ロンドン最終日 ~復路がまさかの欠航~

もう映画関連の旅行話はありませんが、ネタかつ忘備録として書いておきます。

最終日2/9。この日は帰りの飛行機が、19:00発。それまで一日フリー♪わーい、何しよっかなー、と、うきうきな気持ちでホテルで朝食取っていたら、携帯に1通メールが届きまして。

送信元:JAL
件名:欠航のお知らせ

思わず飲んでいた紅茶を吹きそうになりました。なにー、欠航だって!?あの、こういう時はどうすりゃいいの!?


慌ててホテルの部屋に戻って、JALのHPをじっくり読んでみると(ほんっと、iPad持って行って良かった…)、席の振替の手続きは、ツアーで参加の搭乗客は、ツアー会社に連絡取ってね、とあるので、営業時間になるのを待って、ホテルの部屋からJTBの現地オフィスにTEL。が、どうしても部屋の電話機から外線に掛けることができず(結局、市外局番をはずしてかければいいことがあとから分かった)、フロントに降りて行って、この番号にかけたいんだけど、うまくいかない!助けてーってお願いして掛けてもらって。

で、現地オフィスの人も、欠航になったことは私のこの電話で知ったらしく、「ツアーの客はツアー会社で手配してもらってって書いてある!」て主張したので、折り返し(40分くらい待った)ホテルの部屋に電話連絡をしてくれて、すぐに翌日の便に振り替えてもらったのと、保険やクレカはどこの会社のを持っているか、と聞かれたので、セゾンカードを持ってるって言ったら、JTBのこの電話ではホテルの手配は出来ないけれど、このまま電話をセゾンカードのオフィスにつなげることができるから、その日のホテルの予約を取ってね、と言われ、すぐ電話がセゾンのデスクに代わり、予算とか聞いてくれつつ、ヒースロー空港ターミナル5近くのホリデイ・インの予約を取ってもらいました。

で、これらの手続きがすべて終わったのが、11:40頃。チェックアウトが12:00だったけれど、ぎりぎりセーフで全ての用件を済ませられたので、何の心配なく、この後市内を楽しく観光→ホテルに戻って荷物をピックアップ→地下鉄でヒースローT(ターミナル)5まで行き、そこからシャトルバスでホテルに着き、ゆっくり過ごせました。

でも実は、ホリデイ・インにチェックインしようとフロントに行ったとき、あらかじめJTBオフィスの人が私の携帯メアドにpdfでホテルのバウチャーを送ってくれたのを見せたのに、「予約が入ってない」って言われて。でもここにバウチャーあるし!と主張。結局フロントのお姉さんが「ちょっと待ってて!」て言ってバックオフィスにこもって3分くらいで、お部屋取れたよ、って戻ってきたので、ほっ。

このバウチャーも、実はJTBの人があとから携帯に電話してきて、念のためメールでバウチャー送っておきましょうか~って言ってくれたから、そうだね、じゃあそうしまーす、と軽いノリで送ってもらったものだったけど。これがなかったら、自分の乗る便が欠航になって、代わりに代理店がこのホテルでの今夜の1泊分を予約してくれて…とかなんとか、全部、英語で!説明する羽目になっただろうから、本当にね、ラッキーというか、何もかもうまくいったのでした。


実は私、10年前に、夫と初めての海外、しかも個人手配でアメリカ・カナダを訪れた時、多額のお金が入ったお財布を失くす経験をしてまして。当時はトラベラーズチェックでお金を持って行ったので、現金は戻ってこなかったものの、現地のトラベラーズチェックを管理している会社に、英語で(!)電話でやり取りして、10ケタの暗証番号を発行してもらい、最寄りのドラッグストアのカウンターでそれを伝えてお金が戻ってきたので旅を続けられたけど、その手続きに、2日半を費やしたことがありまして。

とにかく、本当に本当に大変だったので、それを教訓に今回早めに動いたのが良かったけれど、もし、あらかじめJALにメアドを登録して、お知らせメールが届くようにしてなかったら、それこそ、当日空港に着いて、初めて欠航を知って、茫然としていたかと思うと、本当に今回はうまくリカバリーできたな、と。みなさんツアーや添乗員がいない海外旅行でこういう目に遭った場合は、どうしてるんだろ?

