その死は誰のために (エリジウム)

Elysiumposter.jpg


Elysium (2013)

幼いころ、孤児院で仲良くなった女の子に、いつかエリジウムへ僕が連れて行くよ、と話した男の子マックスは、数十年後、マッチョでスキンヘッドで全身タトゥーの前科ありまくり、低所得の暮らしをしている身になったのですが。

彼の日々を変えたのは、勤務中の事故。余命5日の彼が、否が応でもエリジウムへ行って、生(せい)を求めるはずだったのが、請け負った仕事で、さらに死に至る近道一直線な方向になってしまったのだけれど。その退路なし、失うものが他にもうない彼の暗い、冷めたような表情から、目が離せなかった。まさかあんなに切ない展開になるなんて。エリジウムへ行くことが「自分のため」から、他の人のために、となった瞬間から、彼の生き様に泣けた。

まさかエビを撮った監督の2作目に泣かされるなんてー!


というわけで、多分エリジウムの造形とマックスの行動がいちばん心動かされたところなので、あとは…あとはまぁ、普通です。なぜならそれ以外の感想がうまく書けないので、そんなに印象に残らなかったのかな、と。ガーッと話を持って行って最後まで引っ張られていったけど、あとから冷静になって思い返すと、アラも目だつストーリーなんだよなぁ。「第9地区」はそう感じなかったから、やっぱちょっと、風呂敷を大きく広げて回収できない部分もあったかと。

でも、音楽がねぇ、もうラスト近くのマックスのシーンになると、ぶわーっと泣けてくるメロディーラインなんですわ。これは卑怯。いい意味で卑怯。


密かに総裁の地位を狙うデラコート(ジョディ・フォスター)のクールさはよかったけれど、強引な点がね、案の定、彼女の非公式な任務を担う地球の仕事請負人クルーガー(シャルト・コプリー。今回は悪人だよ)にさっくり殺られてしまいましたわ。

マックスが思いをよせるフレイ。彼女には末期の白血病を患う娘がいた。娘をエリジウムへ連れて行き、病気を治したい。その娘・マチルダの話を途中でさえぎるマックス。「カバの得は?」「友達が出来たのよ」がラストに生きてくるんですわ、これが。

そしてマックスがエリジウム行きの切符を手に入れるために言った「なんでもやる」仕事。その結果、手に入れたのクーデターのためのエリジウムの新しいプログラムだということがわかって、あっさりクルーガーの飛行船に乗ってエリジウムに到着できたのがびっくりでしたが(そして都合良くフレイとマチルダも一緒だという)、ラストまで一気に突き進むくだりは、猛烈に面白かった。


しかし、リブートすると「死」になるプログラム。今回はマックスが死んだわけだけど、普通に何も邪魔が入らずリブートしたら、何が(誰が)死ぬことになったの?やっぱりデラコート高官?それとも更新プログラムを自分の脳内に仕込んだアーマダイン社の社長?すごい頭悪いのでわからなかったよ私。


正直、「第9地区」の監督の2作目に、マット・デイモンって合わないんじゃないかと危惧していたのですよ。「第9地区」のシャルト・コプリーが素晴らしかったのもあって。予告見るとブルース・ウィリスみたいだったし。

でも今回は、ビッグ・バジェット。そりゃもうふんだんに予算を使ったと思われる映像の数々。地球から飛び立った不法移民を乗せた飛行船が、エリジウムの前では、虫けらみたいにちっちゃくて、どんだけ潤沢なお金を使って作ったんだよその場所は、と。その圧倒的なスケールはやはり、映画館で観ないと。

で、そういうスケールの大きい話に、マットはしっくりきてたので、良かった。でもマックスって、よく考えたら最初から最後までけっこうひどい扱い。放射室からドロイドに引きずられて連れていかれる姿なんて、もう使い捨て同様。人体改造(!?)手術もされちゃって、それって余命5日じゃなかったら絶対引き受けないだろうし。

それにしてもあの、マックスの体に取り付けれられた、「巨人の星」の強制ギプスみたいなの。ドリルやノコ使って、がっちり体に装着ですよ。麻酔こそかけたけれど、うへー!と思いました。「直接神経に繋げるから」って!やめてー!聞いてるだけで痛々しい。ちょっと「鋼の錬金術師」を思い起こしました。


風の強いエリジウム内で、マックスの血が風に乗ってぶわーっと流れるシーンが妙にリアルですごーく印象に残ってます。ほんと今回、マットは血だらけ傷だらけの満身創痍もいいとこ。彼が出てるアクション映画って、けっこうリアルにほこりまみれだったり汚かったり、と、リアルなんだよなぁ。

マットのスキンヘッドはデジャブ感があるなぁ、と思ったら、「ユーロトリップ」で坊主頭で歌ってました、そういえば。



ゴージャスな雰囲気のジョディ・フォスター。衣装が素敵なんですが、手がけたのはジョルジオ・アルマーニ。

マックスに手を貸す友人フリオが、この目、この目はどっかでみたことあるなー、と思ってたら、ディエゴ・ルナだった。三つ編みおさげがちょっとかわいい。途中退場が残念、もったいなかったよー。しかし後半スパイダーがマックスに手を貸す展開になるから、フリオには退場していただかないといけなかったのでしょうかね。


そしてクルーガーの造詣が、なぜか忍者!武士道!ほんっとーに、日本のアニメや文化が今、大人気なんですね。手裏剣投げてたし。ラスト、マックスとクルーガーの一騎打ちの背景には、桜っぽい木が植えてあって花びら散ってたし。ああいう情景、向こうの人はすごく喜ぶんでしょうか…。
手榴弾であんなに顔ぐっちゃぐちゃになったのに、死んではいないんですねー。すごい生命力!

