the Bourne Supremacy

The Bourne Supremacy (2004)

2004年の映画を2017年の今見ると、ボーン役マット・デイモンもキリル役カール・アーバンもわっかーい!ってなりますね(にこにこ)。でもマットをこの役にあててくれてほんとありがとう!って毎回見るたびに感謝したくなる。もう数え切れないくらい何度も繰り返しばかみたいに見ている映画でもあります。好き。

劇中での重要な台詞は以下の4つだと思うので、それを抜粋してみようかと。

MARIE : Because sooner or later, you remember something good.
BOURNE : I do remember something good. All the time.
過去の記憶が未だ曖昧で悪い記憶が悪夢となって繰り返し見るボーンを励ますように「きっといつかいいことも思い出すわ」と言ったマリーに「いい思い出は覚えてる。いつも」と返すボーン。彼にとってのいい思い出=マリーとのこと、なんですよね。記憶がないボーンが生きるあやふやな世界と自分を繋いでいてくれるのはマリーだけ。だからこそ、トレッドストーンに追われていると思ったボーンが、
"We don't have a choice." (選択肢なんてない)
と言ったことに対して
"Yes, you do." (いいえ、あるわ)
と断言したマリー。しかしそれが最期の言葉となったマリーが死んだことでボーンは生き方や考え方を変えたと思うし、アボットに対しても
"She wouldn't want me to."
マリーがいやがるから殺さない
と言ってボーンが殺すのではなく、録音した会話が入ったレコーダーと銃を机の上に置き、アボットに自首か自殺、どちらにするか自分で決めろと部屋を出て行く。
そして非公式で最初の任務となったロシアの政治家、ネスキーとたまたまそこに居合わせた彼の妻を暗殺したことを思い出したボーンは、ロシアへと赴き、事件以降孤児となったネスキーの娘の元を訪れ、
"When what you love gets taken from you, you wanna know the truth. "
愛する人を奪われたら、真実を知りたくなる
と話す。

"There's no place it won't catch up to you. It's how every story ends. It's what you are, Jason, a killer. You always will be."
アボットから「どこにいても追われるんだ。過去は変えられない。お前はこの先もずっと暗殺者だ」と言われたけれど、ボーンは続く「アルティメイタム」でやっと記憶を取り戻し、それでも殺人という罪を背負ったうえで自分の意志で正しい方へと生きてこうとするラストだったので、彼は愛する人を失っても、その先どこで何をしていようとも必ず希望がある人生を送ってると信じてる。だからこそ余分な続編は作らないでほしかったな~!って思ってます。

はー、ほんとこの映画は好きすぎる。モスクワでのカーチェイスのシーンは最高だし、アクションと撮影方法がこれ以降に生まれた作品に多大な影響を与えたことは007なんかを見ればよく分かるよね。POIも間違いなく影響を受けているし、私は最初の頃はジョン・リースはボーンにとてもよく似てるなぁと思いながら見てたくらいなので。
それほどにアクション映画のターニングポイントになった作品だし、これを映画館で観れたことは本当に幸せだったと今も思う。そしてやっぱりジェイソン・ボーンという人物の描写と解釈が素晴らしい。これに尽きる。だから何度見ても新鮮で心に響いてくる。もう本当に本当に大好きだ。

ピッチ・パーフェクト、ピッチ・パーフェクト2

pitch_perfect-poster.jpg pitch_perfect2-poster.jpg



Pitch Perfect (2012)
Pitch Perfect 2 (2015)

明るく楽しく元気よく。そして見た後ハッピーになれる映画。最近私はちょっと疲れてたようで、こういうのを求めていたみたいで。今の気分にぴったりでした。そんなに難しいこと考えず楽しく見ただけなので、軽~い感想。

なぜこれを見たかというとアナ・ケンドリックが出てたからです。「ザ・コンサルタント」ではすごくちっちゃく見えたのは隣にいるのが192cmのベン・アフレックだからかと思ってたけどそうじゃなくて彼女は身長が157cmなのでほんとにちっこかった。んん~、アナケンかわいいよアナケン!目の周りがアイラインはっきりくっきりの大学生役もかわいい!てなる。なんかこう、リスとかハリネズミといった小動物を愛でる感じ……?2ではちっこいのをからかわれてたから周りからもそう見えるんだと思う。あぁ可愛い。

