ハンニバル シーズン3


Hannibal_s3_poster.jpg


Hannibal Season 3 (2015)


うーん、これはどう感想を書けばいいのか……。思えばS2のラストがあまりにも劇的に美しくドラマチックでクリフハンガーだったから(そのシーンに流れた曲も素晴らしかった)、S3に期待しすぎた感はあった。あと、わたしはS3はレクター博士の逮捕がクライマックスであり、かつエンディングだと思っていたので中盤であっさり、しかも博士の投降というかたちで捕まったので、ええ~!? となっちゃった、というのはある。
打ち切りが決まってしまったので急なエピソードの変更があったのかなとも思いますが。レッド・ドラゴンのくだりはこの「ハンニバル」というドラマに必要だったのか否か、という疑問がどうしても拭えないんだよね。

それらを差し置いても、S3もまたすんごいエピソードの数々がぶっこまれてました。これアメリカではフツーにお茶の間にTV放映されてたんですよね? すげーな……としか言いようがない。
S2のラストで刺されたり撃たれたり落っこちたりした皆さんが全員生きてるってのには本当に驚いた。ひとりくらい死んでいてもおかしくなさそうなのに。ジャックもウィルもアビゲイルもあんなにまでされて血がばーっと出て死ぬ寸前まで行ったのにまだ生きてるって、それってもうほとんど生き地獄じゃないの!?

なんかね、いろんな愛が描かれていたのはまぁなんとなく分かった。でもそれ以上にハンニバル・レクターに関わった人間は全員ひとり残らず運命を狂わされてる、正しいと思っていたことがそうでなくなったりとか、なにかしら良心的なものをみんなどこか失ったように思えて仕方ないんだよねー。ジャックは妻のベラを安楽死させたんだろうし、ブルーム博士も前とはもう同じではないよね。マーゴットと一緒にメイソンを殺した罪をハンニバルがかぶってくれたということもあるし。そのブルーム博士とマーゴットのあいだに愛が芽生えてたのにはびっくりしたけれど。
あー、あと千代、千代が良かったよ! 彼女もまたハンバルに支配された人生で。監視する囚人がいなくなっても彼女はあの場所に戻ってひとりで生きてくのかと思うと。その人生に最後にあるのは絶対ハッピーとは程遠いものだろうし。
千代がいつも持つライフル銃、あれ、彼女に合うよう軽量化とかカスタマイズしてあったら最高だなって思いました。萌える。
そしてチルトン博士は最後まで可哀そうな人だった。
ラストのベデリアにいたっては……もうね、あの食卓で湯気が上がってる料理。形状からいって腕か足だろうな、とは思ったけれど、まさか自分の足だとは……!ここはただただホラーだった。

最後のウィルとハンニバルの運命は……あれも究極の愛なのかな、と。運命共同体というか。生死を共に分かち合えて彼らは幸せだったのだ、と解釈しました。私はウィルとレクターは互いに自分のことを理解してくれる人についに出会った、的な解釈をしてたんだけど、ドラマはもっと濃いものを前面に押し出してました。


このドラマ見てたらマッツ・ミケルセンって意外にも素顔や顔の造りはわりと地味なんじゃないかと思いました。でもくどいほど柄のうるさいスーツがサラっと似合ってしまうのが本当に不思議で。さすが北欧の至宝。素晴らしい。
ヒュー・ダンシーはねぇ、この人ほんっと乙女だなって……すみませんこんな感想で。彼はちょっと被虐心をあおる容姿だなって思う私もだいぶこのドラマに感化されているのかもしれない……?

