外だと全然そんなふうに表現されてはいないんですよね。たいてい「青色」の一言であっさりと済ませられてます(笑)。日本語は繊細な表現が素敵ですね。
私が読んだ記事で印象的な表現だったのは"big ocean blue eyes"かなぁ。この"big"は広い海と彼の瞳の大きさを掛けてるんだろうなと勝手に思ってます。
ちなみに瞳の青と緑と灰色は色素の量がほとんど同じなので青が灰色に、緑が青に見えることもあるってどこかで読みました。ソースが不明なのでガセネタかもですが。

すみません話を戻します。
カーターは刑事としてはスーツの男を逮捕したいと思っている。だけどスノウの話に対しての自分の論理観やスーツの男に抱く自身の直感と照らし合わせると、違う道を探りつつあったのではないかな。前エピでは命を助けられてますし。
だから駐車場を出てスーツの男が振り向いた瞬間、わずか数秒の間でカーターが下した判断は、目の前の男を捕らえるんじゃなく助けることだったのかと。同時にカーターがフィンチとリースの繋がりをも知ることになる素晴らしい展開。名シーンですね。
そしてフィンチ! 今までずっと冷静で取り乱したり焦ったりすることのなかった彼が、パートナーの危機に直面してアクセルを思いっきり踏み込んで車を飛ばすシーン、もう最高ですね。これ以外にもちょくちょく見られるフィンチの思い切った行動、私はとても好きです。


さてご質問の件ですが、あの、最初にお断りしたいのは、私に英語のことを訊ねてはダメです~。ほんと毎回必死で聞き取ってるだけなので……覚書で台詞を書き残しているだけなので、どうか誤解なきよう……。
この台詞は特に気にも留めずスルーしてたのであらためて調べてみましたら、"we've been through."でひとつの成句で「お互いいろんなことがあった」という意味です。そこに"after all"がくっついてるので、
"You didn't kill her, did you?"
"Lionel, after all we've been through."
を直訳すると
「あんたは彼女を殺してないよな?」
「ライオネル、俺たち色々あっただろ(だから俺が殺してないって分かるよな?)」
というニュアンスかな……うーん、微妙に違うかも……。

なので字幕の「俺はすこし悲しくなったぞ」はかなり意訳してるかもしれませんが、表現としてはリースのキャラクターに非常にマッチしていてたいへん上手だなとも思いました。
ドラマや映画に出てくる口語表現は教科書に載ってないものばかりでほんとうに難しいですね。こればっかりは数をこなして慣れないとどうにもならんので、今回のご質問は私もよい勉強になりました。


ありがとうございます

訳ありがとうございます。
聞き取りが出来るなんてスゴいです!
沢山書いたのですがなんか不正な投稿と言われてはねられてしまいました。原因が判明しないので短いお礼のみで失礼します。

NGワード……

かおりんさんこんばんは。せっかくたくさん書いてくださったということなのに、投稿できないの申し訳なく思います。FC2はコメントにNGワードが含まれるとはねられてしまうのですが、そのワードがなんなのかが分からないのです……。
以前投稿してくださった方が、暴力表現や性表現が入るとアウトだと教えてくださいましたが具体的なワードがはっきりしなくて。

これに懲りずまたいらしてくださったら嬉しいです。お待ちしております。

分割して投稿してみます

NGワードがわかるかもしれないので。
連投になってしまうことご容赦ください

have been throughはbe throughじゃなくて完了形で調べなければならなかったのですね。
共に色々経験した相手にそんなこと言うのか、って感じかなぁ。
ところで、ここのライオネルっていう時語尾が上がってるんですが、トリさんが記事内で度々仰ってるリースの語尾の上がる喋り方って、こういうことですか?8話の never haveとか?

地味ですがお気に入りのシーン

マット爆死のあと自責と興奮から喋り続けるフィンチに対するリースの表情、肩に手を置いて「集中しよう」、母親の家を調べたフィンチに無言でグッジョブ、 までの演技にはリースの思いやりが滲み出ていて見ていて嬉しくなります。こういう人物造詣は役者さんの人柄なのかなと思ったり(*^_^*)

途中はねられちゃいましたw

再チャレンジ

目の色も素敵ですが、繊細な感情を表現し切る彼の目の演技には本当に心を掴まれます。 リースのアクションシーンはPOIの楽しみの一つですが、あっという間に片付くので実は短くて(笑)。沢山の物語と主役二人と刑事二人の心情が詰め込まれて、43分が長く感じます(この編集力はホント素晴らしい!)
フィンチは、リース以上に表情の幅が狭い中で心理が伝わって来ますよね
静かなる君主と暴れん坊な忠犬、みたいな二人のケミストリーが大好きです。