お話はいたって単純で大学のアカペラ部が全国大会優勝を目指してがんばる、というストーリー。2時間で何を描くか、どこに焦点を当てるか、映画ってその取捨選択はとても難しいと思うのですが、1作目はベッカ(ケンドリック)がアカペラ部に入って人とのかかわりを深めるのと、全国大会へ向けての練習と、伝統を崩したくないリーダー、オーブリーに、新しさを取り入れないと、というベッカ。大会でどの曲を歌うのか、その選択も描かれてたかな。2作目ではアカペラ部内のメンバーの友情にフォーカスを当てていました。なので2作目を見てると、練習はしなくていいの?と感じるのと、いきなり新しい曲で本番に勝負しに行く感じがちょっと唐突ではあったけれど、この辺はドラマ「glee」を先に見てるから物足りなく思えたのかも。歌が完成されていく過程をじっくり描いてほしかったかな。でもこれって基本コメディだと思うのでそんなに細かいことを気にせず気軽に見ればいいんじゃないかな、とも。

劇中に出てくる曲がどれもこれもまぁ私の心と思い出をくすぐってくれました。だっていきなり最初にAce of Base の"The Sign"ですよ(サビに入ったとたん思いっきりゲロ吐かれたけどね)!もう懐かしくって懐かしくって。私の青春といっても過言ではないのです、Ace of Baseは。他にももう書き切れないほどたくさんのヒット曲が出てきたし、アカペラでハモるならアン・ヴォーグがぴったりじゃんと思ってたらちゃんと2で出てきたのも嬉しかったし、そして1での「ブレックファスト・クラブ」(1985)の使い方はうまいなぁと思いました。この映画に思い入れがそうない私でも、最後の大会でこの映画のエンディングのSimple Mindsの曲が出てきたのにはちょっと泣きそうだった。つーかもう1980年代の映画や音楽ってオールディーズみたいなもんなのかな。2で大学に入学したエミリー(ヘイリー・スタインフィールド)が「ジョージ・マイケルって誰?」って言ったのには私すごくショックでした。ま、まじか、ジョージ・マイケルを知らんのか。自分の歳を感じました……。

それにしてもさ、スポーツとかコンテストとか、アメリカの大会の解説者ってみんなどうしてあんなに辛らつなの~。けっこう手厳しいし嫌味も多いし、あんなの言われた本人が聞いたらめっちゃへこみますよ……。

1がヒットしたことで2はすごく予算がついたらしく、衣装や演出がすごくゴージャスになってた。こういうところは超分かりやすい。すでに3作目も現在ポストプロダクションに入ってて全米公開は2017年12月22日なのも決まってます。時期的にクリスマスムービーって感じかな。楽しみ。





はじまりへの旅




Captain Fantastic (2016)


とてもとても考えさせられて、そして胸にずっしりと響きました。子供を持ち、子育てをして、これでいいのかな、とかこれが本当にベストな道なのかとか、迷わなかったことが一度もない親なんていない。この映画のお父さんベンも悩んだり迷ったりして選んだ道はとてもとても極端だけど、たくさんある選択肢の中からほとんどの人は選ぶことのない、森を買ってその中で生活して学校には行かず自宅学習をするという道を選んだけれど、子供たちは他の選択肢を知らないし選べない。周りの人たちは「学校に通わせていないなんて」、「みんなと同じことをしていないのは間違っている」「子供たちがかわいそう」とい言ってくるけれど、いいか悪いかを判断できるのは誰だろう?とも思う。