まぁ結果うまく行ったから言えるんだけど、いい経験になりました。お金失くした時に比べれば、全然軽症ですよ…。それにしても今回は、欠航と地下鉄のスト、と、交通機関は鬼門でした。


で、1泊余分な旅行になっちゃったけど、無事ホテルで最後の夜を過ごしたので、白ワインとぶどうで乾杯。

wine_and_grapes

翌日は天気も良く、しかし乗る予定の飛行機が遅延で3時間遅れになりましたが、ブリティッシュエアウェイズ専用のT5に早めに着き、持ってきた文庫でひたすら読書。JTB現地オフィスの人が、無事チェックインできたかどうか、私の携帯に数回電話をくれました。お世話になりました。


最後、見送るように、空には虹が掛かりました。美しくって、嬉しくって、ちょっと泣いた。ばいばい、イギリス。また来るね。今度は家族と一緒にね。


heathrow_rainbow

帰りの便のエンターテイメントはかなり充実してて、日本語字幕や英語字幕こそないものの、"The Fifth Estate"、"Star Treck into Darkness"、"Thor:the dark world"と、見たい映画てんこ盛り!だったのに、食後猛烈な眠気に襲われ、ソーを最初の15分見た時点で、メガネかけたまま、ヘッドフォンも首に掛けたまま、6時間近く寝入ってしまったようで。
次に起きたら、残りの飛行時間2時間!うそー!(そうとう寝こけてたようで、起きたら、隣に座っていたスペイン人から"Hello!"と言われたくらい)

慌てて2度目の食事食べながらスタトレ見ましたが、うん、最後まで見られなかったよ…がっくり…。ベネは体鍛えてたね。そして私の目的はやっぱりカール・アーバン♪


2/11、1日遅れて無事帰国。東京、ロンドンより寒い!


荷物はこんな感じ。行きは青いボストンバッグはなし。そして行きのキャリーケースの重さはぴったり10kgで、機内持ち込み可でした(機内持ち込みの重量制限が10kgだった)。

luggage_bag


お土産。今回の旅行は家族以外の人にはほとんど誰にも話してなかったので、義理土産の類は一切ナシ。

間違い探し

souvenir-1

souvenir-2


以上、長い旅行記はこれでおしまい。annexの方に、別件でちょこっと記事あります。

今回は、本当に色んなことに恵まれていたし、ウィショーに始まり(ロンドンに着いてから目にした、あのPVの衝撃と言ったら!私の中ではビジュアル的にも内容的にも史上最高のベン・ウィショー!)、ウィショーに終わった(最後に読んだ文庫本は「香水」)素晴らしい旅でした。無事行って帰って来られたことに、快く送り出してくれた夫に、留守中子供たちを見ていてくれた親に、道中、アップし続けたブログにコメントを下さった「終日暖気」の武田さんに、心から感謝。

もともとは、ドラマ「シャーロック」で英国行きに火が付いたのに、いつのまにか目的がウィショーに変わってましたが、次回はぜひ、シャーロックのロケ地めぐりもしたいです。その頃には無事ドラマも終わっているだろうし(ということは、4年後くらい?)
まぁ次は間違いなく子供も連れて行かなきゃならんけどね。「ねぇおかあさん、どうして病院の屋上の写真なんか撮ってるの~?」って聞かれそう。

ロンドン街歩き ~その他色々~

あとはテーマ別に紹介できなかったその他色々。写真多め。

V&A(ヴィクトリア&アルバート博物館)

