ジェイソン・ボーン

jason_bourne_poster.jpg


Jason Bourne (2016)


私はボーンシリーズが本当に大好きで心から愛していて、3部作ラストはこれ以上ない完璧なエンディングだと思っているので、続編はそれを越えないとたぶんだめだろうなと分かって観に行ったので、こういう感想になるのはある程度予想はしてました。ですのでとても辛口の内容です。

登場人物の誰にも共感できなかった。これがいちばん痛い。
今回のボーンは、父親が実はCIA職員で、トレッドストーン計画を精査するにあたってそのプログラムに息子が参加しようとしていたから計画自体を止めようとしてテロに見せかけ殺された、というのがあらすじなんだけど、まずこの設定がだめで。3部作でボーンの過去、しかも記憶喪失で失われてしまった自分自身をいかにして思い出すか、自分は誰なのかを丁寧に描いてくれたのが、この作品で今まで何も匂わされることのなかった彼の違う側面、しかも父親というものすごい身内を突然出してくるのは、ちょっとなぁ…。ボーンは誰かから無理やり計画に参加させられジェイソン・ボーンになったのだと思いきや、実は自身の愛国心からトレッドストーンに志願したというのが3部作の最後に明かされた驚愕の真実だったので、父親もCIA職員でボーンにはもともとそういう下地があっての志願だったとなると意味合いが変わってしまって残念。
しっかし「愛国心」とか「国のために」ってこじらせると面倒ですね。採用する方も「国が君を必要としてるんだ」とかすんごい大げさに言って煽って来るしねぇ。

で、その父親を殺したのが今回ボーンを執拗に狙う殺し屋(ヴァンサン・カッセル)で、ボーンがブラックブライアー計画を暴露したせいで、2年投獄されて拷問も受けてきたというバックグラウンドがあって、そのせいでCIA長官デューイの下で指示を受けるも、途中から自分勝手に行動しちゃう奴なんですね。もうこいつもほんとダメで。「アイデンティティー」のプロフェッサー、「スプレマシー」のキリル、「アルティメイタム」のパズといった、なにかしら一理ある殺し屋とは全然比較にもならないしょうもないやつで、見ててこいつの行動にいちいち腹が立って腹が立って。ボーンは無用の殺人はずっと避けてきたしどうしてもとどめを刺さざるを得ない相手しか殺してこなかったのに、そしてそれが彼の信条だったのに、こいつは私怨のみで、しかも関係ない人間や一緒にボーンを追ってる仲間さえも殺しちゃっててほんとてめーはダメだ!ボーン・シリーズを貫いている大事な部分をこいつひとりで壊しちゃってるのです。

ボーンは今回冒頭のボクシングシーンで上半身が裸になった時、背中の上の方、左肩近くに銃創があるのが分かるんだけど、これは「スプレマシー」でロシアの川沿いを歩いていた時に後ろからキリルに撃たれた跡ですね。こういう細かいところは嬉しかった。そうだなー、今回も劇中での季節は冬だったから、ボーンにはあの黒いチェスターコートの裾をはためかせながら街や雑踏の中を思いっきり駆け抜けて軽やかなアクションをしてほしかった。
実は今回アクションも物足りなくて。ボーンは追われていたはずがいつの間にか敵の懐の奥深くに飛び込んであっという間に倒して逃げおおせるのがクールでそれが持ち味なのに今回はそれがなくてね。それに彼は武器が手元になくても強いのだから、そういうのも見たかった。なにせナイフ持った相手に丸めた雑誌で対抗して戦うくらいですから。「スプレマシー」のあのシーンが好きで好きで。ああいう機転を見たかった。
そういう意味ではキレのある行動やアクションは少なかったね…。ロンドンでボーンを追うA班、B班はヴァンサン演じる暗殺者じゃなくてボーンが自らあのキレる頭脳と状況に応じて立てるスピーディな戦略で倒してほしかった(そして決して彼らを殺しはしない)。3部作で見られた、スカッとしたり、おぉ!と驚く手腕が今回はなくてね。焼き直しなアクションが多かった。