家族みんなが住むところにあるのは、とにかくたくさんの本、本、本。ベッドがあるテントの中にも、スティーヴと名付けたバスの中にも、たくさんの本。お父さんは本から得られるものに重きをおいていて、子供たちにはちゃんと自分の言葉で説明しろ、と言う。そして"interesting"(興味深い)は使っちゃいけない。きっと抽象的で便利な言葉だからつい使っちゃうんだろうね。でもそれ分かる!「すごい」「面白い」「興味深い」「よかった」あたりで終わらせてはダメなんですよね。もーすごいよく分かる。
そういう考えのお父さんだから、ベンは相手が何歳の子供であろうとも包み隠さずすべて話して説明する。お母さんが自殺したことも。興味があることは何でもやらせる。だから妹夫婦の家で出されたワインに興味を示したら未成年でも飲ませちゃう。それ見たらふつうは顔をしかめたり怒ったり問題ありとみなされるだろうし児童虐待で警察に通報されそうになっちゃうけれど、しかしベン側がすべて悪いのだろうかと疑問にも思える。


なんとしても妻の遺体を取り返したい、土葬をやめさせたいベンが墓場へ押しかけようとするのを子供たちは必死になって止めようとするその時の言葉、「お母さんが死んだのに、この上お父さんまで失ったらぼくたちはどうすればいいの!?」の叫びはベンの心にぐっさりと刺さったはず(私はここ号泣した)。子供たちにはお父さんが必要。そして同じくらいお母さんも必要。それを痛いほど実感したに違いない。おそらくベン自身は多分一生森の中で生活してもやっていける人物。妻を亡くし、もし子供たちがいなかったらこの人あっさり世捨て人になっちゃうだろうね。欲のない人だと思う。
文明社会から離れて森の中で生活して6人の子供たちを立派に育て上げることは、ベンにとって妻のレスリーが病気から快復するようにと一種狂信的な願掛けのようなものだったのかもしれないね。だから彼女の死で今まで必死でやってきたエネルギーがふっつりと途絶えてしまったのと、成長した子供たち自身が自分の人生を選び取ろうとする時期に差し掛かってきたのがもしかしたら同時に来たのかもしれない。森の中での生活を否定はしないけれど、外の世界も見たいと願うようになった長男ボウ。彼の大学受験の手続きを手伝ってくれていたのは入院中の母親だった。子どもたちだっていつまでも森の中に留まるわけではない。外の世界を知りたい、外に出たいと思った時が自立の時かなぁ。学校に通ってないのならなおさら本人自らそう思った時がそのタイミングなのかな、と。でもとても自然でいいなとも。
ノーム・チョムスキーの考えがとても色濃く話に反映されているんだけれど、ごめん、私はそっちは全然知識ないので分からなかった。多分そこを詳しく理解していないとこの映画の本質は見抜けないんだろうな。
劇中、妻のレスリーがどういう人柄だったのかは、もう亡くなってしまっていていまいち掴みにくかったのですが、彼女を火葬して「ママの好きだった歌を歌おう!」って言って歌い出したのが、なんとGuns N' Rosesの"Sweet Child O Mine"!そして遺灰はトイレに流してねっていう遺言を実行した家族みんなが狭い便器をのぞき込んで思わず吹き出してしまうシーン。「バイバミ、マミー!」の言葉とともにレバーを押してじゃあっと流してそれでおしまい。あぁ彼女は本当にユーモアを忘れない人だったのだな、というのが伝わってきてすごく素敵だった。

ラストを見ると彼らはスティーヴに乗って移動することはやめてひとところに留まり、子供たちは学校に行くという生活を選んだようなので、それはそれで子供たちはその先どんな人生を送っていくのだろうと続きを見たかった。
ナミビアに旅立つ長男を見送るベン。アドバイスをいくつかするんだけど、最後は「死ぬな」と。生き続けろ。人生は理不尽なことばかり。でも生きている限り、美しいものを見られたり素晴らしい経験をすることができる。人生はファンタスティック。ベンの生き様をまさしく題名が言い表していると思いました。まだ見ぬ未来に向かって足を踏み出そう、と語り掛けてくれる美しいラストでした。

