リリーのすべて


thedanishgirl-poster.jpg


The Danish Girl (2015)


無事手術を終えて、リリーはその後の人生を自分らしく生きていったと思っていたので、二度目の手術が事実上失敗に終わって亡くなってしまったのには、ものすごくショックを受けました。だからラスト、生まれ故郷をリリーの幼馴染ハンスと一緒に訪れた妻のゲルダが身に着けていたスカーフが、強風に乗って遠くへと飛んで行ったシーンは、やっと幸せになってすべての事から解き放たれたリリーの精神だったんだな、と思うとこれはとても泣けました。

リリーはアイナー・ヴェイナーという男性として生まれ育ったけれど、私はリリーはアイナーの中にいたもうひとりの人間で、それが女性だったから辛かったのでは、という解釈をしましたが、こればかりは当事者でないと分からないのかなぁとも思いました。アイナーは自分ではない。本当の自分はリリー。それを抑圧してずっと生きてきた。男性としてアイナーはゲルダを伴侶に選びましたが、私、最初の方この夫婦あんまり合ってないのでは?と思いながら見ていたのだけれど、もしかしたらアイナーは自分が女性的だから、強く、少し男性的にも感じられるゲルダを無意識に選んだのかな、とも感じました。そして最後まで見ると、彼女のその強さはアイナーにとって最後は救いだったと思う。リリーは彼女を妻というよりも、よき理解者になってほしかったんだろうし、事実ゲルダはリリーになったアイナーを、最後まで見捨てることなく傍にいてくれたのは、リリーにとって幸せなことだったと思う。

女性性を圧倒的な演技で魅せてくれたエディ・レッドメイン、夫を理解しようと務め、それでも女性としての本心、妻としての希望や描いたであろう将来の夢を諦めないといけなかった妻ゲルダを演じたアリシア・ヴィキャンデルのふたりは素晴らしい演技でした。
もうね、エディの演技がすごい。男性が演じる、柔らかな雰囲気の女性。それがこの映画のかなめであり、その美しさや可憐さにただただ圧倒されました。はかなげなのに、演技は力強い。ものすごいものを見てしまった、という感想でした。


fanvid

これ作った人天才かと思う

Becoming Q

追憶と、踊りながら

lilting-poster.jpg


Lilting (2014)


リチャード(ベン・ウィショー)はなんとかして亡くなった恋人カイの母ジュンを助けたい、分かりあいたいという気持ちでいるんだけれど。これは難しいね……カイは母に結局カムアウトしなかったしできなかったし、しようと思っていた日に交通事故で亡くなってしまったのだけれど、母親は息子が一緒に住んでいる友人が「恋人」だと分かっていたと思うの。だからあんなにリチャードを嫌っていたのだろうし、何年過ごしても慣れることのない異国の地で、自分が理解できない言葉を話す、息子と同性の恋人。それを理解するのはとても難しいとも思う。カイは母親のことを心配していたけれど、リチャードのことも大事。愛情の板挟みになっていたのは事実だろうね。
カイと違ってリチャードはカムアウトすることに抵抗はなかったので、そのあたりもカイはリチャードには自分の悩みを理解してもらえない、という悩みもあったのかも。とてもセンシティヴなお話でもありました。
カイ側だけでなく、リチャードの家族や家庭環境も描写してほしかったなと思いました。例えばリチャードの家族は彼のセクシャリティに対して異論はないのかとか、親との関係は良好なのか否か、とかね。

リチャードが雇った通訳のヴァンも、通訳が本業ではないから、リチャードが言ってないことを勝手に推し量ってジュンに伝えてしまったりと、ちょっとやらかしてもいるのだけれど、意外にもリチャードとヴァンの関係は良好で。
私がいちばん好きだったのは、始めの頃のリチャードは自分が言ったことをヴァンに「今のは訳さないで」と頼んでた。自分の気持ちに自信がないというか、カイとの関係をはっきり言ってないことに後ろめたさがあったんだろうと思うのですが、それが後半で、ジュンと口論のような会話になってきて、でもリチャードははっきりと自分の気持ちを伝えて、ヴァンには「今のちゃんと訳して」と、本音が言えるようになったことでした。心境の変化が通訳する/しないで表されるのがとてもよかったの。