ニッキーが登場した意味も分からない。CIAからデータをハックするのが彼女でないといけない理由がないし、彼女がボーンと逃げたのに殺されてしまったのは、「アルティメイタム」内のタンジールで描かれたあんなに必死でスリリングな逃亡劇を無にしてしまったうえ、ボーンとバイクにタンデムして逃げても最後はビルの上から狙撃者に撃たれてニッキーは死んでボーンは生き残るって、これまるっきり「スプレマシー」でのボーンとマリーをなぞってるでしょ。マリーはボーンにとってオンリーワンの女性であってほしいから、この描写がなぁ…。同じこと繰り返してほしくないし、ボーンが女性とどうこうなるのは私は求めてないの。ジェイソン・ボーンはストイックな男であってほしい。ニッキーにはニッキーの役割がちゃんとあって、それは既に「アルティメイタム」できっちり果たしてくれたわけです。だから彼女の再登場と死は完全に蛇足。

CIAの新人職員ヘザー・リー。これは間違いなく、今回は出演のなかったパメラ・ランディ長官ことジョアン・アレンの代わりですね。そして演じるアリシア・ヴィキャンデルは今一番勢いがある女優。おそらくその影響を受けて、この映画での彼女の出番や役割も大きいものになるよう書き換えられたと思わざるを得ない描き方でした。だってさ、「アイデンティティー」ではトレッドストーン計画の責任者コンクリン、「スプレマシー」ではトレッドストーンを引き継いだアボット長官と部下のダニーが殺され、「アルティメイタム」ではブラックブライアー計画の責任者ノア・ヴォーゼンとそもそもの計画を企てたハーシュ博士が逮捕という結果になっているのに、ラスベガスのホテルでCIA長官(長官ですよ!?自分のいちばん上の上司ですよ!?)を撃ったまだ新人のリーが無罪放免で何もおとがめなしって、それはどうあっても納得いかない。しかも彼女が長官を撃った銃をボーンが受け取ったってことは、彼が殺ったことになるよね?そうするとまたボーンは追われるの?もういい加減彼のことは放っておいてあげなよ。そっとしておいてあげようよ…。
むしろラストでボーンに会ったあとリーは何者かに暗殺されて道路に倒れて誰にも知られないまま無残に死ぬ、でも良かったくらいなのに(あ、それはコンクリンの最期か)。あの終わり方はいかにもまだ続編作れますよ、で卑怯だ。

ボーンも、リーからCIAに戻ってきて、と言われてもきっぱり断ってほしかったなぁ。だってボーンは「アルティメイタム」で"I can't."ってはっきりと断言した男。私はボーンの人生は孤独で孤高だけど、不幸ではないと思っています。だから彼は「アルティメイタム」のラストでイースト・リバーの水中を泳いで姿を消していった後、どんな道を選んだかは分からない。でも彼は彼なりに、自分がいちばんいいと思う、納得ができる生き方を選んでいると思うのですよ。そういう生き方しかできない人間でもあるし。それは今回冒頭で描かれた、賭けボクシングのようなことに身を投じていたり、もしかしたら元CIAや暗殺の腕を買われたり生かしたりして何かしら裏の仕事を請け負って、生きていけるだけの金と住むところがあればいい、みたいな人生を送っている/いたかもしれない。それでも私はそういう彼が不幸だとは思わない。なぜならジェイソン・ボーンはもう自分の本心に背を向けることは決してないし、どんな理由があろうとできないことにははっきりと”I can't.”と言った人間なのだから。

芸術の秋だから (追記あり)

ようやく子供たちの夏休みは終わったし、涼しくなってきたし、見たい映画がぽろぽろと出てくるしで、うれしい季節になりつつあります。
例によって予告はいっさい見てません。

コロニア (9/17公開)