「普通ってなんですか?」がこの映画のキャッチコピーだけれど、まさしくそれに尽きると思う。
塾に通ったりして一生懸命勉強して中学受験に合格していい学校に行くのも人生の選択肢。でも私は人生にいちばん必要なのは無人島でも生きていけるような生き抜く力を身に着けることかな?("live"というより"survive"のニュアンス)と思っているので。そしてそういう力こそ現代社会において身に着けるのはとても難しいとも。この映画はすごく共感できたし(でもスーパーで万引きはダメだと思うよ!)、何よりベンを演じたヴィゴ・モーテンセンという俳優自身がそういう能力が非常に高い人物だと私は思っているので、もうほんと、この役は彼以外の誰が演じればいいというの?と思うほどにベストマッチでした。もしかして最初から彼を当てて書いたのかなぁ。ヴィゴ自身、多彩な才能があるしきっと他の職業についたとしてもそれなりにちゃんと食べていけるに違いない人ですが、こんな素晴らしい作品を見ると、彼が俳優という職業を選択してくれて本当にありがとう!と感謝したいし、アカデミー主演男優賞にノミネートという形で評価されたことは言葉にできないほどとても嬉しい。

それにしてもあの真っ赤なスーツ!似合ってるのがまたすごい。そしてその赤スーツの中に着ているシャツ。これ「インディアン・ランナー」で着てたものと同じですよね……?(下の写真だと腰に巻き付けているそのシャツ!)



テンガロンハットは多分「LotR/二つの塔」で来日した時にかぶってたのと同じものだろうと思うし。ほんとに物持ちいいねぇ。

「偽りの人生」以来久しぶりにスクリーンでヴィゴを見ることができてうっきうきでしたが(笑)、しっかしこの人なんだかまた若返ってませんか?私の中で三大年齢不詳俳優のうちのひとりだよ(あとのふたりはキアヌ・リーヴスとマイケル・エマソン)。

captainfantastic-poster-02.jpg



新宿ピカデリーで見た布地のポスター(縦が2mくらいある)。これもし家の壁に飾ったらそうとう大きいに違いないですし、物欲じたいあまりない私ですがそれでもこれは欲しいなー!と思った。






ブルー・ジャスミン

blue_jasmine-poster.jpg


Blue Jasmine (2013)


も、もうなんか見てて主人公ジャスミンの生き方が痛々しすぎて辛い映画だったよ……。
すごくハードな状況を乗り切ってきたのはよく分かる……いや、乗り切ってはないのかな、彼女は。言動は怪しいお金があった頃の習慣をそう簡単に変えることはできないんだよね。それでもどうにかして乗り切ろうと彼女は彼女なりの精一杯の努力をしていると思うよ。なんとかして今の悲惨な状況を変えようとしている姿は哀れでもあり。だから素敵な金持ちの妻を亡くして独り身の男性に出会ったら自分を偽ってでも、どうにかいい方向へと持っていこうと嘘を吐く。そんな彼女は悪いことをしているとは思うけれどでもそれを私は責められない。だって本当に必死なんだもの。
堕ちた自分の姿を認められない。ジャスミンは心の弱い人間だけれど自分はそうはならないと誰が言える?私は強い人間ではないし毎日の生活において現実逃避してる部分も多々あるのでよけいに辛かった……のかな。

ケイト・ブランシェットはもう何にも文句つける部分がないです。なぜどんな役もこなせてしまうのか。怖い。すごい。それでもこの映画ではしわや目の下のクマやはげ落ちたマスカラがリアルで私はこういうの歓迎だな。

妹の彼の友人エディ役にマックス・カセラ。マックス・カセラ!そう、「天才少年ドギー・ハウザー」でドギーの家にいつも窓から入ってくる親友ヴィニー役の人だ!いやー懐かしいです!小柄なラテン系の雰囲気、全然変わってない。思わずにんまりしました。


ブルックリン


brooklyn-poster.jpg


Brooklyn (2015)


