エターナル・サンシャイン

"さよなら"の代わりに記憶を消した−

キャッチコピーがすっごく素敵な「エターナル・サンシャイン」。今週末公開? でも実は私、去年の秋にもう見てます。しかし、国際線の飛行機の中で鑑賞したものだから、怪しい吹替、そして最後の方はどうしてもトイレに行きたくなっちゃって、戻ってきたらエンドロールが流れてた、というどうにもこうにもツイてなく、全然いい話だと思えなかった(泣)。結局最後はどうなったのか未だに知らないし。
日本公開前から絶賛されてるじゃありませんか。そうなるとよけい悔しいよー。

この映画のケイト・ウィンスレットがとってもキュート! こんなに可愛らしい女優さんだったのかー!? と。彼女は髪の色が赤、オレンジ、青ところころ変わるんです。時間が激しく前後するストーリーなので、この髪の色を目安にすると分かりやすいらしい。
他のキャストも豪華で、特にキルスティン・ダンストが可愛らしかったです。イライジャはマルコメ坊やでした(笑)。これから観にいかれる方は、この映画と素敵な出会いをしてほしいです。

しかし原題は
Eternal Sunshine of the Spotless Mind
なのに、全然イミ伝わってない邦題だよな。
関連記事

コメント

非公開コメント