ミュージアムショップが充実。

カフェには、モリスルームやギャンブル・ルームと名付けられた、シックでゴージャスな部屋もありますが、こちらはとにかく人気で空いてる席は見つからず。朝一番で行けば写真も撮れるし座ってゆっくり飲食が出来るかも。これ次回の課題ね。

ギャンブル・ルームのみ写真撮ってきました。

v&a-2

お盆は何の柄かしら

v&a-1

たったこれだけの量なのに食べきれなくて、半分は紙でくるんと包んで持って帰っちゃいました。


トイレ(の壁のタイル)もいちいちおしゃれ。これは車いす&おむつ替えシートのあるベビー用のちょっと大きめのトイレ

v&a-3 v&a-4


・地下鉄の広告。広告・サインの類が大好きな私。

段差に気を付けて、駆け込み乗車に注意、エスカレーターは慌てない、等のポスター。

underground_sign-1 underground_sign-2 underground_sign-3

段差って、てっきり、電車よりホームの方が低いものだと思ってたら、なんと、ホームより、車内の床面の方が低い駅があって、衝撃!こりゃ確かに、ぼーっとしてたら踏み外すな…。

underground_gap

・今回は地下鉄のストライキ(2/5-2/7)に遭って、すべての駅が営業してない線があったり、走ってても一部の駅が閉鎖されている線があったり。閉鎖されている駅は、真っ暗でだーれもいない様子なのを、通り過ぎる車内から見ました。わー、ちょっとしたホラー。
TVのニュースもストのことばっかり。でも、開いている駅の改札口にはたくさんの係員がいて、お客さんからの質問に答えたり、案内をしてたりで、スト中なりに、親切だと思ったけどなー。
まぁ、地下鉄のストライキなんてあまりないだろうから、いい経験になりました(多分)。

そうそう、地下鉄自体はすごく分かりやすいし、乗りやすいし、OysterCardは日本のSUICAと全く同じです。ただ乗り越し精算だけはできないから、私は係員のいる窓口で、現金(というか小銭)でちょくちょく加算(topup)しながら使いました。帰りはこれまた地下鉄の窓口で払い戻しをお願いすれば、デポジットの5£とともに残金が返ってくるから、本当に便利なんですよー。

・楽譜を探して、SOHOにあるYAMAHAのお店に行ってきました。1Fは楽器売り場、地下が楽譜&小物売り場。お目当ての楽譜はなかったんだけど、ミュージカルのオーディション用選曲集、といったものもあって、もう本当に、プロや、プロを目指すひとたちのためのものが、あちこちにあるな、という印象。

・泊まったホテルはロンドン塔とタワー・ブリッジのすぐ近く。ビジネス街でした。ホテルの宿泊客に日本人がいなかった…。
ピカデリーサーカスやトラファルガースクエアまでの電車と時間が必要だったので、次回はもっと中心地に宿を取るべし。今回はぎりぎりの申し込みで選択の余地がなかったからだけど、多少のお金を払ってでも、その方が結局は便利。

Tower Bridge -Day
londonbridge-day

Tower Bridge -Night
londonbridge-night

ロンドン街歩き ~本屋さん~

ロンドンで楽しみにしていた本屋めぐり。一番気に入ったのは"Foyles"(フォイルズ)。ここの店内は、各ジャンルごとにちゃんと専門レジとスタッフがいるんです。いいなぁこういうの!私の働いてた書店は、当然だけど集中レジだったので。がーっとお客さん捌くのが仕事みたいなもんだったから。

カウンターの後ろには、もちろん客注の本が、オーダーの紙が挟み込まれた状態で、ずらっと棚に並べられたりして、そうそう、こんな感じだよねー!と。あぁ、1週間くらい、ボランティアで働かせてください!!

