POI雑記 挿入曲

POIファンの多くの人がきっとしているであろうことを当然私もしていまして、このドラマに流れる曲は非常に印象深いものが多いので、こことかここで曲名とアーティストを特定しては、せっせとiTunesで検索して、見つからない時はUKのiTunesも使ったりして、購入してはプレイリストに放り込むという作業を一年近く地道にしているわけですが。
S5の
Mike Taylor - Body High (Official Audio)
この曲。最初から最後まで重く暗いトーンのシーズンに、こんなノー天気でバカ陽気な明るい曲いったいどこで流れたっけ!?って、どうしても思い出せずにいたのですが。昨日やっとわかった。あれです、506の結婚式のアフターパーティのシーンに流れてましたねそういえば。なのでレビューに追記しときました。
この軽~いノリのダンスミュージック、私けっこう好きなんです。でもこの曲、2015年リリースなのに私にはどうしても90年代中頃の曲に聞こえるのはなぜかしら。
ついでに言うとルートとフィンチが一緒に踊ったならリースとフィンチがふたりで踊るのも見たかったよ!まぁ公式がほんとにやってたらさすがにやりすぎかなとも思いますが。あのふたりはあくまで控えめに……なのでね。

POIは名曲揃いですので、例えば5曲好きなのを選べって言われたらすごく悩むし5曲に絞るのもとうてい無理。テーマを設けたら選べるかも。
ちなみに辛くてとてもじゃないけどそう何度も聞けないのは

Metamorphosis One (513)
Hurt (310)
Medicine (321)
Exit Music (323)
Welcome to the Machine (422)

これはすぐに出てきた。こうやって見るとやっぱりS3は展開も曲も辛いな……。
他も色々テーマ別に曲をランキングしてみたいですね。

あなたの好きなPOIの挿入曲は何ですか?

トゥルー・カラーズ

truecolors-poster.jpg


True Colors (1991)


週末もジェームズ・スペイダー。
これ、「僕の美しい人だから」より後の作品なんですね。えぇー!ということはスーザン・サランドンと共演した時、彼、何歳だったんだ!?と驚愕ですが、今はそっちの話ではないのでやめときますね。

んんー、これ、スペイダーとジョン・キューザックの役柄が逆だったら良かったのでは?などと思いました。出会いは最悪(学園ものによくある!)、でもその後は意気投合したリッチなルームメイトのティム(スペイダー)に自分の貧しい出自を隠して野心家で親友の恋人と結婚して政治家目指して当選したピーター(キューザック)。しかし友人が囮になった捜査で不正を暴かれ逮捕、失墜、っていう流れなんですが、ジョン・キューザックが若き政治家、というのがどうも似合わなくて(すまん)。スペイダーが演じたらもっと闇っぽくなっていいんじゃない?で、キューザックは育ちがよくていつも周りが華やかで性格とかもあんまりけがれてなくて、あくまで友人を思うあまり不正を暴くのに手を貸した、みたいな状況に陥るのです。どうかなぁ。


あのねジェームズ・スペイダーってちょっとアンドリュー・マッカーシーに似てる。雰囲気が。80年代当時はブラットパックの一員にも数えられてたけれど彼はちょっと違うような気がする。もうちょっとミニシアター寄りと言うか、マニアックな感じ。なのでクローネンバーグの「クラッシュ」はすごいぴったりだった。
フィルモグラフィ見ると、スペイダーはここ最近はずっとTVドラマに出てるんですね。


監督はハーバート・ロス。ロスといえばやっぱり「フットルース」。「摩天楼はバラ色に」も面白かったですし、この映画でもスペイダーとキューザックの大学生活のシーンが光り輝いてて、あーこういうの撮るのほんとうまいなって。

アカデミー賞ノミネート発表

The 89th Academy Awards | 2017

何がいちばん嬉しいって、主演男優賞にヴィゴ・モーテンセンがノミネートされたことです!ヴィゴおめでとう、おめでとう!
ノミネートされるだけで大変な名誉ですからね。あとは誰が取ってもおかしくないし、誰が受賞してもみんな笑顔です(……よね?)。
「キャプテン・ファンタスティック」、「観に行けたらいいな」が「絶対観に行かなきゃ!」になりました。4/1公開。

相変わらずノミネートされた作品これっぽっちも日本に来てないので(賞を取るかどうか様子見してから公開しようとする気が見え見えでほんとに腹立たしい。リスクを恐れず時差なく持ってきて即公開してほしい)、俳優さんたちについてのみあれこれ書くしかないのですが。

私がわざわざ書く必要もないですが「ラ・ラ・ランド」がぶっちぎりの多数ノミネート。特に「主題歌賞」に2曲もノミネートってのがすごい。否が応でも期待が高まります~。
そうそう、この映画の特典のポストカードがとてもスタイリッシュで、私にしては珍しくそれを目当てに最寄りの映画館に前売りを買いに行ったのですが、すでに特典付きのは売切れでした。せめてGG賞発表前には買っとくべきだった……!主役のライアン・ゴズリングはもうすぐ来日なのでとてもタイムリーですね。公開は2/24。
あとこの映画は町山さんがとっても詳しく解説してくれているので、あやうくネタバレ踏んでしまいそうなのだけ気を付けないと(笑)。

