ハップとレナード ~危険な2人~ シーズン1

hapandleonard-1.png


Hap and Leonard  Season 1 (2016)


全6話。80年代のテキサス州が舞台のお話で、ジャンルはクライムサスペンス……かな? 冒頭でハップとレナードが入ったスーパーのBGMにTears for Fears の"Everybody Wants To Rule The World"(名曲!)が流れたので、80'sヒットソングがガンガンかかるかと思いきや全編通して60年代オールディーズがフィーチャーされたドラマでした。

ハップが元妻トルーディから金儲けの話を持ち掛けられて、レナードも一緒にいざ一攫千金と思いきや彼女は他の仲間も引き連れてきて、計6人で川に沈んだ金を引き上げるんだけど、やっぱりというか案の定というかトルーディはその仲間と一緒に元夫のハップを裏切り。しかも予定よりも手にできた金はかなり少なくて。で、彼らの強奪とは別に町では警官殺しが発生して、そのせいで普段より警察の目があちこちにあって道路では検問も実施されるのですが、その警官殺しの犯人、ソルジャーとエンジェルのカップルが実はトルーディたちと契約したヤクの取引相手ってことが分かり。それが全6話中4話目の後半で、そこからやっと面白くなったという感じ。そこまでが長かった……!

バイブルベルトに入ってる保守的なテキサス州(60年代のシーンでミンストレル・ショーが出てきたのにはほんとびっくりしたよ……)でアフリカ系でゲイのレナードとずっと一緒にいるストレートの白人ハップの関係ってそうとう奇妙で、彼らの基礎になるものっていったい何だろう?と思ってたのです。ハップにとってはレナードと一緒にいるのはリスクが高いし、日雇労働のような仕事で食いつないでいるのなら、他の州や地域に移動してもよさそうなんだけど、自分の生まれた州から出たことないアメリカ人も多いって聞くし、差別は受けるけどそこまで思い切ったことはしない、できないという感じなのかなぁと思っていたのですが、その奇妙なコンビの始まりは最終話でようやく明かされました。子供の頃、酔った白人男性が起こした交通事故でふたりはそれぞれの父親を亡くしていたんですね。どちらの家庭もそれぞれ片親だったみたいで、唯一の身寄りを失ったふたりはその年齢の頃からずっと支えあって生きてきたみたいで。切ない。
ラストは金に関わったメンバーの中で生き残ったのはハップとレナードだけだったので、何が起こったのか真相は彼らの胸の内だけに収まり、金自体も無事手に入ってなんとかハッピーエンド。しかし亡くなったレナードのおじさんの家の地下には白骨化した死体が……!というまことにクリフハンガーな終わり方でした。


このドラマ、お目当てはソルジャー役ジミ・シンプソンだったので、サイコ野郎な殺人鬼はたいへん満足しました。罪の重い警官殺しを平然とやっちゃうあたり、恋人のエンジェルもソルジャーもおそらくヤクの常用者かと。彼のハッカー以外の役(笑)を見たかったってのもありますが、全編出ずっぱりで見てて楽しかった。最近わたしの中でジミ・シンプソンが熱いぜ。
彼は普通の役どころは多分あんまり似合わないように思う~。通常からちょっと逸脱した、でも飄々とした態度のなに考えてるか分かんない人を舐めた役。それでいて顔は甘めで年上から可愛がられそうな男。彼、30代後半くらいかなと思ってたので1975年生まれと知ってびっくり。ちょいベビーフェイスですね。早く「ウエストワールド」見なきゃ。



キッチュな柄のシャツもよく似合う41歳(「キッチュ」ってもう死語やな……)


ちなみに2話目に出てきたカウボーイハットをかぶる聖書売りのおじさん、プレスコット・ジョーンズ。演じるのはジェイ・ポッターという名の俳優さんですが、この人がまたブレット・カレンに瓜二つかってくらい激似で、imdb見るまでぜったいブレットだと疑わなかった私。


ハウス・オブ・カード シーズン2

HouseOfCardsS2-poster.jpg


House of Cards Season2 (2014)


