生き抜くのに一番大事なものは (運命を分けたザイル)

Touching the Void (2003)

サバイバルできるのか!?という不安や緊張感が最後までずっと続いて、見終わったらかなり疲れる映画でした。←悪い意味ではないですよ!

生き抜くために一番大事だったのは、最新の登山用品でもなく、飲料・食料でもなく、意志の力だということに感銘を受けました。絶対にあきらめない、希望を捨てないでがんばった(実際は「がんばった」どころじゃない死闘ですが…)ジョー・シンプソンが本当にすごかった。
関連記事

コメント

非公開コメント