エマ・ワトソンの目は鳶色なんですね。ダニエル・ブリュールが長髪だ。

ハドソン川の奇跡 (9/24公開)
これ当時ニュースを見てたので覚えてますが、ハドソン川ってNYのハドソン川だったのか、と今更認識する次第。一歩間違ってたらマンハッタンに突っ込んでたのかと思うと怖すぎるし、ジャンボジェット機じゃないとはいえ、幅の狭い川によく不時着できたな、と。
監督はイーストウッドですが、こういう映画、ポール・グリーングラスに撮ってほしいなと思ったら、そういやこの監督にはすでに「ユナイテッド93」という作品があったのだった。
機長役に手堅くトム・ハンクス、副機長役のアーロン・エッカートも期待。

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ (10/14公開 10/7~ シャンテ先行公開)

コリン・ファースはもちろん、最近のジュード・ロウはいい仕事してるよね。ペプシ奢ってくれるし。

奇蹟がくれた数式 (10/22公開)

こちらはジェレミー・アイアンズとデヴ・パテルのコンビ。こっちの2人もいい仕事してます!

「シング・ストリート」も9月に予定しているし、10月7日は「ジェイソン・ボーン」だし、これから映画館に行く楽しみがたくさんあって嬉しい。ボーンの公開日は、どうせならマット・デイモンの誕生日の10月8日に封切ってほしかった!
ボーンはきっと公開前にTVで過去3作品が放映されると思うけれど、夫に「(放映されたら)また見るんでしょ?」って言われてもちろん見るよ、副音声にして字幕で見るよと言っときました。何度見ても面白いんだよ、ボーンシリーズは。何度見てもかっこいんだよ、ジェイソン・ボーンは!
近いうちに前売り券買ってこなくっちゃ。

coming soon

もうすぐ新作が公開なせいか、私の中のボーン愛が再び火を噴いている!

まぁ私はアホみたいにこの映画を何度も見てはこれまたアホみたいにその度に気付いたことや思ったことをここに書いてるんですが、もう病気みたいなもんなんで。これは私のブログなので私の書きたいことを好きなだけ思い切り書くのです(開き直り)。

3作中2作目のスプレマシーがいちばん好きなのは、たった108分の中に映画の醍醐味がぎゅうぎゅうに詰まっていて一切の無駄がないのが理由なんだけど、その中でも実はこのほんの些細なシーンがお気に入り。

bournesupremacy_20160608.jpg

ドイツでトレッドストーン作戦の最後のひとり、ヤルダを殺さざるを得なかったボーンが、立ち寄ったカフェの地下のトイレで手にこびりついた血を洗い流した後に、鏡に映った自分をじっと見つめるシーン。この1分ちょっとの場面、入れなくてもいいかもしれないんだろうけれど、次のシーンへ行く前に置かれた「間」が感じられてすごく好きなのです~。そしてここは愛する人が「殺さないで」と願ったのにボーンはその言葉を守れなかった自分に怒りや後悔を感じていることをも表したかったのかと。

ボーンはいつも最低限のものしか持たないのだけれど(ミニマリストですね)それは銃火器も同じで、多分この人通常は銃は1、2丁くらいしか携帯してないと思う。「スプレマシー」ではスコープ付きのライフルこそ持ってたけれど、基本は銃と身の回りのアイテムを利用して相手を仕留めるのがクール。銃を奪ってもそれはボーンには必要なくて、敵がもう使えないようにポイッと近くのダストボックスなんかに捨てちゃうのです。


ロシアでのカーチェイスはもう言うことなしの素晴らしさ。キリルにとどめは刺さずにそのままトンネル内から出口へ、光のある方へ歩いて行くボーンの後ろ姿に彼の生き様とこの先の人生を垣間見ることが出来る。

bournesupremacy_20160608-2.jpg


さて私はPOIのレビューで散々リースはボーンと似てるって書いてるんだけど、どの辺りが似てるのか真面目に検証(暇やねーほんとに)。

・元CIA所属の暗殺者
・愛する人を失っている

愛する者を失ったとき、人は真実を知りたくなる
When what you love gets taken from you, you wanna know the truth.
- ボーン・スプレマシー