ほんの出来心で無料で配信されている1話目だけ見たらば。
いきなりゾーイ・バーンズが地下鉄の線路に突き落とされて殺されたのには本当にびっくりで、いったい続きはどうなるのかと気になって仕方なくて、結局一気に見てしまいました。13話なのであっという間でした。
しかしゾーイが殺されるとは思わなかったので何度も言いますがあのシーンは心臓飛び出るくらいびっくりしたし、これでフランクは2人殺したのかよ……!と思うとすげー怖い。こんなやつが大統領でいいのかよって。これほんと政治ドラマという名のホラーだよ。
で、私はゾーイが殺されたことで仕事仲間であり恋人だったルーカスとその同僚ジャニーン、そして首になった元上司ハマーシュミットの三人でフランクを調査して追い詰めていくのかなと思ったんだけど、ルーカスはFBIに捕まっちゃうしハマーシュミットは直接フランクと会って記事を見せたけど、逆に脅しに屈してしまったのかな……そのあと出てこなかったので。ちょっとここは残念に思った。また出てくると嬉しんだけど。

それにしてもフランクとクレアの夫婦、見応えはあるけど彼らのやっていることにとても同情はできないし応援する気にもなれない。アダムやメーガンの件については自分たちの有利になるよう先に発言して後から当事者にごめんって謝ってもそんなの言ったもん勝ちなわけで、あとからしれっと謝罪するスタイルはつくづくずるいよなと思う。
私はこのドラマはフランクが大統領の座に就くまでの過程を丁寧に描くのかなと思っていたので、S2のラストでもう就任したことには驚きましたが、トップに上り詰めたなら今度はそこから転落していく姿を見たいよねぇ。誰が足を引っ張るのか。誰が真実を暴くのか。誰がフランクの犠牲になるのか。
フランクのあの癖、木製のものを2回ノックして幸運を祈るあの仕草、いつかどこかで決定的な表現として使われるような気がするんだよね。

このドラマで私は誰が好きかといえば実はダグ・スタンパーだったりする。彼は根が優いんでしょうね。かくまっているレイチェルに恋心を抱くようになってしまい自分でもどうしていいか分からなくて揺れるのが見ててたまらない~。断酒して10年以上ですが、頑張れって応援したくなるし、立ち直らせてくれたフランクに恩があっての忠実な部下ではありますが、いやしかしこの先どうなるのかな~。ダグがもし裏切ったり見切ったり寝返ったらフランクはけっこうダメージ大きそうじゃない?
アル中だった頃のダグのエピソードを見たいなと思うほどに(もちろん演じるのはマイケル・ケリーで!)、ダグラス・スタンパーが好きです。


他に気になったこと。ルーカスがコンタクトを取ったハッカー役にジミ・シンプソン。すっごくびっくりした!でもこの人「ホワイトハウス・ダウン」(2013)でもハッカー役だったしPOIではSNSのCEOだったし、なんていうかこの人はIT系に合う顔なんだろうか?
このドラマ他にもPOIに出てきた人いっぱい出てくるよね?S1ではスノウ捜査官役マイケル・ケリーとハーシュ役ボリス・マクガイバーが出てたけど、続くS2では前述のジミ・シンプソンだけでなくアリシア・コーウィン役エリザベス・マーベルも。