ここは、SOHOの本屋さんなせいもあり、劇関連の本が、かなり充実。あと、後述のWaterstone'sでもそうだったけど、映画関連のコーナーに行くと、日本でも売っている有名俳優や監督のバイオグラフィ本や、映画関連本ももちろんあるんだけれど、それ以上に、演技の本、脚本の書き方、撮影の仕方、などなど、プロが読むと思われる本ばかりに棚の多くがとってあって!圧倒されました。
もちろん映画の隣の棚は演劇で、シェイクスピアとか演技メソッドとか、オーディションを受けるときに参考にする本とか、劇場案内本等。もう、すごい、すごいです。あぁやっぱり、シェイクスピアが根本から染み込んでいる国なんだなぁ。


Foyles 外観

foyles-2

子どもの本コーナーには、水槽まで!

foyles-1

こちらはピカデリーサーカス近くのWaterstone's。

俳優のバイオグラフィ本。昔の俳優が多い。

waterstones

これはヤングアダルトのコーナーだったかな?

reading


こちらはたまたま通りかかって見つけた本屋さん"Hatchards"(ハッチャーズ)。イギリス最古の書店で、ロイヤルワラントが3つも掛かってる、そうとうな老舗です。中もシックな作り。本自体の蔵書はそんなに多くない。映画のコーナーはなかった。

Hatchards-1


Hatchards-2


あと、これは通りかかったお店のディスプレイ。これ、本当は全部で4段飾ってあったのに、店の親父が他の雑誌に差し替えようと片づけ始めたので、慌てて写真を撮った次第。もっと真正面からたくさん撮りたかった!
ロンドンでヴィゴにも会えるなんて嬉しいわー。多分、新作"The Two Faces of January"のプロモで表紙を飾ってると思われます。

newsstand_viggo

ロンドン街歩き ~ウィショーや映画編~

・渡英前にナショナル・ギャラリーのHPで調べたら、例のターナーの絵

「解体のため錨泊地に向かう戦艦テメレール号」(The Fighting "Temeraire", tugged to her Last Berth to be Broken up)

別名"Bloody big ship"(笑)は、なんと他の美術館に出張中!わーショック。しかも、どこか遠い国へ行ってるんじゃなくて、すぐ近くのグリニッジ海洋博物館で開催されてる"Turner and the Sea"に移動中だって…。もー、あの絵はナショナル・ギャラリーに永久保存、門外不出にしておいて下さい!

というわけで、ナショナルギャラリーには行きましたが、中は見てません。主に休憩と、寄付をしてきました。
1995年にイギリスに行ったとき、記念に25ペンス硬貨を1枚持ち帰って、それから19年間、またイギリスに行けますように、と願掛けのように、失くさずずっとお財布の中に入れていたのですが。
今回この硬貨、どうしようかな?と考えましたが、なにかの買い物に使うより、こういうところへ戻ってもらった方が私も嬉しいな、と思って、寄付してきました。このコイン、やっと国に帰れたね。19年もありがとう。私もよく失くさず今まで持ち続けてたな、と感心。

National Gallery -Day
nationalgallry_day

National Gallery -Night
national_gallery_night


・ウィショー卒業のRADA(The Royal Academy of Dramatic Art)。ここって、毎年28人しか新入生を採らないんですって!もうその時点で少数精鋭、選りすぐりなんだ…!
(追記。入学後のコースがいくつかあり、正しくは、俳優コースの新入生採用が28人。毎年、世界各国から3000~4000人の応募者があるということで、たいへんに狭き門です。
8年前の記事ですが、こちらで当時のRADAの校長先生のインタビューあり)

卒業生も名だたるメンバーばかり。もう羅列してたらキリがないのでこの辺りで見てみてください。ショーン・ビーンもRADA卒だったんだ!

rada-1

rada-2 rada-3

クラシックなエントランスですが、建物をぐるっと反対側に回ると、モダンなエントランスもあるよ(ちゃんとスロープもあった)。一般の人も、建物内のカフェを利用できるみたい。私が訪れたのは日曜日だったので、入り口は閉まってました。


