映画館に行けない。

忙しいのを言い訳にはしたくないのですが、タイミングとか天気が悪いとか(梅雨なのかなって思うくらいここんところ1週間以上ほぼ毎日雨が降っている)体調不良でお疲れ気味な上に、園や学校の行事が目白押しで気がついたら10月はもうすぐおしまいで、なのにやりたいことがなんにもできてなくてちょっと泣きそう。
わたし、まだ「ドリーム」観に行けてないんですよ。なのに昨日からは「アトミック・ブロンド」が始まってるし、来週末は「ブレードランナー2049」が封切られるというのに映画館に全然足を運べてない。あっ「ダンケルク」も2回目観に行きたいのに最寄りの映画館はすでに夜しか上映してない。だめだ、もう無理。

ドラマは春から夏にかけて今まで長々と見てきたのが軒並み終了したので、今はDLifeでの「エレメンタリー」S2とNHKでの「This is us」S1をのんびりと見ているくらい。「エレメンタリー」は久しぶりに見たら、シャーロックとワトソンの関係ってこんなに可愛らしかったっけ!? と驚くほど魅力が増しててこれは完走できそう。「This~」は、他の皆さんも仰る通り、高橋一生の吹替がなぁ……。ドラマ自体はとても良いと思うしこういうヒューマンドラマって久々に見る。今までずっと血なまぐさいクライム・サスペンスばかり見てたからね。いずれも完走できたらまとめて感想上げたい。

息抜きに「マクガイバー」S1Ep02を見ました(プロデューサーのひとりにDavid Slack がいました)。昔「冒険野郎マクガイバー」がTV放映されてたので題名でリメイクってことは分かったけれど、主人公、こんなに若かったっけ!? リメイク版のアンガス・マクガイバーは20代後半なんじゃないかと思う若い青年でびっくりしました。わたしは断然オリジナルの渋い主人公が好みです。でも銃を持たずに身の回りにあるものを即興で武器にして戦うスタイルはものすごく好み~。
このエピはゲストにエイミー・アッカーが出ていました。彼女はS1Ep12にも出てます。


来月は「ローガン・ラッキー」も公開されるし(これは絶っっ対に観に行く)、今月よりは落ち着いた日々を過ごしたい。あと年内に「ブレイクアウト・キング」S1も見たい。もちろんお目当てはあの人です。ふふふ。
M・エマソンがゲスト出演する「ARROW」と「モーツァルト・イン・ジャングル」はおそらく彼の出演部分だけのスポット視聴になるかなぁ。さすがにシーズン1話目から全部見るのはとてもじゃないけれど時間の余裕がなくて。「モーツァルト~」はガエル・ガルシア・ベルナルが主演なので気にはなっていますが。
映画もそうだけど、長いスパンのドラマは見る/見ない、一部だけ/最後まで見るとか選択肢(?)も色々で一期一会感がより強い印象。数シーズン製作してグランドフィナーレまで駆け抜けられるのは、作る側も見る側もほんの一握りなんだなぁってつくづく思う今日この頃。

B・ウィショーとM・ブラッドショーのクラウドファンディング

実生活でもパートナーであるベン・ウィショーとマーク・ブラッドショーがkickstarterでクラウドファンディングを募ってます。

THE HOLY GHOST ZONE - a short film

が、9/13に開始してその日のうちにもう目標額が達成されている……。これはどうするべき? 目標額を越えても参加したほうがいい? kickstarterでのクラウドファンディングは以前も参加したことがあるので、あとはログインして金を振り込むだけ! とばかりにうきうきしながらサイト開いたらこれですよ。
まだ日にちあるし、しばらく様子見してから決めようと思います。

1£からお金出せるのって敷居が低くていいよね。じゃあ少しだけど協力しようって気持ちになれる。それに自分の好きな俳優が作りたいと思う作品に直接出資できるなんて、素晴らしいことじゃないか~。