S3の前半のロケ地、イタリアは本当に美しかったです。特にベデリアが傘をさして歩く後ろに立つ大きな建物。あれ、なんだろう? あんな建造物が普通にあるなんて、言葉を失いました。

hs3-Bedelia.jpg

DVDには特典映像もたくさん収録されていて、NG集はもちろん、他のもほぼすべて見ました。イタリアロケは修学旅行みたいで楽しかった、と話すマッツ、ヒュー、ローレンス・フィッシュバーンが本当に嬉しそう。
でもなんでハンニバルのファン(=ファンニバル)はみんな花の冠を被ってるのかよく分かんなくて。あとやっぱり熱狂的なファン(と上手に言い表してましたが)の熱い思いは分かるけどそれをぐいぐい前面に押し出すのはちょっと……。私は遠慮しておきますね……という気分。ああいうのはおおっぴらにはしないほうがいいと思っているので。


しかし今まで人生でたくさん映画やドラマを見てきましたが、ここまでえぐい死体の数々と病的に美しい絵面は出会ったことがない。逆に言うと、あんなにグロいシーンばかりだと、画像が芸術的にまで美しくないととても見ていられないとも言えます。なにからなにまで本当に逸脱したドラマでした。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1


tGotT-S1_poster.jpg


Game of Thrones Season1 (2013)


先日参加した東京コミコンで鉄の玉座に座った身としてはぜひ見ないとね、ということで、アマプラに来たのを機にS1を見ました。現在S7まであるからS1なんてほんと序の口のさらに序の口だろうから全体図はまだよく見えないし、世界観が壮大でほんの一部分しか描かれてないし見てないのだろうけれど。なのでざっと雑感で。
あとWikipedia読むなとか(絶対ネタバレを踏むから)、お気に入りのキャラクターを作るなとか(たいてい死ぬから)、いろいろ注意書きは散々聞いているので(苦笑)、そういうことは一切せずに視聴です。

S1はショーン・ビーンのストーリーテラーとしての物語をぐいぐい引っ張っていく力がすごいと思いました。確かに「ロード・オブ・ザ・リング」の時に比べたら歳は取りました。でも歳を重ねた渋さとその魅力がすさまじくてですね。
彼がS1で死ぬことは知っていたので(なんといっても「歩くネタバレ」の異名の持ち主ですもんね)、覚悟はできていたつもりでしたが。
ちょっとこれは……つらい……このドラマはHBOで放映なだけあって残酷な描写や性的なシーンがそれはもう山盛りだしそれが売りのひとつでもあるんだけど、ショーンの最期は直接的な描写はなかったにもかかわらず、ものすごくショックで。なにもあんな描き方することないじゃん、って。ほんと辛かった……。

ショーン演じるエダード・スタークの他に好印象なのは、ジョン・スノウ(演じるのはキット・ハリントンって知ってびっくり! 以前聞いたことある名前だったのでなんだか懐かしく感じました)、ロブ・スターク、アリア・スターク、そしてティリオン・ラニスター。ティリオンはあの眼差しがすごい。体は小さいのにものすごい存在感があって、武力ではかなわない部分を頭の良さで生き抜く賢さもあり、それでいて弱い人へのまなざしがやさしくもある。彼の動向がとても気になります。
ティリオン役ピーター・ディンクレイジは映画「ペネロピ」ですでに拝見してましたが、彼や「ブレイキング・バッド」のRJ・ミッテのように、体に障害がある俳優がエンタメ界に今よりもっとさくさん当たり前に存在する世界になると嬉しいな。

