エンド・オブ・トンネル


Alfinaldeltúnel-poster


Al final del túnel (2016)


ストーリー展開にもうひとひねり欲しかったな、という感想。
事故で車いす生活になったホアキンが自分の家の隣で銀行強盗をたくらむ一味が出入りしているのを知って、家の下を通る彼らが掘ったトンネルを利用して彼らが盗もうとしている金を横取りしようとするのが話の発端なんだけど。まず隣人たちの事情が気になって盗聴盗撮をするのは分かる。興味がひかれるから。で、次に自宅の2階とバルコニー部分を賃貸に出したら訳アリっぽい母娘が突然引っ越してきたのが、実は母のベルタも強盗グループの仲間ってことが分かって。でも彼女の娘に一味のリーダーでありベルタの交際相手ガレルトが娘に性的虐待を行っていることが分かって、制裁を加えるという目的が増えたんですが。
ホアキンが金に困ってる感があまり感じられなくて、切羽詰まって強盗の計画を知ってこれは千載一遇のチャンス!て思う感じがあまり感じられなかったのね。あとベルタをかなり長いあいだベッドに拘束して監禁するのにはちょっと無理があるんじゃないかと。
なによりホアキンは下半身が不自由で歩けない、という設定をもっと活かしてほしかったかな。本編ではトンネルの中やリフトのない部分を腕の力だけで進んだり昇り降りをしていて、それももちろんおぉ、と面白かったけれど、たとえば立ち上がれないから高いところにある何かに手が届かなくて彼の身に危機が迫る、とか、歩けないから早く移動できなくてヤバいことになる、とか、車いすに乗ってるからこそ健常者には気づかない目線や動きで反撃するとかね、肢体不自由を逆手に取った胸のすく場面を見たかったの。

でもなかなか面白い作品だったし、ラストでホアキン、ベルタとベティが一緒にあの家を去る時の彼らの服が似た色をしてて、なによりホアキンは以前は着ることのなかったであろう明るい色あいの服を着ていて、彼らの人生にきっとこの先幸せがあるだろうと思わせてくれるラストでした。
ホアキン役レオナルド・スバラーリャはマーティン・フリーマンに似てると思いました。ジョージ・クルーニーに似てると思うひともいるかもしれない。


ちなみにこの映画、ジャケットの写真に一発で惹かれて視聴を決めた、いわゆるジャケ買いならぬジャケ借りだったのですが、車いすの前輪を持ち上げるのってなかなか難しくて。しかもキャスター上げたまま静止してるのがすごい。私も以前このキャスター上げに挑戦したのですが、数秒後にものの見事に後ろにすっ転びました。あまりにも見事な転びっぷりで自分でもコントかと思った。

NETFLIX限定公開

「ジョン・ウィック」を見てキアヌの映画ほかにも観たいな、と思っていたところにタイミングよく流れてきた情報。7/14(今日だ!)からnetflixで配信スタートの「こころのカルテ」(To the Bone)。

リリー・コリンズ&キアヌ・リーヴス共演作『心のカルテ』予告編

予告見た限りではとても面白そうだしキアヌが医者役って「へぇ!」となりました。

最近ネッフリは映画館で公開されない良質な作品をどんどん配信しているというイメージがあります。「ハウス・オブ・カード」のS3以降は未DVD化なのもあって、もしかしたら近々加入するかも。でもAmazonプライムが見られるのにもうひとつ別の会社の配信サービスを契約するなんてちょっと贅沢かな……?



ジョン・ウィック チャプター2

johnwick2-poster.jpg


John Wick: Chapter 2 (2017)


いつの間にかキアヌ・リーヴスが枯れた魅力を出す渋い男になっていました。時おり見せる無垢な瞳がまた素敵で、前作も今作もかっこいいぞ。1作目ではヘッドショット一発で敵を仕留めるのを見るのが多少抵抗あったんだけど、そのあと「エンド・オブ・ホワイトハウス」のマイク・バニング見たらだいぶ慣れた。バニングとジョン・ウィックが組んだらすごそうだ。

ストーリーはあるのかないのか見ててもよく分からん。そんだけガンアクションがすごかった。キアヌは銃を構える姿勢はまぁまぁかな……もう少し背中がまっすぐ伸びてもいいような。でも弾をリロードする姿は世界一かっこいいのではないかと!補てんする弾も無くなったら最後は銃そのものを敵にぶん投げるのもすごく好きです。
こういう映画にはお約束の台詞、"kill them all"も出てきて満足です。あ!あと防弾ベストならぬ防弾スーツはかっこいいな、便利だなって思いました。「キングスマン」でいうハリー・ハートの傘みたいな感じで。


