結果発表!(第80回アカデミー賞)

今年のアカデミーは並んだ作品がひたすら「暗い」と評判(苦笑)のノミネートでしたが、結果はなかなか面白いことになりましたね!
映画好きの友人と私は、デイ=ルイスはもう何度もノミネートしてるんだし、1回取ってるんだし、ここは誰か華やかな人(=デップとかクルーニーね)に取ってほしいよね!と話してましたが、下馬評通り彼でした。

嬉しい驚きは主演女優賞のマリオン・コティヤール。私、オスカーが外国人、しかも女優に行くのって、すごいと思うんですよ(なんだかんだ言ってアカデミー賞はすっごくコンサバだからね)。だから嬉しい結果です。その代わり、ケイト・ブランシェットは票が割れちゃって受賞ならず、といったところでしょうか。でもいつか彼女なら主演&助演のW受賞とかやってくれちゃいそうです。今後に期待。

そしてそして、実は「ボーン・アルティメイタム」が「ノーカントリー」に続いて最多受賞なのも明記しておきたい(3部門でノミネート、編集賞、音響編集賞、音響賞、すべて受賞)。エンターテイメント映画な時点でノミネートはされなかったけれど、非常に質の高い作品、との声はよく聞かれましたので、これも嬉しい結果ですね。


レッドカーペットの俳優・女優さんの写真の数々は本当に素敵ですが、この間日本にいたニコール・キッドマンが、もうアカデミー賞の会場にいるのにはびっくり!そんなにアクティブな妊婦さんで大丈夫でしょうか!?ケイト・ブランシェットの妊婦姿も貫禄あります!

そしてヴィゴは、姪っ子と登場。かわいらしいですねー。私は息子か母親と登場かな?と思ってましたが。素敵なおじさまな感じが表れてました♪


ノミネートされた作品の数々はこれからどんどん日本公開される予定ですので、どれも楽しみにしています。