作品賞と監督賞にメル・ギブソンの"Hacksaw Ridge"が入ったので、メルギブもこれで完全復活ですね。"Hidden Figures"も評判いいのでキャストもノミネート来るかと思いましたが、主演女優賞にオクタビア・スペンサーのみ。
主演女優賞ノミネートのルース・ネッガは、「エージェント・オブ・シールド」の花柄ドレスのねーちゃんことレイナ役の方ですね。
メリル・ストリープはもうレギュラーじゃないかと思うくらい数十回目のノミネートだし、デヴ・パデルの2回目もすごいと感じましたが、やっぱりうまい人はほんとうにうまい。作品選びもうまいけれど、なんだろう、他の誰でもなくこの人だけしかできない、オンリーワンの演技、しぐさ、表情。その人の内なる情熱から出てくるものがあるのかな、きっと。

いずれにせよ授賞式の2/26が楽しみ。


ブラックリスト シーズン1

blacklist-s1-poster.jpg


The Blacklist Season 1 (2014)

話にスピード感があって一気に駆け抜けました。面白かった!そして当然ですが解けないままの謎は次シーズンに持ち越し。
リズとレッドの関係は?まぁ普通に考えれば親子かな、とは思うのですが。レッド本人がはっきり否定してたから違うんだろうと思いつつ、アメリカのドラマはなんでもありだから実は親子なのかもしれない。最終話で見えたレッドの背中のケロイドは明らかに火傷によるものだろうし。
レッド自身もかつて家族がいて娘(リズ?)がいたのと、レッドとリズの養父との関係がカギを握るのかなぁ。この辺りはS2で解明されるのかな、と。あんまり引っ張りすぎても視聴者は離れて行ってしまうだろうし。この辺のさじ加減は本当に難しいね。
「ベルリン」の正体は?なぜ執拗にレッドを狙うのか?そしてトム・キーンの正体は?トムがリズに近づいたから芋づる式にレッドもリズの元に現れたんだけど、リズが所属しているからとはいえ長いこと指名手配されてたレッドがFBIに出頭した上、貴重なブラックリストまで提供するくらいだから、そうとうな理由が存在するんだろうと推測はできます。最終話でトムは撃たれたけど当然まんまと逃げおおせたよね。こんなおいしいキャラ、話の進行上あっさり殺すはずはない。
トム・キーンはパッと見優しそうな男かつ善良な夫に見えるんだけど、目の奥が、目の奥がつねに心から笑ってないんだよー!(怖) リズに近づくのが目的だったから、きみのことは殺さないよって言って去っていったけれど、初めて一緒に迎えた朝、ベッドのはじに揃えて置いてあったブーツの埃の上に、リズが書いたハートマークを見てやられた、と言っていたから、それなりに愛情はあったんでしょう。でもさー、とどめを刺しておけってレッドに言われたのに結局リズはトムを撃てなかったのか。詰めが甘すぎる。
と、ここまで書いてきて、S1にちりばめられた謎が何一つ解かれていないことに気付いちゃったんですが。これレビューする意味あるのかな?

ということでS1はキャストのことを書いとこう。主役はジェームズ・スペイダー。80~90年代の映画でおなじみの俳優さんなので、ドラマの主役と聞いて驚いたのはもちろん、重ねた年齢、恰幅の良さに坊主頭と、私の知ってるジェームズ・スペイダーとは全く変わっていて、昔の面影まったくなし!最初見た時とてもとても驚きました。でもね、このくらい変わっちゃえば以前の印象とは似ても似つかない人物になって、先入観がなくなって逆にいいのかもしれない。ちなみに彼の出演作でいちばんのお薦めは「僕の美しい人だから」(1990)です。これは邦題も素晴らしい。

ミーラ・マリクとドナルド・レスラーがお気に入りの登場人物ですが、私、ミーラ役のパーミンダ・ナーグラになんとなく既視感があって、絶対この人以前どこかで見たことがあるって思って調べたら、やっぱりそうだよ!「ベッカムに恋して」で主役のサッカー大好きな女の子を演じてた人だったよ~!!この映画大好きなので、再会できてめっちゃくちゃ嬉しいです……なーのーに!S1ラストで殺されちゃった!ひどい!ミーラのシーンが毎回の楽しみだったのに。これほんとに許すまじのご立腹でした。