とまぁこんな感じで非常に薄っぺらい感想ですが、引き続きS2以降もコツコツと見進める予定。

THIS IS US シーズン1

this-is-us-s1-poster.jpg


This Is Us Season 1


これはとても上質なドラマですね。人間模様や心理描写がとても丁寧なされてて、最初から最後までどのエピも落ち着いて見られました。そして人の心を揺さぶってくれる名シーンや名セリフがたくさんで、中でもいちばんはやはりEp01で出てきたカタウスキー医師のレモネードのエピソードでした。
ただ、実は私はこのEp01でもっとも心を打たれたのは、3人目の赤ちゃんを亡くしたジャックが消防署の前に捨てられ、保護されて自分の子供たちの隣に並べられた保育器に入った赤子を養子にしようと決めたシーンでした。人生でもっとも辛い経験をしたのに、そんな決断を下したジャックがもうあまりに尊くて。並大抵のひとができることではないと思うんです。ここは号泣だった。
前述のレモネードの話は実はのちのエピソードで、今度はカタウスキー医師の過去が描かれたあとでもう一度同じシーンが出てくるのだけれど、妻を亡くしてなかなか立ち直れない状態であるけれど、それでも三つ子のひとりを亡くしたジャックにその話をして励した彼の勇気、というか、自分がジャックにできることはなにか、精一杯考えた結果なんだろうけれど、私はこのエピのレモネードのくだりは泣いてしまいました。その後カタウスキー医師は、ジャックが捨て子として運ばれたアフリカ系の赤ちゃんを養子にとって、赤ちゃんを3人抱いて退院したことを知って、ようやく妻の遺品に手をつけられるようになった、というのもあって。
当人たちは知ることはないけれど、誰かがほかの誰かによい影響をもたらしたり幸せを運んでくるといいうのは、とても心暖まりますね。本当に上質なドラマだと思いました。
その三つ子、ケヴィン、ケイト、ランダル。S1は、実の父親であるウィリアムを見つけ出したところからドラマが始まるのもあって、実質S1はランダルが主役かなぁ、と思いました。そのランダル。冒頭で、ようやく自分の父親を見つけ出して、いきおいよくウィリアムの家に押しかけ、捨てられたけど今は成功してる、なにも不自由していない、俺は立派に育ったんだと言いうだけ言ったら去るつもりだったのに、最後になぜか「……うちに来る!?」と。それはランダル自身にも予定していなかった言葉であり、ウィリアムを連れて帰ったことに驚いた妻のベスがいったいどうしちゃたのよ、と訊ねるも「自分でもどうしてか分かんないんだよ!」と、泣いてるのか笑ってるのか戸惑ってるのか、多分その全部かな、そう言った時の表情がもうめっちゃくちゃうまくて、すごいなこの役者さん! と一気に引き込まれました。
そのランダル役スターリング・K・ブラウン。今年のGG賞では主演男優賞を受賞してて、あぁやっぱり実力ある人なんだなぁ、となどと思いながらぼんやり見てたら、知り合いがこの人うまいよねー、POIでビーチャー刑事だった人だよねーって何気なく言った言葉に私はえーーー!!!とびっくり仰天でした。全然気がつかなかった……まじかよ……。
ランダルはガンで余命いくばくもない父親を思い出のメンフィスに連れ出し、ウィリアムはそこで息を引き取りました。ウィリアムは旅に出る前にまずジャックの墓を訪れ、息子を立派に育ててくれてありがとう、と礼を述べ、ランダルはかつて父親が自分にしてくれたように、命の灯が消えようとする父親の頬を両手で挟み、優しく見送った。血は繋がっていなくても、そこには確かに父と子のつながりがあり、受け取ったものを別の人にわけ与えることができたランダルは幸せだったと思う。それを受け取って死んでいったウィリアムも。これは本当に素晴らしいシーンでした。
人生は短い。後悔のないように生きたい。父親を看取ったランダルがそう思うのも無理はなく、以前から齟齬をきたしていた会社に乗り込み、辞めます、と。続けて言ったのは「見た、来た、勝った(Veni, vidi, vici.)」。この台詞をこのドラマでも見られるなんてー!
そしてなんとランダルはベスに、赤ちゃんの養子を迎えたい、と。これは自分は養子だったけれど愛情深く育ててくれた両親に対する恩返しと、親のいない赤子を自分が育てることで次世代への恩送りをしたいのかも、と感じました。

