映画館に行けない。

忙しいのを言い訳にはしたくないのですが、タイミングとか天気が悪いとか(梅雨なのかなって思うくらいここんところ1週間以上ほぼ毎日雨が降っている)体調不良でお疲れ気味な上に、園や学校の行事が目白押しで気がついたら10月はもうすぐおしまいで、なのにやりたいことがなんにもできてなくてちょっと泣きそう。
わたし、まだ「ドリーム」観に行けてないんですよ。なのに昨日からは「アトミック・ブロンド」が始まってるし、来週末は「ブレードランナー2049」が封切られるというのに映画館に全然足を運べてない。あっ「ダンケルク」も2回目観に行きたいのに最寄りの映画館はすでに夜しか上映してない。だめだ、もう無理。

ドラマは春から夏にかけて今まで長々と見てきたのが軒並み終了したので、今はDLifeでの「エレメンタリー」S2とNHKでの「This is us」S1をのんびりと見ているくらい。「エレメンタリー」は久しぶりに見たら、シャーロックとワトソンの関係ってこんなに可愛らしかったっけ!? と驚くほど魅力が増しててこれは完走できそう。「This~」は、他の皆さんも仰る通り、高橋一生の吹替がなぁ……。ドラマ自体はとても良いと思うしこういうヒューマンドラマって久々に見る。今までずっと血なまぐさいクライム・サスペンスばかり見てたからね。いずれも完走できたらまとめて感想上げたい。

息抜きに「マクガイバー」S1Ep02を見ました(プロデューサーのひとりにDavid Slack がいました)。昔「冒険野郎マクガイバー」がTV放映されてたので題名でリメイクってことは分かったけれど、主人公、こんなに若かったっけ!? リメイク版のアンガス・マクガイバーは20代後半なんじゃないかと思う若い青年でびっくりしました。わたしは断然オリジナルの渋い主人公が好みです。でも銃を持たずに身の回りにあるものを即興で武器にして戦うスタイルはものすごく好み~。
このエピはゲストにエイミー・アッカーが出ていました。彼女はS1Ep12にも出てます。


来月は「ローガン・ラッキー」も公開されるし(これは絶っっ対に観に行く)、今月よりは落ち着いた日々を過ごしたい。あと年内に「ブレイクアウト・キング」S1も見たい。もちろんお目当てはあの人です。ふふふ。
M・エマソンがゲスト出演する「ARROW」と「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」はおそらく彼の出演部分だけのスポット視聴になるかなぁ。さすがにシーズン1話目から全部見るのはとてもじゃないけれど時間の余裕がなくて。「モーツァルト~」はガエル・ガルシア・ベルナルが主演なので気にはなっていますが。
映画もそうだけど、長いスパンのドラマは見る/見ない、一部だけ/最後まで見るとか選択肢(?)も色々で一期一会感がより強い印象。数シーズン製作してグランドフィナーレまで駆け抜けられるのは、作る側も見る側もほんの一握りなんだなぁってつくづく思う今日この頃。

fanvid

これ作った人天才かと思う

Becoming Q

ダニクレボンド、総決算 (007 スペクター)

spectre_poster.jpg



Spectre (2015)

観てから1か月近く経つのに、感想が書けないのはなんでかなぁ?と考えてたんだけど。この作品を観て、今更ながら前作の「スカイフォール」がとんでもなく素晴らしい出来だったんだ!と気づいてしまった。

ダニエル・クレイグが演じるジェームズ・ボンドの総決算と呼んでもいい今回のストーリー。私はもう、彼はこのまま007役を引退でいいと思うんだけどな。お話的にもマドレーヌと一緒に旅立っちゃいましたからね。MI6の建物も、前作では一部分だけ崩壊だったのが、今回の大爆破で木端微塵でしたし。

オープニングで、ル・シッフル、ヴェスパー・リンド、ミスター・ホワイト、シルバ、と、「カジノ・ロワイヤル」から登場した今までの主要人物が画面に現れて、私はすごーく嬉しかったのですが。

オーベルハウザーの、ボンドを恨む原因が、親の愛を得られなかったから、という理由が、…うーん、そうかぁ、まぁそれも理由にはなりえるかなぁ…、と、あんまり納得がいかなかったのですよ。今まで出てきた、敵がボンドの前に現れた理由がそれ!?っていう。こう、スパイものではあるけれど、冷戦は終わったし、国単位で確執が起こりにくい世の中ではあるけれど、急に個人レベルのちっちゃい出来事に落とされちゃったのが、えぇ…?と。

それが引っかかったこと以外は、メキシコの「死者の日」のオープニングから、148分ずっと、素晴らしかったです。建物の屋上の、建物の端、狭い狭いぎりぎりの所を何も気にせず颯爽と歩くボンドの姿勢の美しさ!高いところから落っこちたその下に、ちょうどおあつらえ向きにあるソファにばふん!と着地するのなんて、素晴らしいユーモア。

ショーン・コネリーの007は、極太マジックで間違いを気にせずガッと描く感じのキャラクターだけど、ダニエル・クレイグは、細めで丁寧に、でも1mmの隙もなく、すっと線を引く感じのボンドですよね。私はもちろんダニクレボンドの大ファンだし、カジノ・ロワイヤルから見てきた甲斐があった!って思ったよ。

「ミッション・インポシブル/ゴースト・プロトコル」では最初に登場してすぐ殺されちゃう役だったレア・セドゥが、4年後にはボンド・ガールにまで上り詰めるとは!

モニカ・ベルッチの美しさ。あんな短い時間の登場シーンだなんて、もったいない!!

出てきた瞬間から、あんたは善人役じゃあないよね間違いなく!ていうアンドリュー・スコット演じるデンビー。最後高いところから落下して死亡はちょっと残念だったなー。

上司ながら、現場に出て実践に参加するMってなにげにかっこいいと思うのですよ。演じるはレイフ・ファインズ。渋い…。

そして、我らがQ!「スカイフォール」から、まさかこんなに大活躍のキャラクターに躍進するとは!飛行機嫌いって言ってたのに、ボンドには散々迷惑かけられているのに、ちゃーんとオーストリアまで助けに来るなんて!"I really, really hate you right now"は私には、今年一番の名台詞かも。
ラボで自分の冗談に自分でヘヘヘッて笑っちゃうところは、Qじゃなくて、ベン・ウィショーだった(笑)。


ダニエルがまだまだ続投だとしても、それはそれで楽しみに待ってますよ。


Countdown!!

 


公開まであと1日!盛り上がってきました。やっぱり007は映画界の目玉。
左が12/1、右が12/3の新聞広告。

私は先行で観てきたけれど、まだ輪郭を伴わず、感想を書けていないまま1週間経過。

もう1回観てこようかな。



heineken



見つけた~♪

でも今お酒飲めないから、卒乳まで取っておこう。公開日(12/4)には飲めるようになってないかと密かに期待…。