POI S5 Ep11

Synecdoche

私、以前からフィンチとリースが救った対象者たちが総動員でふたりを救う話があったらいいのにな、て思ってたんですが、ある意味今回はその願いを叶えてくれたエピソードでした。
冒頭墓地でルートの埋葬を見守るリースとファスコ。相合傘だ。
S5で2回目のタキシードリースでした。大盤振る舞い♪しかしショウはドレスアップした時はぜったい髪をアップにした方がいいのに、なんでいつもこんな似合わない髪型にしちゃうの?S5のショウはずっと濃いグレーのパーカー姿だし、もうちょっとお洒落させてあげてください。
そして大型銃を手に取って暗殺を阻止するのはリースにやってほしかったなー!今エピは全体的にショウのリードで話が進んだので。リース無双大爆発な回が1度は見たい。これでもかというくらい彼の過去のスキルと経験がフルスロットルで誰も近寄れないくらいの凄まじいやつ。でもそれもう310でやってたか。
そしてそして、ローガン・ピアーズ再登場!ぜんっぜん変わってないですねこの人。214の時は最後はリースにとっても懐いてて、でもちゃっかりGPS仕込んだ腕時計を贈ってました。相変わらず食えない表情と態度ですが、その飄々とした顔とは裏腹に熱い面を見ました。そして彼が組んで一緒に番号に対処しているのは、なんと103に登場したジョーイ・ダーバン!これ本当にびっくりしました!!つい最近シーズン1見てたから覚えてたけど、そうでなかったら彼のこと多分思い出せなかったよ…。しかしリース君、久しぶりにジョーイに会ったのに、今忙しいんだってつれない返事でちょっとジョーイかわいそう。
そしてファスコの危機にはハーパーが駆けつけました。S4の彼女をどうにも好きになれなかったけれど、このくらいの活躍だったらまぁいい。
ピアースの立ち上げた新規事業。それはマシンから番号を受け取って人助けをすること。今回ピアーズはライリー刑事の番号が出て、ライリー=リースと知ったから彼を追ってワシントンD.C.に来たんですね。リースがいるパーティ会場にタイミングよく現れたり、爆破事故が起こったあと意味深な顔をして会場から立ち去ったりと、今までリースとフィンチがやってきたことをピアースがしていて、彼のこれらの行動は今までの対象者から見たフィンチとリースの行動の再現でもある。ピアースが不審人物に描かれたことは、かつての対象者達が感じたリース&フィンチへの印象と同じであることを、リースの視点から見せてくれたのです。
同時に人助けをしてきたリースの立場が変わってきてる描写でもありました。リースとは別の、リースと同じことをする他の存在が出てきたし、ショウのサポート的な立場でもあった今回。リースの身辺はだんだんと勇退の準備ができているように思えるんだよね…。
"A concerned third party."…憂慮する第三者。シリーズ通しておなじみのこの台詞をフィンチ(101)、リース(101、301、304)、ファスコ(403)の他にもピアースが言うとは。他にも言った人いたかな?
なぜピアーズがマシンの出す番号を受け取ることができたの?あーそうか、マシンが彼を資産として認定したから番号を届けたのか!ピアースはS2Ep14のラストでマシンが監視対象にしてたし、ハーパーはS4で既に資産と認定してたもんなぁ。なるほどこう持ってきたか。そして「終わりなき戦いだ」と言ってジョーイ、ハーパーと共に去っていったピアース。この先もフィンチとリースの運命に関係なく番号は出続けるような台詞でした。
これちょっとびっくりだけど「終わりなき戦い」っていう言葉、今までも出てきたっけ?というのは今BSフジで放映のPOI S2のオープニングの日本独自の吹替によるリース(滝さん)のナレーションの最後が「フィンチと俺の終わりなき戦いが続く」って言ってるんですよね。これ偶然なのだろうか。それとも過去に吹替で言ってたのだろうか。



次の番号が出た、と言って、ピアーズ、ジョーイ、ハーパーの3人がリースとファスコの元から立ち去っていき、残されたふたりのシルエットが夕日に映えたエンディングでした。これって始めはネイサン、次にフィンチとデリンジャー、そしてフィンチとリースのたったふたりでやってきたことを引き継ぐ人間が出てきたということですよね。なんかすごいじんわり来て泣けてきました。もうフィンチとリースは孤独じゃないって思ったし、これで安心して引退できるね!とも考えたね、うん。あとは番号から離れて隠居生活に入ってもいいし、それぞれ別の道を歩みはじめる可能性も出てきたよね。
S4でホワイトハウスが出てきてたのもあって、いずれ国のトップである大統領の番号が上がるだろうしワシントンD.C.が出てくるだろうなとは思っていたのですが、大統領の番号は最後の大物って感じでシーズンの最後に出てくるのかな、と思っていたのでここに持ってきたのかー、と。あと青枠ってどういう意味だっけ?
ブレインのフィンチがいないので、残された3人でどうにかして奮闘する姿が見られました。やっぱりフィンチがいないとなぁ…とても寂しかった。その不在を補うかのようなピアース、ジョーイ、ハーパーの登場でした。
そしてピアースが渡したのは監視カメラがとらえたテキサス州にいるフィンチの写真。大統領の命を救ったんだぜ、ちょっとは祝おう、というファスコに対して、フィンチの行方を追うことの方が大事なリース君。S5のリースはブレないね。しかしすでにこの物語においてフィンチとリースの関係はもう以前とは大きく変わってきてるのも確か。今のリースはファスコや次世代のピアース達がいてフィンチもいる、という世界で生きてる。かたやフィンチは死なせたくないという理由で仲間を遠ざけひとりになりフィンチ自身はどんどん死に近づいている。まるで物語のいちばん最初の地点に戻るかのように。違うのは、死ぬのはリースと共にではなくひとりだとフィンチは考えていること。

