正月恒例

Sherlock: Series 4 Teaser (Official)

「シャーロック」シーズン4の予告解禁~♪そしてイギリスでは今シーズンも1話目はお正月に放映。もう恒例行事になってるんじゃないと思うくらい必ずこの日に放映ですね。

シーズン3は1、2に比べてあんまり面白くなかったんだけど、でもやっぱり期待しちゃう。日本での放映はいつかな。三上さんの吹替も楽しみ。

生きるべきか死ぬべきか

2016年4月23日がシェイクスピア没後400年ということで、イギリスでは数々のイベントが開催された模様。
中でもこれに大いに笑わせてもらいました。

"A line of Hamlet" - Shakespeare's Live @RSc

「ハムレット」の名台詞、"To be or not to be, that is the question."で喧々囂々と揉める歴代ハムレットを演じた役者の皆さん。非常に豪華なメンツ。

ごめん、最初のお2人は存じ上げないのですが、まずは"OR"を強調すべきだと。そこへ現れるのがベネディクト・カンバーバッチ。"NOT"に重点を置くべきと主張。その後に女優さんが登場、"not to BE"じゃない?と揉めているところにお次はデヴィッド・テナントが。まぁまぁ落ち着いて、大事なのは"THAT"(イントネーションは↓)でしょ?と。さらに客席の通路から"No, no, no, no, idiots!!"とローリー・キニアが来て、"that IS"(イントネーションは↑)だろお前ら!と。みんなして言い合いになっているところに登場はサー・イアン・マッケラン!"that is THE question."に決まっておろう、と。さらにデイム・ジュディ・デンチまで!"not TO be"と。さぁこの場はどう収まるの?と見てたら、なんとなんとまさかのチャールズ皇太子。うわすごい!"To be or not to be, that is the QUESTION."でしょう?と。これで皆納得して退場、観客も拍手喝采。

いやはやイギリス王室の懐の深さと親しみやすさを感じました。そして国民がこんなに楽しく身近に気軽に古典であるシェイクスピアに接することができるなんて素敵すぎる。

このコント(!?)、出来たら2004年に大絶賛のハムレットを演じたウィショーくんにもぜひ登壇してもらいたかった(今NYで舞台に立ってるので出られなかったんだと思う)。彼ならきっとそっと静かに現われて台詞を言う、それだけでもなにやら面白みがにじみ出て来る雰囲気があるように思える。

おまけ。"To be or not to be"ネタで私が好きなのはこちら。



(個人のtweetを埋め込むのはまずいかな?よくないようでしたら削除します)

ドラマを映画館で。

「オデッセイ」見た時の予告で気になったのは「Sherlock」。最近洋画の予告流れるの少ない…(泣)。

シャーロック 忌まわしき花嫁

予告内でのこの台詞が最高でした。

sherlock_jhw.jpg

やっと気づいた。元軍属ってけっこう好みなんだな私…。

シャーロックの"The name is Sherlock Holmes. The address is, 221B, Baker Street."

も決まってる。

このドラマはずっと吹替で見てるし、シャーロックがバーッとしゃべるのは吹替の方が合ってるかな、とも思うけど、映画館では字幕のみの上映なんですねー。円盤待ちかな。



イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

TIG_poster.jpg


The Imitation Game (2014)

こんなに偉大な功績を残した人なのに、政府によってそれを抹消されていたこと。同性愛者だったこと。
自分の人生は他の人と違う、普通じゃなかったから、と嘆くチューリング。でも、ジョーンは、

「普通って何?」(I know it's not ordinary. But who ever loved ordinary? )

「あなたが普通じゃなかったから世界は今こんなにも素晴らしい」(The world is an infinitely better place precisely because you weren't.)

チューリングにとってのジョーンの存在は、実際は映画で描かれた通りだったのかどうかまでは私は分からないけれど、彼女の言葉のいくつかが、とても印象深かった。

そして、それぞれ言う人は違ったけれど、3回も出てきたこの台詞。

「人は時に、誰も想像すらしなかった者が、誰も想像すらしなかったことを成し遂げる」

Sometimes it is the people who no one imagines anything of who do the things that no one can imagine.

この映画はまさにこれに尽きるかな。


キャスト。チューリングとともにエニグマ解読に挑む5人。ヒュー・アレクサンダー役マシュー・グード。痩せたねー!と言っても前に見たのは「ブライヅヘッド」だけだけど。
二重スパイのケアンクロスに「ダウントン・アビー」のブランソンことアレン・リーチ。
そしてねー、ミンギス役のマーク・ストロング。つよしー!「裏切りのサーカス」に続いてすごいいい味だしてました。渋い。渋すぎる。

ベネディクト・カンバーバッチは、シャーロック以外の作品を初めて観たけれど、うすーい青色の瞳が印象的。なんでシャーロックは私ピンと来ないんだろ?あのおばちゃんパーマのせいやろか?



こんな時に~

絶対行けない時に限って映画館で観たい映画がぞろぞろと列をなして私の前に現われるのですよ。

・おみおくりの作法

公式サイト

超地味な映画だけど味わい深そう。ダウントンのアンナ役、ジョアン・フロガットが出てるのも気になる。1/24~公開。

・パレードへようこそ

公式サイト

原題"Pride"がなんでこんな邦題になっちゃったのか。ビル・ナイ、アンスコ出てるよ!イギリス80年代労働者階級が主役、てだけで、もう名作に違いないって思っちゃう。4月公開。

・博士と彼女のセオリー

公式サイト

エディ・レッドメインが先日のゴールデングローブ賞で主演男優を受賞してました!ポスターが素敵。トレイラーが泣けるんだわこれが。3/13~公開。

・イミテーション・ゲーム

わー!とうとう公開日決まったよ!これのベネは楽しみ。
以前の私だったら、初日に上記の「博士~」とハシゴしちゃうな。