・泊まったホテルの最寄の地下鉄駅以外で、一番利用したのはチャリング・クロス駅でしたが。ホームで電車待ってる間にぼんやり構内を眺めてて、ありー、これってもしかして?と思い調べましたら。「スカイフォール」での「ボンド、乗ってください」のシーンはやっぱりこの駅で撮影(映画ではテンプル駅として出てくる)。

そしてこの駅は、「ボーン・アルティメイタム」「ヒア アフター」でも使われてます。


正面から撮り忘れちゃいましたが、どう見てもカラフルなかまぼこ

charingcrossstation


・SOHOをお散歩中に偶然見つけた、20世紀フォックスイギリス支社の建物!うわー!素敵。お賽銭上げて拝みたくなりました。これからも素敵な映画をよろしく。

20cfox_london


キーツハウス(ブライト・スター)とか、MI6(スカイフォール)のモデルになった建物とか、ヨークまで足を伸ばしてキャッスル・ハワード(ブライヅヘッド)とかね、他にも行きたかったウィショーゆかりの場所は、他にももちろん色々ありますが、また次回の楽しみにとっておきます。

でも「次回」っていつなんだ。

MOJO 千秋楽後のバックステージドア

カーテンコールの後バックステージドアにキャストが出てきてくれるらしく、ものすごい人数が集まってた!多分150人以上いたと思う。あまりの人の多さに、劇場のスタッフが、前の道路を車が入って来られないよう、テープを張って封鎖。これで安全が確保されました。これって千秋楽だから?それとも毎回こうなのかしら?


ドアのところにずっと立ってたスティーヴ・ジョブズ似の劇場の男性が、

あと5~10分くらいでキャストが出てきます、もうちょっと待ってて!

と数回説明し、とうとうキャスト全員(!)が登場。再び彼が、

サインを欲しい人は壁際に並んで待ってて!壁際に並んで下さい!

と説明。ものすごい人数と歓声なので、大声で言わないと皆に聞こえない。


キャストは10分くらいかけて、壁際の通路となった空間を行ったり来たりしてサイン。コリン・モーガン、ダニエル・メイズ、ブレンダン・コイル(サングラスに付け髭というおちゃめな姿)の3人は、サインだけじゃなく、バックステージドアの前で、カメラを掲げるファンの姿を逆撮影したり。3人で肩を組んでファンにポーズ。

とても風が強くて寒い夜だったのに、ベンはアンダーシャツと薄手の黒のセーターだけ、という格好でサインしてました。トム・リス・ハリスも同じく薄手の長袖シャツだけ。ルパート・グリントはお約束のパーカー&フードをかぶった姿。

前述の3人がドア前で色々してるうちに、ベンがいちばん先にドアの向こうに消え、その後ルパートだったかな。トム・リス・ハリスが前述のダニエル・メイズたちに加わって写真撮影に応じたり、と、色々賑やかな感じが続きました。

そんな感じでキャスト全員がまた建物内に戻って終了。時間にして15分もなかったと思う。


前述の男性が

以上で終了です!皆さんありがとう!

の声で、皆わらわらと解散。その後も、バックステージドアから帰路に着くキャストを待っている人たちがけっこういました。

兎にも角にも、すごい熱気でした!


集まってる人、人、人。キャストが出てくる前ですでにこの状態。ですが、写真が暗くて分かりにくいね…(クリックで多少大きくなります)

mojo_backstagedoor

テープで封鎖された道路




既に劇場の前には、解体されたセットを運ぶためのトラックが横付けされて、作業が開始されてました。ホントに終わったんだねー。


【追記】
YouTubeにこの時の動画が上がっていました。コリンのファンが撮ったようで、コリン多め。

白っぽいパーカにフード部分が赤い服を着てるのがコリン・モーガン
1:12頃ちらっと写る緑のフードを被ってるのがルパート
薄手の黒のセーターにオールバックがウィショー
金髪でいちばんよく分かるのがトム・リス・ハリス

といったところです

http://www.youtube.com/watch?v=lpQD19FS258