孤独から救ってくれる人に出会えたとき、人は変われる…だがその人を奪われたらどうなる?
When you find that one person who connects you to the world, you become someone different. Someone better. When that person is taken from you, what do you become then?
- パーソン・オブ・インタレスト シーズン1 エピソード1

・身の回りの持ち物が最小限。服装がシンプル。黒い服が多い。冬はチェスターコートを着ている
・戦闘スタイルもシンプルじゃないかなって思う
・恋人との写真がアイテムとして出てくる

ボーンシリーズとPOIのS1、2は何度見てもほんとうに面白いし飽きない。片方しか見てないのなら、ぜひ両方見てみてね!(って誰に言ってるのか)

蛇足ついでに俳優同士でも比較!
マット・デイモン…45歳(b.1970)、178cm
ジム・カヴィーゼル…47歳(b.1968)、188cm
えーこのふたりってたったの2歳差!?イメージ的には7歳くらい離れてると勝手に思ってた。マットがちょい童顔だしジムは髪の色のせいもあって年が上に見えるせいかな。身長差が10cmなのは、うん、いいね。いいわぁ(何がどういいんだか)。

個人的にはこの人たちのチェスターコート姿が超好みなので、冬のNYでリースとボーンにそれ着せてイーストリバーの川べりに並んで立たせてみたい。フィンチに君たちそっくりだねって言わせたい(笑)。


そうそう、スパイと言えば先日、スパイ映画は主人公のスパイがエンタメ系とリアル系に分かれるよね!って話を友人としまして。「裏切りのサーカス」やボーンはリアル系で、「ミッション・インポッシブル」や「キングスマン」はエンタメ系だよねって。だってイーサン・ハントみたいなあんなハンサムなスパイならすぐ顔を覚えられちゃうでしょう~。

ミコノス島だ!

今日の朝刊に、カメラの広告なんだけれど、「ボーン・アイデンティティー」が大フィーチャー!
でも実際、映画の中で、ミコノス島が出てくるのは最後のほんの5分ほどなんだけど。でもでも、嬉しいわー!!










大好きなエンディング。youtubeで見られます。

THE BOURNE IDENTITY - epilogue

ちなみに広告のG7Xは、昨年末、持っているデジ一が故障した時、これに買い替えようかな?と一瞬誘惑されたお品です。

また見た

The Bourne Supremacy (2004)


夫に

「DVD持ってるやん!」
「これで何度目なんだ!?」

と言われました。

TVで放映されるとつい見てしまう「ボーン・スプレマシー」。なんと本編は驚きの108分。この短さだと、ほぼノーカットで放送可能!つーか、108分でこんなに面白い話が作れるんですねー。

もう話は覚えてるので音声を英語にして。

そしたら夫が「何言ってるか分からん」と言うから(あれ、なんで一緒に見てるの)、TV用字幕にして、最後まで見ました。

でもね、台風の風がすごくて、セリフがよく聞き取れない!!字幕があって助かりました。

音量を上げたり下げたりの2時間でした。


パメラ・ランディの部下クローニンが意外にもボケ役だった。

ホテル・ブレッカーにチェックインしたボーンを「泊りに来たのかな」だなんて、ないないあのボーンがそんなわけない(笑)。



ロシア、寒そうだよね。夫はこの映画のカール・アーバンを「ロシアの平井堅」と言ってはばからないのですが。

カーチェイスの最後、

「平井堅、死なんの?」
「死なん」(虫の息だけどね)

「ボーンは(平井堅を)殺さんの?」
「うん、殺さん」


なぜなら

She wouldn't want me to.

だからです。

マリーの私物はすべて処分したけれど、一緒に撮った1枚の写真。それだけをどうしても燃やせないボーンに、泣ける。


bournesupremacy_run