さてランダルの兄と姉(になるのかな?)、ケヴィンとケイトですが。ケヴィンのパートはちょっと都合よすぎというか、うまく行きすぎな感があってなー。そもそも初のオフブロードウェイに立つというのに初日、しかも開演のブザーが鳴った直後に舞台をすっぽかし、それがランダルのためとはいえもう一度初日をやり直してそれを見た映画監督のロン・ハワード(まさかの本人出演でした)から次の新作のオファーが来るってそんなうまい話があるかー。
ケヴィンは俳優という仕事柄容姿もいいし、当然モテるからS1でも共演女優と、その女優と別れた次は舞台の脚本家と付き合うのだけれど、本当の愛を伝えたいのは誰だ? とトビーに言われて駆けて行った先が元妻のところってのはびっくりしました。結婚してたことがあったのですね。どうしてもケヴィンのパートは恋愛模様にフォーカスされがちだけど、S2ではもっと他の部分も見たいな。
ケイトは子供のころから太り気味だったけれど、どうやら父親の死も肥満に関連しているようで……? アメリカのドラマはそう簡単に謎を明かしてはくれないわけで、ジャックの死の真相もS2に持ち越しとなりました。しかしジャックが好人物であればあるほどいつか描かれる彼の死が辛いものになりますね……。
ケイトの婚約相手のトビーがほんとにいい奴で。時にはやり過ぎ感もあるけれど、人生、辛い時ほどユーモアや笑いが大事。ケイト、トビーの手は絶対に離しちゃだめだよ! って応援したくなりました。

最後にビッグ・スリーことケヴィン、ケイト、ランダルの両親、ジャックとレベッカ。彼らは本当に貧しい状態から結婚して家を手にいれ、望んでようやく妊娠したと思ったらなんと子供は三つ子。想像だにしていなかったことだし、互い不仲らしい両親の手助けもそうないだろう中で、本当に頑張ったと思うのです。
だって、三つ子ですよ。三つ子ですよ!? 考えただけで卒倒しそうです、私は。育ってしまえばいっぺんで終わるけれど、生まれてから多分3歳くらいまでの記憶ってたぶんジャックもレベッカもあまりないんじゃないかな。それはレベッカがスティーヴン・キングの新作を何年経っても読み終えられない、というエピに集約されてたかと。
だから最終話でのふたりの大げんかはとても悲しくもあった。どちらも悪いとは思えないし、どちらもそれぞれ自分のできることを精いっぱいやってきた。でもすれ違ってしまったんだよね。
レベッカが叫んだ「自分の時間なんてなかった!」っていう言葉、めちゃくちゃ突き刺さりました。ほんとそれ。人生すべてを抱えきれないのなら、なにかを手放すしかない。レベッカは子ども3人のために、10年以上自分の人生を手放さざるを得なかったわけで。分かりすぎるほど分かる。ただただ頷きながら見てました。
ジャックの「俺だって必死に働いてきた!」という言葉もまた同じで。実際ジャックってものすごく家族を大事にしてて、多分自分の家族がそうでなかった反動なのかな、とも思うけれど、理想的すぎるほど素敵な父親で。でもたまにはどちらも妻じゃない、夫じゃない、父じゃない、母じゃない自分でありたいと心の底から猛烈に思うときがある。
どうか早く仲たがいを解いてね、と祈らずにはいられませんでした。
S2が楽しみです。

そんな素晴らしいドラマですが、苦言を呈すなら、やはりケヴィン役の吹替でしょうね……。うーん、慣れればいいのだろうけれど。でもさすがにちょっとこれは。しかもケヴィンって俳優の役なのに、その吹替が下手ってそれはあかんでしょう……。


Ep10にランダルにボートを売りつけた会社の同僚アンディ役でジミ・シンプソンがゲスト出演してました。

モーツァルト・イン・ザ・ジャングル シーズン4 (追記あり)

Mozart-in-the-Jungle-s4poster.jpg


Mozart in the Jungle Season 4 (2018)