演じるシャルト・コプリーも「第9地区」に続いて素敵。彼の台詞は英語なんだかなんなんだか、すごいなまってるのか、さっぱり分かんなかった。他の人物も、英語とスペイン語ちゃんぽんでごちゃごちゃっと話す感じがね、いいです。


スローモーションが多すぎたのはちょっといただけないな。ふつーにさくさく見せてくれていいです。

しかしこの映画、PG12とは。R15+でしょ。まだまだ息子と映画を見に行く日は遠いなぁ。


Elysium-Comic-Con-2012.jpg

2012コミコンの時の、左からシャルト・コプリー、ジョディ、マット。いやー、ジョディ、ちっちゃい、可愛い~

SHERLOCK 2ndシーズン

sherlock2nd_poster.jpg


Sherlock Second Season (2012)

1stシーズンのラストに続き、またもやクリフハンガーな終わり方!もーやめてよBBCさん。3rdはイギリスでは今秋スタートなのかしら?思わせぶりな予告も流して…いやらしい(笑)。

てことで、SHERLOCK 2ndシーズン見終わりました。1話と3話があまりにも面白かったので、2話が吹っ飛んだ…というか、ちょっと雑に思える設定で、イマイチでした。

さー、感想感想。

#1 A Scandal in Belgravia ベルグレービアの醜聞


なんといっても、アイリーン・アドラーの魅力がすさまじくて!衣装もメイクもがっつりバッチリ決めている「女王様」かと思いきや、勝手にシャーロックとジョンの家のベッドに忍び込んでた時の無邪気な表情と下ろした髪。そのギャップに…!やられました。素敵すぎます彼女。

川岸のブーメラン男の死因をシャーロックとアイリーンのふたりで解く場面は、部屋のソファごと現場に移動するのが、ものすごく画的に素晴らしくて。もうこれはたぶん私の中でいちばん好きなエピソードになりそう。


シャーロックを迎えに来たスーツの男の足回りに犬の毛、で、英王室、とピンと来たのが唯一先読みできたシーン。あれですね、ウェルシュ・コーギーですね。ダイアナ妃は大嫌いだったとか。


シャーロックとアイリーンの知的合戦について行けないワトソン。「子供が生まれたらヘイミッシュって付けて」ってあんた…(笑)。捩れた愛情(大笑)。

アイリーンが勝手に設定したシャーロックの携帯の着信音(声)。ハドソン夫人の活躍、ボンドエアー007便(苦笑)、そしてアイリーンのスマホのロック設定などなど。細かなところまで、徹底的にネタが散らばってて、これ、本当に面白い!1シーズンがたった3話だから出来る緻密さなのかも。最初は「3話だけなの?」って思ってましたが、これなら大歓迎だわ。

sherlok_iryen-adler.jpg



#2 The Hounds of Baskerville バスカヴィルの犬(ハウンド)

「グレッグなんて偽名使って!」「はぁ?何言ってんだ、グレッグは本名だ」「知らなかったのかシャーロック?」のレストレード警部とジョンとシャーロックのやり取りが大好きです。

そのレストレード、懐かしのルパート・グレイブスが演じてるんですね!うわー、久しぶり!なかなか渋いおっさんになって。

実は今このドラマの登場人物でいちばん好きかも。「眺めのいい部屋」や「モーリス」をリアルタイムで見てないから、そんなに懐かしいという実感はないけれど、すごかったからね、英国貴公子ブーム。あの頃いちばん地味だったコリン・ファースが今やトップを走ってます。オスカー俳優にまでなるとは(しみじみ)。


閑話休題。

#3 The Reichenbach Fall ライヘンバッハ・ヒーロー

読書好きは、必ず探偵小説や推理小説にどっぷり浸かる時期があると思いますが。私が小学校の図書館で名探偵シャーロック・ホームズのジュニア版(だと思う)を夢中で読み漁っていたのが多分小学校5,6年の頃。ホームズの後はルパンを一生懸命読んでた記憶が。で、ホームズがモリアーティと滝に落っこちて、その後「シャーロック・ホームズの生還」を読んで、ホームズが生きていたことが嬉しくて嬉しくて仕方なかったな。


さてその「ライヘンバッハ・ヒーロー」。今回は落っこちたのが滝じゃないからこの邦題なんですかね?

