オスカーが射程範囲に!? (Eastern Promises)

トロント国際映画祭(TIFF)は9/15に無事閉幕したとの事。トロントまで行かれた方のレポも読ませていただき、私も大変盛り上がりました。映画祭は、「横浜国際フランス映画祭」しか行った事がないけれど、あの開催地ならではの何となく華やいだ雰囲気、私もまた味わいたいです。

さて、嬉しいことに観客賞に"Eastern Promises"が選ばれた記事を読みましたが、これを受賞するとオスカーが近くなるんですか!?えーびっくり。
(ソースはこちら

まだまだ賞レースには早い時期ですが(と言っても年が明けたらあっとゆーまにノミネーションが発表ですよね)、さらに期待しちゃいます。全ての作品を見てはいないけれど、クローネンバーグの作品は好きだ。


ところで、例のファイトシーンは日本じゃ当然ボカシが入るんですよねぇ…。何かどうもそういうのって、ストーリーに集中できないような気がする。

女は強し (デス・プルーフ in グラインドハウス)


Death Proof (2007)

ごめん、途中寝てました…。かなり前の席で見てたので、顔をけっこう上に上げないとスクリーン全体が見えなくてですね、しかも昼食とった直後ってのもあって、女の子達が延々しゃべくりまくるあたり、寝ちゃいました。
わたくし、実は「レザボア・ドッグス」でも途中寝てるんですよ…ごめんタラちゃん!!

で、最後の方がめっちゃ面白かったので感想を残しておこうかと。なんてったって魅力的なのがゾーイ・ベル。ニュージーランドの大自然の中でのびのび育った、という感じが溢れてる、笑顔が爽やかで素敵な彼女、ああいう危ないことがもう好きで好きでたまらない感がスクリーンいっぱいに広がって、だから見ててこっちも気持ち良いんだなぁ。

キムに
「もうあれ(ボンネット乗り)は二度とやらないって約束したでしょ」
と言われ、
「アメリカではやらないって言ってない」
と屁理屈捏ねるゾーイ。
マイクを懲らしめるための手ごろな金属棒を見つけてにこにこしながら車に乗り込むところはとってもキュート!

そしてスタントが仕事のキムのキレ方もさいこー!追い詰めてボコボコにするまでぜっっったいに逃がしやしない!という気合がもうバシバシ伝わってきましたよん。これはマイク、標的を定めた相手が悪すぎたね(笑)。

4人の中でいつもちょっと会話がずれてるリーもまた可愛い♪

自信がなくなってきた… 【追記あり】 (Eastern Promises)

本日発売のニューズウィークNewsweek誌。ほほう、10歳からの海外留学ねぇ…、とパラパラ見てたら最後のページに Eastern Promises の記事がちょろっとあったんですが、一緒に紹介されてる写真が!!すごすぎる…。この映画に興味があるなら一見の価値あり。ヴィゴ、目がイっちゃってます。
この写真、どんだけ探してもネット上には落ちてない。どこから持ってきたんだnewsweek。ちなみにソースはこちら(文章のみ)。


ネタバレしないようとにかく気をつけてるんですが、これは衝撃なスチルフォトでした。そして私、4分間もファイトシーンが続くのを、映画館の大きなスクリーンで見る自信がなくなってきた…。

【追記】

問題の写真はこちら


悲劇の連鎖 (ヘイヴン 堕ちた楽園)

Haven (2004)

交錯する二つの話と、その行方がどうなるかかなりどきどきする展開でした。アレン、リドリー、ピッパの脱税ゴタゴタ組と、アンドレア、シャイ、ハンマーの恋愛ゴタゴタ組、その2組を、ホテル経営者の息子、リッチーによってひとつの話にまとまるのが13日の金曜日。

正直、脱税の話はよく分からなかったのよね。結局は、リドリーの脱税の手伝いしたことがバレたくないアレンの手でリドリーはFBIや税務局に密告された、ということなのでしょうか。

一方、アンドレアとシャイの恋愛は、若いがゆえに引き起こされた悲劇が重なり…と、見てて胸が痛くなるストーリー展開で。純粋さだけで恋愛が出来るというのが何だか眩しかったわー。若いからこそ、ですよねぇ。
シャイはもう島には戻ってこないと思う。ボートを繋いであったロープを、波止場から外すんじゃなくて、刃物で切って外したところがなんとなくそんな感じがしました。

それにしても硫酸を顔に浴びせるだなんて、まともな人間だったら恐ろしくて絶対出来ない。あのシーンは超怖かった!


正直、このふたつの話が交差して、最後に「あぁ、そういうことだったのか」的な驚きはあまりなかったですが、タックス・ヘイヴンとしてのケイマン諸島が脱税ゴタゴタ組、島内の、人種、経済力等が恋愛ゴタゴタ組にそれぞれ反映されてるのでは。島での人間関係や出来事が、すぐに伝わっちゃう閉塞感も描かれてたと思います。田舎だとこういうのすごーく普通にあるので。

美人も呆然 (Nicole)

自分の脳年齢を知って呆然とするニコール。必死に脳トレに励むニコ様…(笑)。