そのフィンチは盗難車を運転して目的の空軍基地へ。その道中、ずっとルートの声で語り掛けてくるマシンと対話。
しかしちょっとルートというかマシンはしゃべりすぎかな、と。死んでなお存在感があるルート…。フィンチは静の人間だしエマさんは誰かと対話しなくても、それこそ台詞などなくても演技が映えるんだけどなー。
「私はまだ裁きを受けていない」「痛みと共に生きてきた。痛みによって世界とつながっている」「善い行いだけをしてきたが 結果は芳しくなかった」
フィンチが言う、これから受けなければいけない裁きとは。手術を受ければ取り除くことができる痛みをなぜそのままにしておくのか。もはやキレイごとは言ってられない状況=自分に課したルールを破る時がきたのは事実だし、「別の戦略を取るべき時だ」と。
マシンは他にも多くの救える命があったのに、フィンチが足かせをはめたせいでそれらを見ていることしかできなかったと言うけれど。でもそのことについてマシンがフィンチを責めるのを見るのはちょっと辛い。だってその時点ではフィンチはそれがいちばんベストだと思って選択したことだし今更過去は変えられないじゃん…。
前エピでマシンは死んだルートの声を選びましたが、この声は固定じゃなくて、マシンが誰の声も好きに選べることが今回分かりました。そして私は最悪だけどもしかしたらじゅうぶんあり得るだろうとてもとても嫌な想像をしてしまって。それは最終話でリースが死んでマシンが彼の声を選ぶこと。そしてラストはあの聞きなれた台詞、
"You there, Finch?"
"Always, Mr. Reese."
で締められたらだったらどうしよう、とか、人助けを引き継いだ人たちに対してマシンがリースの声で電話越しに
"Can you here me?"
って尋ねてきたら…!ぎゃーーーーーー!!そう考え出したら止まらなくて。それだけは!それだけはなしでお願いします!!もしリースが死んだらどんな死に方であろうと辛いけど、だけどそんなラストはあまりに苦しすぎる。でもこのドラマは容赦なく視聴者を叩き落してくるし、ラスト1分とか30秒でものすごい大どんでん返しをやってくれるから…最後まで気が抜けません。あぁああああ…。

今回も全編、特にラストシーンのリースはS1の頃のような研ぎ澄まされた美しさと鋭さでした。ちょっと痩せたかな?これももうまもなく見納めかと思うと、最後の輝きかと思うと…!色んな意味で泣きそうなラストでした。

残りあと2話です。

POI S2 Ep14

One Percent

このエピからは背景の音楽も変わってきてる。ウィルス発症のカウントダウンが始まったからかな
対象者はローガン・ピアース。多分この人、名前は覚えてなくても「ピロシキ二度揚げの人」って言えば見た人にあーはいはいあの人ねって通じる気がする
しかしピアース(を演じる俳優さん)って若く見える時もあれば妙に年喰ってるようにも見えるし謎な容姿
造形はスティーヴ・ジョブスとマーク・ザッカーバーグをブレンドしてるかな。あ、ビル・ゲイツもだ
タキシードを取り出したフィンチ。「クラシック・ブラック。もちろんビスポークだ。タイは結べるかな?」…この台詞、初見の時は、君はそういう格好をするようなフォーマルな場に出席したことはあるかなリース君?という意味だと思ってたんだけど、S3まで見て振り返ると言葉通り「ボウタイを結べるかどうか」が焦点なのかしら?私はそうだと思いたい(笑)



ベアーが元気ないのをフィンチは飼い主にストレスがあるからではないかとリースに話すんだけど、リースは監獄と爆弾以外ならってはぐらかしちゃうんだよね。その辺もっと詳しく描写してほしいのになー!いくらリースがめちゃくちゃ優秀でもあの経験は絶対トラウマでしょう
鼻持ちならない横柄な態度の金持ち、なピアースにイラッとしたリースが一撃食らわすためにオークションで入札した額がなんと1000万ドル!このシーンの前にリースがフィンチに「あんたの総資産はいくらなんだ?」と尋ねるも答えが返って来なかったから、これくらい行けるだろと踏んでの行動なのかもね。さすがのフィンチも「経費にも限度が」と呆れてる
飛び立ったヘリの風で地上のゴミや埃が画面に舞ってるのかと思ったら、ちらちらしてるのは雪なんですね!リースの吐く息も白いし、とっても寒そうなNY
クリーニング店員になりすましたフィンチのシャツが黄色がかったクリーム色でおしゃれ
S2はバイクに乗るリースがよく出てくるけどこれは実際に本人が運転してるのだろうか。保険や契約なんかで俳優自身が全部自分で演じるのはなかなか難しいかな、とも思いますが
正攻法じゃ埒があかない、とピアースのオフィスに押し入り本人に直談判。ザ・ジョン・リースなやり方ですね。最高
ピアースはナプロキセン(って何?)にアレルギーがあるってこと?アナフィラキシー起こしてるけどピアースは呼吸系の器官に出るタイプ
ピアースの器官に酒で消毒したホース突っ込んで息吹き込んで救助って、めちゃくちゃ荒っぽいし怖いわ!
億万長者の変人。だけどピアースも馬鹿じゃない。クリーニング店で自分のクレジットカードをすり替えられたのはお見通し、ふたりが廃図書館の外で話しているところに突然現れてジョン・ワイリー(リース)のデジタルの痕跡が全くないことを指摘。相手を調べ上げるスキルは相当なもの。マシンはこのエピのラストでピアースを監視対象に入れてたくらいだから、S4でもハーパーみたいな奴じゃなくていっそピアースに連絡を取れば良かったのに!面白がりつつも彼ならなんか破天荒なことをやってくれそう
その廃図書館の外で会って話してたフィンチとリースの前にいきなり現れたピアース。フィンチを以前クリーニング店で受付した男だってことも当然見抜いているわけで。この時の、フィンチを自分の後ろに守って戦闘モード入ってるリースの殺気がすごい
「安全な隠れ家があるんだ」。その言葉と共にリースが連れて行かれたのはなんとロシアのサンペテルブルグ。おいおいおいピアース…リースもため息と呆れ顔で付き合ってられんって目が物語ってる