文脈が上手く繋がってないですね(^_^;)

口調がいい

分けて投稿してくださりお心遣いをほんとにありがとうございます。そしてまた「はねられちゃった」って!もーFC2はなにしてるの~。

>共に色々経験した相手にそんなこと言うのか、って感じかなぁ。

そうですそうです、つまりはそういうことです!それを言いたかった。語彙力の喪失。


えっと語尾のあがる偉そうな言い方っていうのは、こう、イントネーションが通常とは違うちょっと上がり気味の話し方で、基本、初期の頃の対ファスコの時はだいたいこの口調かと(笑)。リース自身も時おり言うように、お前が俺にそんな態度取っていいと思ってるのか?いいわけがないよな? みたいな感じ。104でリースがファスコに対象者の資料を警察から無断で持ってこさせた時もそんな感じでした。リースにいいように顎でこき使われるファスコ。
あと悪いやつらに対してもだいたい容赦なくその口調で。相手がいきがってリースをこてんぱんにしようと大口叩きながら近づくと、にやっと笑って、じゃあ試してみるか? みたいな感じでその状況を面白がっているというか、相手を小馬鹿にするような言い方(そしてとうぜんリースのほうが断然強いので容赦なくフルボッコにされる敵。お気の毒様です)……伝わるかな? 伝われ~。

ぎゃー、108の"never have"ってどこだろ。分からなくてすみません。108だと私はラストの
「本名では~」
「死んだら同じか」
の時のフィンチに対する口調は自嘲気味で自虐的で、そういう時も語尾が上がり気味で好きです。ようするにリースが口を開けばどんな言葉も好きなのかなわたしは(苦笑)。


普段は嫌がらせのようにあとをつけては執拗にプライベートを探っているのに、118のラリッたフィンチとか、119で私で役に立てるなら、と持ち出した銃をそっと下ろさせるとか、フィンチが本当に困ったり弱ったりしている時のリースは紳士で優しく、あーあーあーもうほんと困ります、どこまでもいい男すぎて!

かおりんさんの仰るように、役者さんはこの時どういう気持ちで演じたのか詳しく聞いてみたいなって思うときが多々ありますね。



続きます

私もコメントはねられました。「本名ではしねそうにもない」がダメだったので「本名では~」に削ったら通りました。

続きです。
リースがあまりしゃべらずあの目や視線やばっさばさでなっがいまつ毛をゆっくりと開けたり閉じたりしてで語るのは、キャラの創作として大正解だったんじゃないかなって。

バディものってふたりが正反対な要素を持っていて話が進むにつれ、それが引き立てあう構造や関係になるのがお約束で、もちろんこのドラマもそうではあるんですが、キャラクター(フィンチ&リース)×役者(エマソン&カヴィーゼル)の相乗効果がこれでもかというほど発揮されているように思えるんです。役者ふたりのこの役を演じた年齢や容姿も含めて。
奇跡のようなドラマだなっていつも思います。

>静かなる君主と暴れん坊な忠犬、みたいな二人のケミストリーが大好きです。

わかる~~~。このふたりのすべてにおいて好対照な部分はまたいつか延々と語りあいたいです……!

紳士だけど

女運は悪いリース…(>_<)

NGワード、私は「瞬●」がダメで「あっという間に片付く」にしたら通りました。犯罪予告に使われるような表現ととられてしまうんですかね。やれやれ…

1-08のnever haveはボンネット吹き飛ばす時です

What if you miss? I would't know.Never have. (さあ?外したことないから)

悪人を挑発する時ですね?あとファスコを牛耳る時、尻上がり口調、原語の聞き取りが下手なのでまた注意して見返してみます!

