思い切って借りてみた (チャンピオン 明日へのタイトルマッチ)

The Calcium Kid (2004)

PoCを観た帰りに、勢いでレンタルしました(ちょうど半額セールやってたし)。なんだかこそばゆくって、こういう時でもないと、永遠に借りなさそうな気がしたので(笑)。
それにこの邦題、名付けたやつの首を絞めたい感じです。たぶんそれがもうどうにもこっ恥ずかしくて今まで手を出さなかった原因だな(断言)。
原題の"Calcium Kid"の方がずっといいし、"boy"でもなく"man"でもなく"kid"を使ってるところに笑いがあるように思うのねー。

でも、意外や意外、面白かった!オフビートコメディ、低予算まっしぐらな姿勢が迷いがなくてよろしい。「エリザベスタウン」の時なんかよりよっぽどコメディな部分が似合ってましたよオーランド。
主人公ジミーの、自分の状況が分かっているようで、でもいまいち信じきってない感じがよく出てて、それがまたおかしさを醸し出してました。
でも試合前、アイルランドじーちゃんに「俺の名前はジョニーじゃない!ジミーだ、ジミーだよ!!」ってぶち切れる辺りなんかけっこう好きですし。
学校で無理矢理子ども達の前で話をする事になったジミー。子ども達の興味津々のキラキラな目が可愛かった。頭での板書割り(?)で「すげー!」と一気に尊敬のまなざしになった子ども達に、牛乳を飲もう!と宣伝活動に一生懸命なジミー(笑)。

事件の後、関わった人たちの人生が色々と良い方向に変わり、成功している人もいる中、ジミーはまた牛乳配達人(でも出世してマネージャーになった(笑))に戻っちゃうんですね。え、キミはそれでいいの!?と思ったら、なーんだ、彼が気になっていたエンジェルと結婚してたんですねー。何その絵に描いたようなハッピーエンドは!とつっこみつつ終了。

でもこの映画、ジミーのお父さんが言うことは、なかなか的を得ていて、それがこの映画をうそ臭くさせなかったのでは?と思いました。


それにしてもあの牛乳配達車、とーってもラブリーですね。私もあれを運転してみたい!
関連記事

コメント

非公開コメント