poi_214-4.jpg

「…二度揚げだよ」

結局黒幕はピアースの長年の友人兼ビジネスパートナー
絶妙なタイミングで現れ助けてくれたリース。「新しい友達が必要だ」と言うリースをピアースはすっかり気に入ってなれなれしく肩に手を掛けるんだけど、速攻振り払われてて。これ大好き!
「デートの相手が必要だ」「俺に?」…素で何を言っているのかリースは(笑)(笑)(笑)
ちなみにこれ、英語で書き起こすとものすごい台詞なんですよ。
"No, a date. "
"You got me a date? "
フィンチ:「いや、デートだ」
リース:「あんたが俺をデートに誘うのか?」
っていう!そういうのを真顔で言うリースってほんとどうなってるんだろーね?

ベアーには友達が必要だよ、と遊び相手の犬に会うために公園に来たフィンチ
ベアーの元気な姿にふたりともにっこり(あー夫婦だ…)

poi_214-3.jpg

まったく同じタイミングで公園のベンチに腰かけた上になんでこんなに詰め詰めで座るのかこのふたりは。距離が近い距離が!
ピアースから贈られたんだ、と箱を取り出してフィンチに渡すリース。中身は高級な腕時計。手に取るなり地面に転がして何のためらいもなくいきなり靴で踏みつけて破壊!それを涼しい顔でやってのけちゃうフィンチ
この一連のシーンで実はエマさん結婚指輪を付けたままです

poi_214-2.jpg

「時計にGPSが仕込まれてる」って、ピアース…あんたそんなにこのふたりのこと付け回して知りたいのか。リースもこれでフィンチの気持ちが分かったんじゃない?そして自分もフィンチに対してやってたくせに今回のGPSには意外にも気が付かないリース
まったくこのドラマに出てくる誰もかれもがみんな相手にGPS付けたがるってどうなの!
ピアースの仕掛けたGPSをフィンチは結局どうしたんでしょうね?

ファスコとカーター。行方不明の警官、スティルスとデヴィッドソンについての調査を続けるカーターにファスコは過去の自分のことを話そうとするのだけど。カーターはきっぱりと、あなたの過去とは関わりたくない、私は刑事よ、と。この時のファスコの表情と気持ちがありありとこっちにはっきり伝わってきて、ケヴィン・チャップマンうまいなー!俺たち一緒に事件を解決して、メガネとワンダーボーイの依頼にも力を合わせて協力してきただろう?と、甘えというか、今ならカーターも俺の気持ちを分かってくれるはず、という頼りたい気持ちがファスコにはあるんだよね。でもカーターにはっきりと拒絶されて。取り残されて複雑な表情のファスコ

今回のフラッシュバックは9.11の夜のネイサンとフィンチ。私には想像もつかないくらいあのテロはアメリカ人の価値観や国の在り方を根底から揺さぶった事件なのだろう。これがなかったら間違いなくこのドラマも生まれてなかった
マシンに対するネイサンとフィンチの考えの違い
命を選択する神のような振る舞いは許されない。だからフィンチはマシンにバックドアを作るべきではないという考え。でもネイサンはそれが必要と思ったんですね
9.11がきっかけで開発したマシン。最後はどうするのかは君が決めろ、とフィンチ
「友情は長くは続かない」
ネイサンはすでに「無用」と判断された人を助けようと銃を手に行動を起こしている