リースのゆっくり目を閉じて開くの、めっちゃわかります!カヴィーゼルの目は本当に雄弁。

二人のケミストリーは段々減って、s4ではチーム戦で、セーフハウスに対象者呼んだりして(たのはs3か…)戦隊モノみたいだなって思います。初期は二人がそれぞれ対象者に共感してもっと人間的な交流があったと思うんです。それを通じて対象者を見送る二人の死んだことになってる男たち、だからこそ手繰り寄せ合う絆があった。
いやもぉそれでもいいからもうちょっとリースの露出時間長くしてくれって、それが本音です(笑)

あれがいいのです

リア充なリースなんてリースじゃないし、私の中ではジェシカ(途中からはカーター)だけがオンリーワンの存在であってほしいという願いがあるので私は本編のリースはあれでいいと思います。なにせ不憫萌えなので……。でもあらためて文字に起こすとひどい言い方ですね。すみません。でもそこが好きすぎて。

私も1度目の視聴ではただただストーリーを追うのに必死だったので、口調とか語尾とか細かい部分は2度目以降の視聴で楽しみました。見るたびに新しい発見があるので、噛めば噛むほど味が出るするめのようなドラマかなって……(笑)。

>リースのゆっくり目を閉じて開くの、めっちゃわかります!

分かりますよね、分かるよね~~~! あのおそろしいほど長い睫毛!目の前でゆっくり閉じられては開けられる余裕な仕草と鋭い視線で脅されたら、ファスコはただ頷いて言うこと聞くしかしかできないね。そして見てるこっちはリースが美形すぎてこわい……。


そうなのです、S3でショウが入り、途中からはルートも加わり、S3後半ではショウが「私たちはチームなんだから、勝手な行動はやめて」というセリフもあるくらいなんですが。
廃れた図書館でふたりっきり、ふたりぼっちで世間の誰にも知られることなく、何の見返りも求めない人助けをしていた時の方が、フィンチもリースも彼ら自身の魅力が生かされててとても輝いていました。脚本の完成度の高さも素晴らしかった。

S3以降、主要人物が増えれば当然ひとりあたりの出番、特にフィンチとリースの出番は前より減るわけで。加えてUSではフィンチ&リースよりルート&ショウの人気がすごかったのもあるかもしれません。しょせんドラマは視聴率を取ってなんぼなので、そちらに比重が移ったのも当然かな……。

報われないリースに萌え

本気で愛した人と結ばれず死別する気の毒なリースに萌えるってすっごい分かりますよ〜(笑)

カーターは友人で同士だという見方もありますが、私はリースは本気だった派です。というか、退場の何回か前から見て行くと、カヴィーゼルの中で演ってるうちにそう出来上がって行ったように見えます(だからあのアドリブ)。製作陣にもその意図があったと思いますが。
リースはその後何度もカーターの話しますもんね。
仲間を失ってリースだけが家出してヤサグレたのは、他の人よりリースが弱くて繊細だからじゃなくて、他の人よりカーターを深く想ってたから。
フィンチだって女のことになるとあっさり信念曲げるわけだし。アメリカのヒーローはみんな

恋人(女)>正義(モラル)>自分>悪人

そしてカーターは当時それどころじゃ無かったというこれまた不憫なリースくんで(笑)
(でもリースも当時それどころじゃなくて結局中学生のような純愛だった)

やはり女子2人人気だったんですね〜。脚本が数字に合わせて変わって行くのはどこの国でも同じで、テレビはスポンサーの意見と同時進行だから仕方ない。その制約の中であれほど内容の濃いドラマを作った製作陣はほんとにGJです!

語尾上げって
104 メキシコには詳しいぞ、のMexico⤴︎
それでいい、のThat's the spilit⤴︎
309 いつもことだ、のusual⤴︎

辺りですかね?なんとなく私はこの語尾上げはリースの虚勢のような、特定のモード(感情を切り離して任務中)のような感じで聞いて居りました。

No title

リースのカーターへの想いは自分にないものを持っている彼女に尊敬の念を抱いた上での愛情かな、と。見守りたい、大切にしたいという気持ち。カーターに対してだけじゃなく、リースは他のことはどれも簡単にこなせるのに愛情表現だけはそうとう不器用な人かな、とも。
そんなリースもS4ではイライアスから「きみは高潔な人物だ」と言われているので、カーターを喪くしたけれどリース自身の中にも彼女と同じ部分は確かに存在している、カーターは彼の中で生き続けてるんだと思います。
リース自身は自分の人生に大した価値を見出していないのでそのことに自覚というか重きを置いてはいないようですが。


ルート&ショウのカラッと明るくアグレッシブな関係はアメリカでは良い意味で分かりやすくウケるんじゃないかな。
言葉も少ないし湿度高めでウェットなフィンチ&リースの関係は、もしかしたら日本人の方が感覚的に共感しやすいのかもしれませんね。


104のメキシコには詳しいぞ、はまさしく語尾上げの典型ですね。
ちなみにフィンチに対しての"Miss me?" はいつだって言い方が最高です。