ただただみずみずしいの一言に尽きる。そしてそのみずみずしさは全てシアーシャ・ローナンによってもたらされているのと、映画全体のトーンが最初から最後まで落ち着いた静かな川面みたいな雰囲気で保たれた、時折美術館で一枚の大きな絵画を見ているような、そんな気持ちになる映画。
舞台がNYだから、もっと大都会で忙しくて落ち着きのない感じにして、後半のアイルランドのパートと対比する演出になりそうなものなのに、NYもアイルランドも同じトーンで描かれたのがこの映画でいちばん素晴らしい部分だと思った。

アイルランドの、おろさく職もそうなく全体が貧しい小さな町のグロサリーストアで働く女性(16~18歳くらいかな?)、エイリシュ。彼女がチャンスを得たのは、姉の知り合いでNYに住む神父の勧めで海を渡りNYへと向かうのですが。寮に入り、友人ができ、デパートで店員として働き、もっと可能性を広げたいと姉のように簿記の資格を取るため夜間の学校へ通い、と、一歩一歩、小さな歩みだけれど、エイリシュの人生は前へ前へと進んでいって、順調かと思ったその矢先の姉の死。ホームシックになり、姉から届く手紙を抱きしめてベッドの上で泣いてたエイリシュが、段々NYでの日々に馴染んでいったのと比例するかのように、姉の人生は、周りに隠していた持病によってある日突然亡くなってしまったのは、どれだけエイリシュにとって辛いことか。きっと彼女は、いつかお姉さんにNYに遊びに来てほしい、姉にいろんなところを案内したい、とか、アイルランドに帰ったら話したいことがたくさんあるとか、未来や夢がたくさん詰まったことを考えてたと思うのです。そして姉も、たったひとりで旅立った先の新天地で頑張っている妹をずっと応援してたと思うのです。これは本当に辛い……。もうね、最初の方、荷造りをする妹に、もっと素敵な服を用意してあげれば良かった、というお姉さん。そして、あなたのためなら何でも買ってやりたい。でも未来を買ってあげることはできないの、の一言が私はこれでもかというほど突き刺さりました。もう泣けて泣けて。姉は家に残り、母親とふたりきりで過ごす人生。アイルランドを出ることもないだろうと思うと、泣ける以外何があるっていうの。

後半で周りから引き留められてなかなかNYに戻れない、しかも戻る前にトニーと結婚していることを秘密にしているから、これどうなるんだろう、このまま永遠にエイリシュが戻れないまま悲劇で終わるのだろうか!?とハラハラしながら見てましたが、良かった、彼女はちゃんと自分の人生を歩んでいく終わり方でした。そもそもエイリシュは本当にきちんとしているというか、これと決めた道を他人と比較することなくまっすぐに進む女性像で、私はそれが見てて気持ちよかったんだと思う。すがすがしい人生を歩む彼女が、とても好きになったからこの映画が素晴らしいと思えたのね、きっと。

彼女と出会って恋をするトニーもとても好人物で。彼もまたまっすぐな考えの持ち主。だからトニーとエイリシュのふたりって、当時はそれが当たり前なのかもしれないけれど、若くして結婚してるけど、全然不安定だったり心配な部分がなくて。あぁ絶対いい家庭築いていけるなって安心して見ていられるカップルでした。


アイルランドに戻ったエイリシュに好意を寄せるジム・ファレル役にドーナル・グリーソン。いつもの赤毛じゃないから最初気付かなかった。

あとね、この時代にNYに住んでいる未婚の女性は、寮に入る風潮だったんでしょうか?ドラマ「エージェント・カーター」のペギーもそうだったし、デパートの店員がステイタスのある仕事で、美しく姿勢よく、丁寧な接客をする様子は「リリーのすべて」でも見たし、ちょっと不思議な感じでした。「キャロル」でもそうだと聞いたので、近々見てみたいです。


あーそれにしても去年NYであったシアーシャ・ローナンの舞台「るつぼ」、観たかったな~。思い立ったらプライベートジェットに家族全員乗せて好きな行先に飛び立てて毎食お料理出してくれるホテルとかアパートメントに泊まって好きなだけ観光と映画と観劇できるお金がほしいぜ。