そっくり

ジミ・シンプソンのTwitterより。エスクァイアのイベントに出席した時の一枚。




クリスチャン・スレイターと一緒に写ってますが、お、おまえらは生き別れた兄弟だったのか……ていうくらい似てませんか? ねぇ、似てませんか!? まぁ眼鏡や服装が同じだからってのもあるかとは思いますが、それにしても激似だ!
でもこのツイートに「似てる!」、「まるで兄弟のよう!」ってリプがたくさんついてるので、同じこと考えた人は他にもたくさんいると知って安心(笑)しました。
今年のサンディエゴコミコンに参加した時の黒ぶち眼鏡姿のジミくんにどことなく既視感を感じていたのですが、そうか、君はクリスチャン・スレイターに似ていたのか……! なんかふたりともあんまり年取らない感じな上にちょっと童顔で、ほんとよく似てる。似すぎてて怖いくらいだ。


クリスチャン・スレイターの青春映画は、どれもみな、まさにその映画の対象年齢である頃に見たのでもうドストライク。「ヘザース/ベロニカの熱い日」、「今夜はトーク・ハード」は本当に熱かった。でも今また見たとしても、当時のときと同じ感動や共感は、もう得られないことを知ってるんだけど。久々に見ようかな。青春系以外だと「忘れられない人」、「マンハッタン花物語」、「トゥルー・ロマンス」も素敵です。

ジミ・シンプソンは今年中に「ウエストワールド」を見たいと思っているのですが、今年もあと3か月半。だんだん年内の予定がみちっと埋まってきたので、いつ見るかきちんとスケジュールを考えないとあっというまに年が明けてしまう。ちょっと焦ってます。



Bond 25

ダニエル・クレイグがTV番組でジェームズ・ボンドを続投することを認めました。ただしあと1作のみ。

Confirmed! Daniel Craig Will Return As James Bond

降りる降りない、続ける続けないと今まで散々うわさが飛び交ってましたが、本人の口からそう宣言されたからもう間違いないでしょう! お帰りダニクレ!

にしても、2:08~、
"Daniel Craig, will you return as James Bond?"
"Yes."
って、プロポーズか!(笑)


ストーリーとしては「スペクター」のラストがきれいに終わったので次作はもうスピンオフみたいな内容でもいいんだけどな。武器は壊さずちゃんと返してくださいってQにお説教くらうボンドとかさ、今までの被害額をボンドに請求するタナーとかさ、そういうのを延々2時間見せられても私はまったく平気ですよ……?

日本版Mojo

今日初めて知りました。まさかの日本で日本語版"Mojo"が上演されることを。
なにそれちょっと!見たい。とても見たい、すごく見たい!日本語で見て、自分がロンドンで見たのがどれくらい解釈あってたのか確認したい!!
公演場所は品川、スケジュールは2017年6月23日(金)〜7月14日(金)。最後の2週間ほどなら昼も夜もちょうど都合がつくし、これはもう行くしかない!ってチケット確認しに行ったけれど、すでに全公演売り切れでした……うぅ。

babyが歌を歌いながら登場したりリンゴ飴持って来たりスキニーと喧嘩したりポケットから取り出したキラキラの紙片をふりまいたりするのが見たいなぁ。舞台でのよく通る声で歌うウィショー君を今も決して忘れてないよ。

再演はないのかなぁ。ぜひともお願いしたいです……!


公式サイトにある注意事項には役者さんの入り待ち出待ちは禁止ってあって、そりゃそうだよなと思いつつもロンドンではどの劇場もそんなこと禁止などしていなかったから、つくづく向こうは気さくだなぁと思いました。劇だけじゃなくて公演後にキャストと話をしたりサインをもらえるのも魅力の一部なのかもしれないですね。夫はそういう交流があることで、劇場に通うファンが増えるんじゃない?と言っていて、なるほどそういう側面ももしかしたらあるかもなぁと思いました。