夢に出てきたので。 (マイティ・ソー)



Thor (2011)


俳優や有名人が夢に出てくることなんてめったにないのに、なんでかしらないけれど、先日トム・ヒドルストンが登場したので(笑)、これもご縁かな、と、見ました。が、後々よく考えたら「オンリー・ラバーズ・レフト・アライヴ」でも良かったのでは…?

アメコミ映画はX-Men以外正直興味ないので、見る順番も、これでいいの?くらいテキトーですよ。しかし!私でも分かった。「スタークのところのか?」という台詞や(トニー・スターク@アイアンマン)、ボーガンを持った刺客みたいなやつがホークアイ(ちゃんとジェレミー・レナーが演じててびっくり)だとかくらいは。何とかね。

もうこの映画は荒唐無稽すぎて笑っちゃうのが正直な感想なんだけど。そうね、ソーは戦いが好きな王子なのね、実際、強いしね。でもこんな神様ちょっとイヤ。
どうにもこうにもクリス・ヘムズワースの話し方が田舎臭いくぐもった感じで、私はダメでした。「ラッシュ/プライドと友情」の時にも彼に違和感を感じたので、相性が悪いのかもねー。

そうなると、当然、知的だけど兄ほどイマイチスポットライトが当たらない弟のロキは、実は兄や両親と血が繋がっていない、敵側の人間だったとかね。複雑なキャラクターなこっちに惹かれるワケで(分かりやすい…)。イタズラ好き、って言われてたけど、どちらかというと性格悪いんでは?(苦笑)実は父上は死んでなかったことを仲間から知らされたソーの表情が「ロキ、てめーだましたな!」な感情ばしばし伝わってきてここは好きでした。

なんか出てくる人物の被り物がでかそう、重そう、とか、なんで異世界から来たのに英語しゃべってんだ、とか、ジェーンはソーのどこが良かったん?とか、まぁ色々突っ込みたい映画でした。

おぉ、そうそう!レネ・ルッソ出てたよ。ミシェル・ファイファーに似てきたなぁって思いました。
監督はケネス・ブラナー。ほほう。才能豊かね。「エージェント・ライアン」もまだ見てない!


クリヘムが筋肉もりもりなので、トムヒのすらっとした体型とお互い引き立てあってるんですかねー。

thor-2011-loki.jpg

さて続編はどうなることやら。

何てこったい!

3週遅れで、録画したドラマ「魔術師マーリン」シーズン2を見てるのですが、いつのまにかその2も終わってた!さらに、まったく不意打ちというか、BSフジで、「パーソン・オブ・インタレスト」が始まっていた!なにー!気になってたのに、なってたのにー。全然知らなかったよ…。もう3回目の放映が終わっているのですが。今からじゃ遅いか…?(汗)

さらに11/30からは「ダウントン・アビー」のシーズン2が、そして、続けて3も放映という嬉しいニュース。NHKさんありがとう!(ついでに復習もかねてシーズン1の再放送もあるらしい)

最近海外ドラマも色々気になっちゃってるのに。私生活はというと、息子の入学、娘の入園、自分の出産が一気にやってくる。あぁ、残念ながらドラマ視聴まで手が回らない…!悔しいわー!

人生は誰のもの (プロミスト・ランド)

Promised-Land-Poster.jpg


Promised Land (2012)


やっと見られました。爽やかなマットに会えてうれしい♪

でも映画の満足度は実はそんなに高くなかったのね~。家庭を持って、愛する家族がいるのに仕事でその時間を犠牲にして働いているスー(フランシス・マクドーマンド)は、結婚してるせいか、人物描写がよくなされているんだけど、主人公スティーヴは、かなり仕事が出来て、今回の田舎町での商談中にも出世が決まって、順風満帆の人生、というのは分かったけれど、それ以上のものが残念ながらなかったのが惜しい。
あと、ラストにその田舎町で教師をしているアリス(ローズマリー・デウィット)とスティーヴ、くっつかんでもええやん?と。私ねー、別に映画の中で男女が無理にくっつくことはないといっつも思ってる人なんで、このエピソード、別になくてもいいよ、と。

自分がすべてを動かせる、自分がこの町の運命を左右できる、そのくらい大きな使命だと思っていた仕事。でも実は、自分も単に会社の1コマでしかなかったことを、環境活動家のふりして町にやってきたダスティン(ジョン・クラシンスキー)の告白で知ったスティーヴ。むしろ、彼のその後の人生はどうなったかを見てみたいなと思いました。

Happy Birthday Ben !

benwhishaw_chinamagazine.jpg

Happy Birthday BEN!!




(画像はこちらから)

結局、「えーっと、誕生日は10/14だっけ?18だっけ?」と、脳の劣化が日々激しいのですが。好きな俳優の誕生日が覚えられないってどーなの。

クリスマスにはUKで"Paddington"の公開だとか(USの公開は年明け、2015年1月に変更)、来週からBBCのドラマ"London Spy"の撮影に入るとか、2015年はアルメイダ・シアター(Almeida Theatre)での舞台に立つことが決まっているとか(絶対行けないけど)、ちょくちょくと、ニュースはあれこれ流れてきて来るので、今後も何らかの形で作品を目にすることが出来そう。

あ!2015年っつったら007の最新作来るじゃん。すっかり忘れてた。でも来年の今頃も「他国はもう封切済みなのに、まだ日本で公開されてない!」とか言ってるかもね。だっていっつも日本での公開遅いもんね。

"Lilting"のDVD販売とiTunesの配信も始まってるし(なにせUKのiTunesカード持ってるくらいなんだし!有効に使わなきゃ)、でも未だに「ブライト・スター」は観てないし、そうか、つまりは私が追いついてないのか…!

34歳のうぃしょくんの活躍を楽しみにしていますよ。


(それにしても、トップに貼ったのとリンク先の画像の彼、相変わらず可愛い…もうほんと、不思議な生き物って感じ)