ホビット 3部作

THE-HOBBIT-AN-UNEXPECTED-JOURNEY-Poster-535x791.jpg The_Desolation_ of_Smaug the-hobbit-the-battle-of-the-five-armies-poster1.jpg


ホビット 思いがけない冒険 The Hobbit: An Unexpected Journey (2012)
ホビット 竜に奪われた王国 The Hobbit: The Desolation of Smaug (2013)
ホビット 決戦のゆくえ The Hobbit: The Battle of the Five Armies (2014)

「ロード・オブ・ザ・リング」の頃の情熱はもうないけれど。あの素晴らしい中つ国に再会できたことは嬉しかった。懐かしいあのテーマ曲。じーんときちゃいます。

「ホビット」は、正直2部作で良かったんじゃないかなー。戦闘シーン、多かったしね。原作を読んだときは、ビルボの冒険が主だったと思ってたんだけど、後半は、ほぼトーリン・オーケンシールドの描写になってた上、彼、最後死んじゃったよ!え、原作もそうだっけ!?

あの山のようにある金。その中に眠ってた大きな竜。金に埋もれて眠るってどんな感じなんでしょうね。

2作目の、樽に入って川をどんぶらこ。これ楽しそう。アトラクションにしてほしい。

ビルボ役、マーティン・フリーマンの表情や佇まいが良かった。もうね、当たり前なんだけどね、「シャーロック」のワトソンの時とは全然違うのね。

バルド役ルーク・エヴァンス。めちゃめちゃオーランド・ブルームに似てませんか?レゴラスとバルドが話してるシーンでは、同じ顔が2人いる!て思ったよ。バルドが、「パイレーツ・オブ・カリビアン」の時のオーランドに激似。

そして、ロード~からのキャストも多数。レゴラスは、ちょっとアクションシーンやりすぎでしょ!と思わなくもない。

原作には出てこない、タウリエル。うーん、あまり必要性を感じませんでしたが…。

今回は、旅の一行が、ドワーフとホビット、そして魔法使いなので、華がないというか(苦笑)。こうね、ロード~の時みたいに、人間、ホビット、ドワーフ、エルフ、魔法使いっていう団体が、色々あって面白かったので、今回は単調に思えたのかなぁ。

1、3作目のエンドクレジットに流れる曲が良かったのですが、3作目の曲は、またまたビリー・ボイドが歌ってます。相変わらずうまい、美声!


【追記】
な、なんと、3作目を見終わったちょうどその日の夜に、サルマン役クリストファー・リーの訃報が。
王の帰還では残念な扱いだったので、ホビットではサルマンの活躍が嬉しかった。


ダウントン・アビー シーズン3

Downton Abbey Season 3

いやー、波乱万丈のシーズン3でした!まず最初は、メアリーとマシューの結婚式からスタート。ウェディングドレス姿で階段を下りてきたメアリーに、父親以上に目うるうるだったのは、カーソン。カーソン…!見てるこっちも涙…!

一方、グランサム卿は、1社に投資をして、その株が大暴落。なんでそんな一か所に大金つぎこんじゃうの!ダウントンの危機を救ったのは、またしてもマシュー。この人、お金(しかも莫大な額)につくづくご縁がある人なのねー。だけど真面目なマシューは、ラビニアの家族の遺産は受け取れない、とかたくなに拒否。どんだけ真面目なのよ。メアリーが、マシュー宛に届いた手紙を勝手に読んだり(それやっちゃダメでしょ!)と、あの手この手で彼を誘導(!?)して、やっとマシューは遺産を相続。かくしてダウントンのお屋敷は救われたのでした。はぁー、やれやれ。

場違いな雰囲気を、本人も周りも気にしてるブランソン。でも、自分もまた違う階級からダウントンに来たマシューにとってはウマが合うんですかね。このふたり、仲いいし、ブランソンに自分の結婚式の介添え人を頼むなんて、もうほんと、マシューっていい奴なんだよ~。

メアリーの結婚式で、アメリカからやってきたコーラの母。演じるのはシャーリー・マクレーンだ!ヴァイオレットおばあ様に負けず劣らず毒舌。料理ができなかった晩さん会を、邸内でピクニックにしましょう、と粋な提案。でもカーソンさんには、伝統と品格を重んじるカーソンには耐えがたい状態に。「今やお屋敷は堕落の町ゴモラと化しておる!」に、大爆笑ですよ!