S4のファーストインプレッションは、
マシ・オカー! 加瀬君も出てるのかー!
でした。
S4はのっけからロドリゴとヘイリーのラブラブな毎日から始まるのだけど、私はこのふたりには付き合ってほしくなかったので……うーん、なんというか、世界的な指揮者であるロドリゴにもプライベートな部分があるのはもちろん承知だけど、マエストロって呼ばれている偉大なコンダクターであるロドリゴは、ヘイリーにとっては良き指導者であってほしかったのかも。簡単に男女の仲にならないでよ~って思っちゃって。ってこれS2、3の感想にも同じことを書いたけど。
なのでS4はロドリゴとヘイリーの関係にかなりの時間を割いているのもあって、それを除くとロドリゴが支持するユース楽団の行方、NY交響楽団のスポンサーになった日本企業の社長(この役がマシ・オカでした)のお願いで日本で指揮することになったロドリゴ、指揮者のコンクールに出場するため同じく東京に行くことになったヘイリーのあたりは面白かったかな。
屋外での指揮者のコンテストとアフター・パーティの部分が札幌でロケしたシーンですね。あ、あとベティも日本に来たのは嬉しかった。実は私はベティがすごく好きなんだと気がついた。
ヘイリーがオーボエ奏者じゃなくてもうすっかり指揮者な方向に行くので、このまま彼女はオーボエではなく指揮棒を携えて新しい人生を切り開くのかなぁ、とも。指揮をするヘイリーの目が輝いていてとても活き活きしていたので、彼女は実はこちらのほうが合うのかも。
続きが気になりますが、どうだろう、1年後くらいに見られるかな。

そしてモートン・ノートン役でゲスト出演のエマさんですが。
声を聞かなければマイケル・エマソンって分かんない。絶っっ対分からない。それくらい思いっきり外見からアレなおもろいキャラクターでした。4話目ではモーツァルトの歯ブラシ(笑)を求めてロドリゴとヘイリーがクラシック音楽家の私物を収集するのが趣味のノートンの家を訪ねるのは分かるけど、9話目でノートンがロドリゴの居候しているアパートメント(なんとこのアパートメントの外観はPOIの111、裏窓回で使われたのと同じでした)にやって来た時は、この人この格好でここまで来たんだ……? しかも同じ格好した御付きの者も従えて……? って考えるともうめちゃくちゃ爆笑だった。これくらいぶっ飛んでるのもいい。最高。
普段なにして食ってるんだって謎なキャラクターだけど金持ちだって言ってたし、Fワードを言うのも新鮮。
強烈な収集家のモートン・ノートンが「コレクションしている音楽家で生きてるのは君だけだ」なんて言うからもうロドリゴ本人をコレクションしちゃえ! って思いました。
あとガエル・ガルシア・ベルナルがちっこいのと、濃い色の髪やとんがった眉毛等、体を縁取る線がいつもより太くてはっきりなのもあってエマさんがすごい大男に見える……。

「レフティ・ブラウン」の時も思ったけれど、好きな俳優さんの新しい出演作が見られるのがこんなに嬉しいなんてね。


2018/04/09追記
残念ながらS4を最後に打ち切りとなりました。

Mozart in the Jungle Cancelled at Amazon After Four Seasons

ハンニバル シーズン2

hannnibal-s2-poster.jpg


Hannibal Season 2 (2014)