レスラー役ディエゴ・クラテンホフは、名前から言って絶対ドイツとか東欧系だと思ったらカナダ人で、こちらもimdb見たら「パシフィック・リム」でヤンシー役だったんですね。そっかローリーのお兄ちゃんだったのか!もう彼のことは「お兄ちゃん」としか呼べない(笑)。そして顔と名前がなんかマッチしない。ディエゴって感じがしない。デヴィッドとかロバートとかジョンっていう感じがする。
ミッドシーズンの、足撃たれてレッドと一緒に拘束する箱の中に立てこもるエピと、恋人が撃たれて命を落としてしまうマコ・タニダのエピは印象的でした。ドナルドと婚約者(というか、いつの間に婚約者になってたんだ?)のお話はこの先サイドストーリーとしてずっと続いていくかと思ったので、S1のしかも中盤でもう終了でびっくりしてしまいました。婚約者さんもレスラーも、ちょっと気の毒……。

それにしてもキャスティングにおける映画とドラマの境目ってほんと曖昧になってきたなぁ。昔はもっときっちり線が引かれていた印象があったので。出演者の過去作を知るたびにいちいち驚いております。

お話は面白いです。ただし萌えはない。レッドとリズの間に存在するだろう何かしら特別なものが私には感じられなくて。たぶんこれ、どうにもこうにもレッドとリズの吹替は合ってないと私が感じているからかも。リズ役の声優さんが、たまたま同時進行で見てる「ダウントン・アビー」のメアリーと、ちょっと前まではPOIのショウと同じ人が当ててるってのがタイミング悪かったのかなとも思うけど、いっつも怒ってるし怒ると声高に叫ぶのがどうもダメで。もうちょっと落ち着こうよ、リズは本来はプロファイラーではありますが、あなたFBI捜査官だよね?もう少し冷静になってくれーって思っちゃう。
リズ役メーガン・ブーンもスペイダーも、字幕で見ればふたりとも地声はとてもいいのに。あ、でも14話目だったかな、レッドの即興おかま演技は最高だった。リズが「はぁ?」って顔してそれを見てるのも爆笑でした。
レッドとリズには興味ない私は実はレスラーとリズの組み合わせが好きでして。トムに腹を立ててるリズに「旦那、一発殴ってやろうか?」って言ってくれるレスラー。自分は恋人を亡くしてしまったのに、トムとのことを気遣うレスラー。仕事上での付き合いだから、普段はお互い苗字で呼び合うのも好き……X-filesもそうだけど私こういうの大好き……。
あとアラム。アラムいいね!先日S4放映記念でクーパー捜査官役ハリー・レニックスとアラム役アミール・アリソン来日してましたが、ということはこのふたりはS4にも出てるんですね。良かった~。海外ドラマはたとえ主役であろうと死んじゃうこともじゅうぶんありえるので。

ゲストでEp07のフレデリック・バーンズ役にロバート・ショーン・レナード。うわーお久しぶりです!!吹替は牛山さんでしたがこれがまたびっくりするくらい合ってなかった。牛山さんって頭が良い人や学者・研究者の役を当てることが多いよね。
Ep20ではアラン・アルダとライナス・ローチも出てました。ライナス・ローチってあんまり歳取らないね。Ep21にはPOIのドネリー捜査官ことブレナン・ブラウンも登場しました。

それにしてもこのドラマ、一話完結の物語、背景に少しずつ明かされる登場人物の過去やいくつかのサイドストーリー。劇中に流れる印象深い音楽、ミッドシーズンの9~11話あたりに必ずやってくる大きく話が動く展開に激しい既視感が。そうです、こういう展開はPOIで散々勉強させてもらいました。最終話での、クーパーとレッドを逮捕したマーティン捜査官がベンチに座って話す場所はなんとクィーンズブリッジ・パークだったし、だいぶ意識してるんじゃないの?と勝手に思ってます。


(左奥に見える野球のバックネットのもっと左側、さらにずっと後方から撮ると画面に橋が斜めに入ってPOI S1Ep01の例のあのシーンになるよ♪)

最後に音楽のことを。
Ep03 "Here With Me"がシーンと合ってて美しかった。
Here With Me - Susie Suh x Robot Koch

そしてEp02でまたしてもNina Simone - Sinnermanが流れました。シャーロック、POIに続いてこれを海外ドラマで聞くの、私なんと三回目ですよ。みんなどんだけこの曲が好きなの。でも確かにピアノから始まるイントロやスピード感あるドラマチックな曲調と最後再びピアノで終わる展開はかっこいいから、使いたくなるの分かるような気もします。
Ep04の Up Past the Nursery / Written by Suuns & Performed by Suuns も良かったです。


S1はテレ東で平日毎日放映されるのを録画してその日の夜に見ましたが、性格上溜め込んだら絶対見ないことが分かっていたので、毎晩必死になって消化しました。なのでここ1か月は平日ブラリス、週末映画って感じで視聴中ですが、その気になれば1か月で1シーズン約22話を完走できるんだなってことも今回分かりました。
テレ東はひき続きS2を放映するので、それが終わったらいよいよ「LOST」を見るべき……?見たい見たいと思いつつなかなか手を出せないドラマリストのトップに長いこと鎮座しているので、今年こそはいい加減見てしまいたい。


fanvid

これ作った人天才かと思う

Becoming Q