あのねこの映画の何がいちばんかっこいいってルビー・ローズ演じる手話でジョン・ウィックと会話するアレスですよ!特に最後の「また会いましょう」「もちろん」はしびれました。だってアレスはもう死ぬと分かっていてジョンに「また会おう」って言ってるのよ。そしてジョンもそれを分かっていて"Sure."と返事をするなんて、もう最高かよ。

しかしラストは世界中の殺し屋たちから追われて今まで使えたコンチネンタルホテルも出禁になっちゃって、ジョンはこれからいったいどうなるんだ。逃げ切れるんだろうか?これ当然続編あるんですよね?気になって仕方ないのでぜひ続きをお願いします。



ハウス・オブ・カード シーズン2

HouseOfCardsS2-poster.jpg


House of Cards Season2 (2014)


ほんの出来心で無料で配信されている1話目だけ見たらば。
いきなりゾーイ・バーンズが地下鉄の線路に突き落とされて殺されたのには本当にびっくりで、いったい続きはどうなるのかと気になって仕方なくて、結局一気に見てしまいました。13話なのであっという間でした。
しかしゾーイが殺されるとは思わなかったので何度も言いますがあのシーンは心臓飛び出るくらいびっくりしたし、これでフランクは2人殺したのかよ……!と思うとすげー怖い。こんなやつが大統領でいいのかよって。これほんと政治ドラマという名のホラーだよ。
で、私はゾーイが殺されたことで仕事仲間であり恋人だったルーカスとその同僚ジャニーン、そして首になった元上司ハマーシュミットの三人でフランクを調査して追い詰めていくのかなと思ったんだけど、ルーカスはFBIに捕まっちゃうしハマーシュミットは直接フランクと会って記事を見せたけど、逆に脅しに屈してしまったのかな……そのあと出てこなかったので。ちょっとここは残念に思った。また出てくると嬉しんだけど。

それにしてもフランクとクレアの夫婦、見応えはあるけど彼らのやっていることにとても同情はできないし応援する気にもなれない。アダムやメーガンの件については自分たちの有利になるよう先に発言して後から当事者にごめんって謝ってもそんなの言ったもん勝ちなわけで、あとからしれっと謝罪するスタイルはつくづくずるいよなと思う。
私はこのドラマはフランクが大統領の座に就くまでの過程を丁寧に描くのかなと思っていたので、S2のラストでもう就任したことには驚きましたが、トップに上り詰めたなら今度はそこから転落していく姿を見たいよねぇ。誰が足を引っ張るのか。誰が真実を暴くのか。誰がフランクの犠牲になるのか。
フランクのあの癖、木製のものを2回ノックして幸運を祈るあの仕草、いつかどこかで決定的な表現として使われるような気がするんだよね。

このドラマで私は誰が好きかといえば実はダグ・スタンパーだったりする。彼は根が優いんでしょうね。かくまっているレイチェルに恋心を抱くようになってしまい自分でもどうしていいか分からなくて揺れるのが見ててたまらない~。断酒して10年以上ですが、頑張れって応援したくなるし、立ち直らせてくれたフランクに恩があっての忠実な部下ではありますが、いやしかしこの先どうなるのかな~。ダグがもし裏切ったり見切ったり寝返ったらフランクはけっこうダメージ大きそうじゃない?
アル中だった頃のダグのエピソードを見たいなと思うほどに(もちろん演じるのはマイケル・ケリーで!)、ダグラス・スタンパーが好きです。


他に気になったこと。ルーカスがコンタクトを取ったハッカー役にジミ・シンプソン。すっごくびっくりした!でもこの人「ホワイトハウス・ダウン」(2013)でもハッカー役だったしPOIではSNSのCEOだったし、なんていうかこの人はIT系に合う顔なんだろうか?
このドラマ他にもPOIに出てきた人いっぱい出てくるよね?S1ではスノウ捜査官役マイケル・ケリーとハーシュ役ボリス・マクガイバーが出てたけど、続くS2では前述のジミ・シンプソンだけでなくアリシア・コーウィン役エリザベス・マーベルも。