やっぱり気になるのは落下シーン。事前にシャーロックがモリーに「君(の協力)が必要なんだ」と言ってるから、シャーロックに似せた死体を病院の屋上から落とした?落下中や落下後にすり替えるのは無理そうだし。そもそも拳銃で頭吹っ飛ばして自殺したモリアーティもほんとに死んだかどうか疑わしいのかも。あ、でも3rdシーズンの悪役はマッツのお兄ちゃんだから、モリアーティもういらないのか?

落下したシャーロックに駆け寄ろうとしたワトソンに走ってきた自転車がぶつかるのもなんだか怪しい。ワトソンが転んだ時に、自転車の男がワトソンに何か細工したとか。ごみ収集かなにかのトラックで微妙にシャーロックの死体が見えにくくなってるのもポイントか?

まぁトリ頭の私が考えるよりすごい案がちゃんと3rdシーズン1話目で用意されてるはず。


I O Y (I owe you) も、「借り」の英単語が「owe」と思いだすまで、「?」でした。しかしモリアーティの生理的気持ち悪さと言ったら。リチャード・ブルックと名乗ってキティの家に居候してた時の気弱っぷりの演技なんて、めちゃめちゃうまくて逆に気持ち悪いわー!その時のモリアーティの代弁を、黙って聞いたシャーロック、最後、怒り心頭で「いい加減にしろ!」の一言が最高に気持ちよかったわ。

あとはワトソンとシャーロックの手錠繋がれ逃亡シーンは笑えた。「またみんなに誤解される!」ってワトソン、もうええ加減腹くくれよって思う。

このDVDを貸してくれた友人が「『SHERLOCK』はブロマンスなんですよ~」って教えてくれて、超、超納得!あれですね、友達以上恋人未満。グーグルで「ブロマンス」って検索したら、予測変換で一番最初に出てきたのが

「ブロマンス シャーロック」

だった。そうか、全世界認定なんだ。ワトソン、もうあきらめなよ…。


ということで、大満足の2ndシーズン。


このドラマのシャーロックの衣装がものすごくスタイリッシュで気になる。演じるベネが細身だからよけい引き立つのかもしれないけれど。特にコートの襟の赤いボタンステッチ。あれは最高におしゃれですね。

対してワトソンの、部屋での横じまTシャツとか、チェックシャツとか、どうもなんとなくあか抜けない感じがちょっと…お金ないから?そんなこと言ったらシャーロックだって、なんだか独身貴族で優雅な生活に見えるけど、あんたの収入源はどこから?あ、コンサル料でまかなってる?全然お金に無頓着だし。すごい気になるふたりの私生活。

3rdではワトソンもおしゃれにしてあげて下さい。


以上感想おしまい。


bbcから予告も出たのですねー。

It's just the two of us against the rest of the world.

だなんて、思わせぶりすぎる。



最後に一言いいですか?


イギリス行きたいーーーーーー



できればBBCでオンエア真っ最中なSHERLOCKを、イギリスでリアルタイムで見たいなぁ。で、放映後ロケ地めぐり。最高のプランじゃん。

願えば叶うってことでここに書いときますよ。ふふふ。

サイド・エフェクト

side-effects-poster.jpg
Side Effects (2013)


ルーニー・マーラが、「ドラゴン・タトゥーの女」と全然雰囲気が違って素敵!あの髪型や髪の色、普通の人がやったら絶対貧乏くさい感じになること間違いなし。



ジュード・ロウが「コンテイジョン」に引き続きソダーバーグ作品に登場。今度は、ラスト胸がスカッとする役でいい感じ。

キャサリン・ゼタ=ジョーンズがひっつめ髪にかっちりメガネで、この人子供のころから絶対優等生だよね、な女医。

チャニング・テイタムは…いますごい人気な俳優なんですが…序盤であっさり妻に刺殺され退場。魅力が全然分からんかった…。

とまぁ、登場人物が4人でシンプルで分かりやすいし、種明かしがされる後半は、なるほどそうだったのかー!と面白かったわ。エミリー(マーラ)は、鬱のふりはうまかったけれど、バンクス先生が一枚上手だったのですね。エミリーとシーバート先生(キャサリン・ゼタ)のつながりなんて、しょせん金と性的嗜好が一致していただけのこと。そんな連帯はあっけなく崩れ去った。

バンクスの、精神科医だからか?まずはバンクスとシーバートが結託したようにうまいことエミリーに見せかけ、エミリーが真実をベラベラしゃべる。当然その時点では、エミリーは罪に問われないから事実を、とかなんとかうまいこと持ちかけてる。で、まずシーバートが逮捕。その次、私はもう自由よ~♪、なエミリーをも、はい、あんた条件付きの保釈でしょ?薬飲んでね薬、とバンバン処方箋を書きまくるバンクス先生。で、エミリーも逮捕。彼女鬱のふりだけじゃなくて、虚言癖もあるような。

"Better. Much better."のエミリーの台詞。皮肉だわ。


ラスト、バンクス先生は無事名誉と家族を取り戻してお話はおしまい。シンプルでよござんした。


ソダーバーグ、また面白そうな脚本や題材があったら絶対復帰するはず!とおもってるので、個人的にはあんまり引退作って思ってません。
復帰待ってるよー。