S1は圧倒的にレクター博士が優勢で、最初から最後まで押されっぱなしなうえ逮捕されたウィルが不憫に思えちゃって。S2にいたっては捕まったウィルの代わりに博士が犯罪現場に出向いてプロファイルのようなことまでしているので、中盤でウィルが釈放されて攻撃に転じるあたりからがぜん面白くなりました。ウィルが髪を切ってイメチェン(……イメチェン??……って言っていいよね?)して容姿がすっきりしたのも大きかったかな。ヒュー・ダンシーの首がほっそい。
ウィルが自由の身になって心身ともに博士対ウィルの対等な構図になったのと、Ep09でハンニバルの自宅の机の上にランドールの死体を載せて「これでおあいこだ」っていうのが最高だった。今までは立ってても座ってても常に向かい合わせだったのが、ここからはふたりが隣に並ぶようになったことで関係が大きく変化したのが分かる、しそのままラストまで一気に持っていく展開は素晴らしかった。ウィルがレクターと対峙するのではなく、博士に共感や同調のような心理をのぞかせるとぞっとするほど怖い人に見えるのが不思議。本人も気づいていないけれど実はウィルにもレクターと似たような本質があるのかもしれないね。
そしてシーズンフィナーレ。これはもう、なんと形容すればいいのか。てんこ盛りというか、驚愕の展開で心がついていけないほどのすさまじさ。レクターを出し抜くはずだったウィルは計画がバレて博士に刺され、レクターに銃を向けたアラーナを窓から突き落としたのはなんとアビゲイル! えー、彼女生きてたんですか!? 今までどこでなにしてたんだろう!? さらにアビゲイルに亡くなった妹の面影を見出していただろう博士は彼女をも刺してしまい、最後は悠々と自宅から逃亡ですよ。そしてイタリア行きの飛行機内のレクターの隣に座るのはなんとモーリア博士。もうなにがなんだか、いったいどういうことなの~~~???
頭の中が疑問符だらけ。モーリア博士の行動もS3の鍵になるのだろうか。彼女もまたレクター博士に操られたり利用されて最後は……という展開なのか!? もうもうもう、言葉でうまく言えない最終回で、うわー!と叫びたくなりました。これはS3が楽しみで仕方ない。

あと雑記。
記者のラウンズの死の偽装は今後どう活かされるのだろうか
博士はウィルに興味深々ってのはS1の時から思ってたけど、実はウィルも似たようなものなのかもしれない
レクターが弟子でもあるアラーナと寝たのはちょっとびっくり。この人、自分がいちばん大好きで天才だと思ってるだろうからそういう面に対して実行に出るのはなさそうって思ってたのでねー
ビヴァリー・カッツが好きだったので、スライス標本にされちゃってここはめっちゃ見るのきつかった……
元外科医で今は精神分析医、ウィルに対してだけでなく、FBI訓練生のミリアムには自分を監禁して腕を切り落としたのはチルトン博士と思わせる暗示をかけることもできるなんて、そんなのレクター一強というか、ちょっと強すぎじゃん?
ウィルと博士がまさかの共犯者めいた関係になってからのただならぬ雰囲気がヤバい。このドラマは公式が腐ってるって聞いてたけどほんとだったんだなーって……(苦笑)

最後にゲスト出演の俳優をピックアップ
FBIのプラネル監察官にシンシア・ニクソン。
ウィルの病棟で働き、ハンニバルを首つり状態にしてもう少しで殺せる状態に持ち込んだ看護士。なかなかの健闘でした。演じるはジョナサン・タッカー。
Ep08、厩舎で動物の世話をするピーター役に、LOSTで私の大好きだったダニエル・ファラデー役ジェレミー・デイヴィス! 
ジャックの妻に「SUITS」のジーナ・トレス。彼女のこのドラマでの役は若干「ウエストワールド」のバーナードの妻役とかぶりますね。

さてわたし、S1の感想で「マッツの顔色があまりよくないように映ってる」って書いたんだけど、これ、我が家のTVのせいだってことが分かりました。買い替えたTVで見たらそれはそれはもう美しい画像で、特にこのドラマは全体が紫がかったような沈んだ色で撮ってあるせいか、黒が多いんだけどその黒がとてもきれいに出ていて。レクター博士の凝ったスーツもとんでもなく素敵でした。ごめんなさいマッツはなにも悪くありません。悪いのはうちのTVでした。

それにしてもS1に続いてこれでもか、という有り様の死体の数々が出てきてですね。ちょっとお行儀が悪いのですが、わたしはお酒飲んでなにかつまみながらドラマを見るのが好きなのだけど、ここまで激しくグロいシーンが出てくると、さすがにつまみに伸ばした手も止まりますね……。S3はなにも食べずに見よう……。