秋の楽しみ (Nicole, Daniel, Mads)

まだまだ先だと思っていたニコール・キッドマンとダニエル・クレイグ共演の「インベーション」は、10/20(土)公開。あら、「黄金の羅針盤」より先なのね。
予告を見る限り、ダニボンがいい人なのか悪い人なのか、さっぱり分からんところがミソでしょーか。




さて10月公開の映画でもう一本素敵な作品を見つけました。
「アフター・ウェディング」。このマッツめちゃかっこいいんですけど。監督は「しあわせな孤独」のスサンネ・ビア。

Orlando in Matrix world




またまたまたCMのオハナシ。

資生堂unoのCMに登場したのはオーランド・ブルーム。120秒バージョン見ましたが、ヘンな日本語しゃべってなくてほっとしたわ〜。

未だにロッテ・ブラックブラックガムのCM(10年以上前のオンエアですが)に出てたジャン・クロード・バンダムの
「ネムケ〜スッキリ!」
が頭から離れない私…。


それにしてもこの人はコスプレものとか近未来ものとか、ちょっと生身の人間じゃない感じが似合うなぁ。


写真は丸の内線新宿駅地下通路の壁面。約20mくらいをこのポスターがずらっと貼ってあるのはなかなかの見ものですぜ。

渋い…




またまたCMのお話。

このビジュアルにやられました。渋い…。

ルイ・ヴィトンの広告に、ゴルバチョフが登場。他にも様々な有名人が出演するとのことで、ソースはこちら

暑気払い…になるかな? (Kiera,Sarah Jessica)

シャネルの広告モデルになったキーラ・ナイトレーの素敵なポスター。



実はこんな裏話が。

このサバサバした性格が人気なんだろうな〜。


お次はサラ・ジェシカ・パーカーの新しい香水。



CMが面白い。サラが、銀行強盗ならぬ、香水強盗してます。「あれでなきゃだめなの!!」捕まったあとパトカーに乗せられて、警官に「お願い〜」とフランス語で話すサラがキュート!(舞台がフランスだから)

こちらで見られます。

化粧品会社の広告は、ビジュアルが本当に素敵ですね!

全員集合! (オーシャンズ13)



Ocean's Thirteen (2007)

12がもう許せないくらいお粗末でつまらなかったのに、13の予告を見ていそいそと映画館へ出向く私はアホなんじゃないかとちょっと思ったけれど、でも今、あまり見たいのがなくて、でも映画館には行きたい、という禁断症状が出てるので仕方ない。

と、自分に言い訳して観てきましたがおもしろかったよ。なぜ「12」もこのくらい面白く作れなんだ…(なにげに名古屋弁)。


この映画でのマット・デイモンの立ち位置って、「あぶない刑事」で言う仲村トオル。どんなに偉くなってもタカ(そうするとジョージ・クルーニー?)とユージ(もちろんブラッド・ピット?)には勝てない彼(笑)。とにかく彼が今回は一番受けた。いじられキャラがぴったりだねマット。
ブラピはちょっとお疲れ気味かなー。ジョージ・クルーニーは、ちょっとレトロで粋な雰囲気が似合う、仲間からの信頼度抜群の兄貴ですよね。

ラスベガスのホテルは、入れ替わりが激しいということを知っているとなお楽しめるのかも。シナトラとラスベガスの関係や、大きなショーがあちこちのホテルで開催されていることも。

13の予告で、11でオーシャンズにやられたアンディ・ガルシアが出てるのは知ってましたが、まさか12のヴァンサン・カッセルまで登場とは!嬉しい驚きだったんだけど、天才大泥棒のくせに、にせもののダイヤをまんまと掴まされるだなんて、お粗末じゃないかしら?せっかく今までのキャストが勢ぞろい、だったのに、ここだけ惜しい。

アル・パチーノ、エレン・バーキンも良かったです。ライナス(マット)に誘惑されてるシーンはほとんどギャグ。エレン・バーキンのコメディエンヌ(?)ぶりがいい。


ホテルの格付けに来た男性が、最後に空港のスロットで(実際、ラスベガスの空港に降り立つともうスロットがあるのには私も訪れた時笑った)、ラスティーのおかげとはいえ大もうけするのは、「最後にいいことあって良かったね」とほっとしましたよん。彼、あまりにもひどい目に遭いすぎてたので…(苦笑)。


すっごい構図がうまい写真だ!キャスト4人@カンヌ