ラストはこの先は少しずつリチャードとジュンの関係は良好なものにはなっていくのかなとも思いつつ、言ってしまえば彼ら二人のつながりはカイとリチャードの間に婚姻関係こそ結ばれていないけれど嫁と姑の間柄だもんなぁ。難しいよねぇ。唯一の共通点であるカイは亡くなってしまっているのだし。
同じ人間を愛しているのに、その愛は違う方向から向けられたばかりにリチャードとジュンが憎しみ合うのはひどく奇妙ではある。でも一筋縄ではいかなかったり簡単にことが進まないのが愛でもあるよね。


この映画のベン・ウィショーは、彼の持ち味が120%全開でした!詩的で繊細で見せる涙までもがとにかく何もかも美しくて、線が細い体をくしゃっとしたシャツで包んで立つ姿は私の乏しい語彙では魅力的としか言えないんだけどこう、セクシーさが漂ってですね、それでいて透明感に溢れていて。あぁあなんて言えばいいの!(ちょっと落ち着こう)
久しぶりにウィショーくんの演技を見ることができてすごく幸せでした。もっと彼の映画見ないと……「パディントン」も早く見ないと……!

Happy Birthday, my dearest actors!!

今日はベン・ウィショーの誕生日だ!おめでとう36歳!私が好きになった唯一の年下俳優だよ。

spectre_q.jpg

うぃしょくんはきっとおじいちゃんになっても舞台に立っていると思うので、いつかまた必ず彼の舞台を見に行けると信じてる。

ついでに(ついでですみません)他の愛する俳優たちも祝いますよ!私の好きな俳優はなぜか9、10月生まれが多いな!
もう過ぎちゃったけれど、
9月7日 マイケル・エマーソン!御年62歳は年齢詐欺だ。先月末はL.A.で舞台に出てたのもあって、彼の劇も一度見てみたいのです!

9月26日 ジム・カヴィーゼル!えーと何歳?って調べたら48歳!立て続けに何本か新作の撮影に入って忙しそうです。日本で公開されますよーに、されなくてもDVD化してくれますよーに!

10月8日 マット・デイモン!46歳。この人の作品はほぼ100%日本で公開されるので何にも心配ない(笑)。いい歳の重ね方してます!

そしてこれからお誕生日を迎えるのは

10月20日 ヴィゴ・モーテンセン!58歳になります。この人も相変わらず年齢不詳だな~。なんか数年前から折り返して若返ってるんじゃないかと思うくらい。「キャプテン・ファンタスティック」、楽しみだなー!

明日はケーキでも買ってきて勝手に彼らの誕生日をお祝いしちゃおうかな~。素敵な俳優さんと彼らの作品に感謝、そして今後のさらなる活躍を心から祈っております。

生きるべきか死ぬべきか

2016年4月23日がシェイクスピア没後400年ということで、イギリスでは数々のイベントが開催された模様。
中でもこれに大いに笑わせてもらいました。

"A line of Hamlet" - Shakespeare's Live @RSc

「ハムレット」の名台詞、"To be or not to be, that is the question."で喧々囂々と揉める歴代ハムレットを演じた役者の皆さん。非常に豪華なメンツ。

ごめん、最初のお2人は存じ上げないのですが、まずは"OR"を強調すべきだと。そこへ現れるのがベネディクト・カンバーバッチ。"NOT"に重点を置くべきと主張。その後に女優さんが登場、"not to BE"じゃない?と揉めているところにお次はデヴィッド・テナントが。まぁまぁ落ち着いて、大事なのは"THAT"(イントネーションは↓)でしょ?と。さらに客席の通路から"No, no, no, no, idiots!!"とローリー・キニアが来て、"that IS"(イントネーションは↑)だろお前ら!と。みんなして言い合いになっているところに登場はサー・イアン・マッケラン!"that is THE question."に決まっておろう、と。さらにデイム・ジュディ・デンチまで!"not TO be"と。さぁこの場はどう収まるの?と見てたら、なんとなんとまさかのチャールズ皇太子。うわすごい!"To be or not to be, that is the QUESTION."でしょう?と。これで皆納得して退場、観客も拍手喝采。

いやはやイギリス王室の懐の深さと親しみやすさを感じました。そして国民がこんなに楽しく身近に気軽に古典であるシェイクスピアに接することができるなんて素敵すぎる。

このコント(!?)、出来たら2004年に大絶賛のハムレットを演じたウィショーくんにもぜひ登壇してもらいたかった(今NYで舞台に立ってるので出られなかったんだと思う)。彼ならきっとそっと静かに現われて台詞を言う、それだけでもなにやら面白みがにじみ出て来る雰囲気があるように思える。

おまけ。"To be or not to be"ネタで私が好きなのはこちら。



(個人のtweetを埋め込むのはまずいかな?よくないようでしたら削除します)