アフター・ウェディング



Efter brylluppet(2006)

「しあわせな孤独」の監督の作品。きっと私はこの人の作品が好きなんだと思う。

インドで慈善事業をしているヤコブがいきなりデンマークに戻ってこさせられ、なぜかスポンサーの娘の結婚式に急に出ることになるし、契約にはデンマークに住むことも条件に含まれる、などなど、けっこうすごい強引な話なんですが、なぜそうなるのか、全てはヨルゲンの計画なのだけれど、彼は彼で、どうすれば残された家族がこの後も心配なく幸せに暮らしていけるのか、もっと言えば、彼は出来る限りのことをしてこの世を去りたいと思った結果なんだろう、と納得してしまう力がこの映画にはありました。

ヤコブにしてみればいい迷惑なんだけど、ヤコブに限らずこの作品の主要人物は、ある真実をきっかけに、大きく人生が変わっていくのですね。その有様を描くのがうまいな、と思いました。


そしてこの作品、目のアップがやたら多いのですが、私はひたすら、みんなめちゃめちゃ睫毛長いなぁ、などと思ってしまい、監督の意図を読み取れず(汗)。


マッツ・ミケルセンは、うわー、なにこの人めちゃめちゃかっこいい、という感じではないのに、映画ではとても魅力的に見えるんですよねぇ。「しあわせな孤独」の時も、妙に不思議な魅力がありました。スクリーン映えするんでしょうか。でもいい役者さんを見つけると嬉しい気持ちになります。


…と思ったら、cinephileさんのブログで教えていただいたのですが(cinephileさんありがとう!)、「H&M」で今シーズンのモデルを務めてるとのこと。うわーん、ごめんこのマッツはかっこイイ!



(現在なぜかH&MのHPにアクセスできないのですが、URLはこちら

驚くだけで終わってしまった (インベージョン)

The Invasion (2007)

地球には存在しない菌に肉体を乗っ取られてしまった人間の描写は、ギャー!と怖かったけど、ストーリーは荒削り、な内容でしたね。

街の人たちの様子がおかしい…という雰囲気が、どうも唐突すぎて。キャロルの周りの人は妙に誰も感染してないし(笑)。
結局最後はベン(ダニボン)も感染かよー。しかもワクチンが人々にいき渡り、元に戻れた人は、乗っ取られていた時のことは覚えてないって、なんか都合良過ぎな設定でつまんないよ〜。

そんなベンと、キャロルはこれから一緒に仲良く暮らせるもんなんでしょーか。それとも愛があれば大丈夫?
ベンがキャロルをとっても好き♪な雰囲気は暗い話の中でラブい雰囲気が良かったですけどね。


あと、子どもに色々と設定を課してるのが重たすぎ。聞き分けが良すぎるのがまたなんだかなぁ。オリバーだけが感染しないなら、その身をもっと狙われるだろうし、ママが寝ちゃったら注射器を心臓に刺して、とか、お母さんを襲ったパパを後ろから思いっきり殴っちゃってるし。小さい子がそんなことするのはあんまり見たくありませーん!


しかし、眠っちゃダメという設定が、7時間は睡眠時間を確保したい私にはいちばん怖かったな!

クィーン

The Queen (2006)

女王の描き方がとても良かった。これは私にはかなり好きな部類に入る映画でした。

1952年に即位して以来、彼女の人生は、常に王室とともにあった。そしてその人生でおそらく、王室から離れても未だ国民から多くの支持を得、かついつも人々の好奇の目にさらされていた人間がある日突然事故でなくなる、という出来事に遭遇するのは初めてだったでしょう。

感心したのは、その一貫した態度。ダイアナの死、王室への非難という市井の声は、しばらくすれば収まることも予想しているのはもちろん、一時の感情だけで今までしてきた慣習を変えるということはしない、というのは、決してダイアナによい感情を持っていなかったから、ではなく、女王がどうふるまうべきか、長い歴史や伝統、様々なことを踏まえて選択した行動、というのが、我慢強さや、過去だけでなくこれからの王室のことも考えている、というのが、聡い人であり、その行動が国民から理解をしてもらうのには時間がかかる、ということもちゃんと承知の上、というのが、素晴らしいと思ったのです。

そういう態度や姿勢って、日本のメディアにもっとも足りないものだよな、と思ったのですね、同時に。

ブレアの位置はおそらくかなり微妙だったはず。しかし、首相に就任直後だったにも関わらず、国民への理解、女王への理解、彼は両方を理解しようと行動した、その姿が私には好ましく写りました。考慮して、いちばん良いと思われる行動をとる、という姿勢が驚嘆でした。

12月公開だって! (Blades of Glory)

HPトップの写真だけで笑い死に。

「俺たちフィギュアスケーター」期待してます!!

http://oretachi.gyao.jp/

Happy Birthday!!Viggo

Happy Birthday Viggo!!

恐ろしいことにこの人本日で49歳です。見えん…。