旦那様の従者となったトーマス。ところが、旦那様のシャツを隠されて、「いえ、これは誰かがわたくしへの嫌がらせで」というと、驚いた伯爵が、「トーマス、きみはみんなから嫌われているのかね!?」「えっ、いや、あのこれはですね」と慌てふためくトーマス。

でも彼、エピソードを重ねるごとに、なんかだんだん憎めないいいキャラになってるんだよねー。そして、あんなに対立してたベイツとトーマス。トーマスが不当な扱いを受けていることは許せないベイツさん。なんと彼を助けるために、オブライエンをけん制。びっくり。


イーディス。いい子だと思うんだけどね。ストラランとの結婚は、なんと結婚式の真っ最中に破談に。これはひどいでしょー!

そしてシビル。えー、そんな、出産と同時に死亡だなんて!シビルは初めての妊娠だから、ひどい頭痛や手足のむくみが、異常な状態であることが分からなかったんだよねきっと。もうね、ドラマ始まってすぐに、あっこれって妊娠高血圧症やHELPPじゃん!って。医者がふたりもいるのに助けられないのか!?のマシューの怒号に、ほんとそうだよあんたたち何やってるの!と。お産のことは、3人産んでるコーラ母さんが決めて良かったんじゃないかと思ったよ。

9話目と10話目は、もともとは1つのスペシャル番組だったのを、2回に分けて放映で、いきなり前回のエピソードから1年後で、メアリーが出産間近で驚いたんだけど。電車でさらに北のさむーいスコットランドに出掛けるなんて、妊婦さん大丈夫~!?
そして、クリケット大会に続いてやっちゃったモールズリーさん。もう彼は最近お笑い担当としか思えないんですが。スコッチが入った紅茶でハイになっちゃって、奇声をあげながら踊りまくるモールズリー。あんたこの時点でまぎれもなく首だよ!

メアリーの侍女なので、アンナも一緒にスコットランドへ行ったんだけど、現地で、ベイツを驚かせたいから、と、ローズ(リリー・ジェームズ。今公開の「シンデレラ」の主役ですね)から、スコットランドのダンス、リールを習うアンナ。もうねぇ、アンナとベイツの幸せカップルは、見ていて素敵でしょうがない。あのこぢんまりとした新居も、居心地良さそう。幸せにね。

クラークソン先生からのプロポーズを、やんわり、クラークソンを傷つけずに上手に断ったイザベル。あぁいう気の回し方、会話の運び方って、見習いたいわー!

そしてそして、ついにラスト、無事メアリーが出産するんですけどね。産まれたばかりの息子に会いに行った帰りに自動車事故に遭って、マシューが亡くなるなんて。

マシューーーーーーーーー!!!!

ダウントンでいちばん、賢さとユーモア、先見の明があった人なのにー。惜しい人材をなくしたよ…。

マシュー役ダン・スティーヴンスは、以前も書いたけれど、画に描いたような、「ザ・ハンサム」で、どちらかというと、昔の映画スター、それこそ、白黒のブロマイド写真が売られてそうな、クラシックなかっこよさと瞳がきれいで素敵な俳優さん。映画は何に出てるっかなー、なんて、実は気になってたり。だから、来シーズンから、もうマシューの姿を見られないなんて、さみしい。


シーズン4は、2016年1月から、NHKで放映予定。あと7か月。楽しみ。

火星とスパイ

リドリー・スコットの新作は、"The Martian"。原作がめちゃめちゃ面白いそうです。よ、読みたい…。

The Martian | Official Trailer [HD]

主役はマット・デイモンだ。わーい!久しぶりのマット主役。嬉しいなー。宇宙でサバイバル出来そうな人材です。キャストは他にもショーン・ビーン、ジョナサン・アリス。

USでは11月25日公開。日本公開はまだ未定だけど。お正月映画として、12月あたりに公開してくれないかなー。

→6/12のニュースで、前倒しの10/2にUS公開が決まったそうです。


さてお次は、UKではもう公開済み、で、日本公開もやっと決まったマシュー・ヴォーンの"Kingsman: The Secret Service"。コリン・ファースは主役ではないとのことですが、でもでも、コリンのアクションって初じゃないかな!?

Kingsman: The Secret Service | Official Trailer [HD]


公開は9月11日。
つよしも出てるよ~。