歓びを歌にのせて

Så som i himmelen (2004)

のっけから鼻血出しながら一心不乱にタクトを振る指揮者のおっさんにびっくりさせられるのですが、このおっさん=ミカエル・ニュクビスト演じるダニエルがもんのすごい魅力的で、観て良かったなーとしみじみ感じるお話。

ダニエルの、人付き合いを避けようとしてひっそりとした村の、使われていない小学校を住処にするのですが、自分が7歳まで住んでいたところな上、有名な指揮者が村にやってきた、と周りが放っておかないわけです。で、聖歌隊の指導をすることになったのですが、彼は音楽への情熱をみなに伝え、指導する以外は、物静かにものごとを見ているし、飄々としてる人なんですね。でも興が乗ると、自らバイオリンを手に取り弾いちゃうあたりが妙にかっこよくて、魅力的な人物なのです。

聖歌隊のメンバーも、なかなかに皆さん家庭のトラブルや、夫婦仲であったりと、問題を抱えて、それでも歌いたい、歌が好き、という気持ちをひとつにしてハーモニーを奏でていく課程が素敵でした。

デブとからかわれてた男の人が、35年間の鬱憤を大声で訴え、怒りで体を震わせているのに、DVの旦那持ちのカブリエラと目が合うと、お互い微笑みあい、笑い出すそのシーンに、人の強さを感じました。

ダニエルが心臓発作の気がある、という設定でしたので、最後はなんとなく予想がついてはしまいましたが、それでも感動しました。むしろ、コンクールまでよく心臓持ったな…と見てるこっちがハラハラしちゃいましたよ。
関連記事

コメント

非公開コメント

やっぱそう?

あ、武田様もバレてるっぽい?(笑) 毎日一緒に生活してる相手だものねぇ、なんとなーく、分かっちゃうんですかねぇ…? 私も会話の中で、つい「その写真ブログにアップしようかな」とかポロっと言いそうになって、危ない思いをよくしてますよ。

この映画は私も職場の方から絶賛されて観ました。

鼻血出しながら!?

こちらにも、失礼いたします。
これ、友人がとても好きだ、よかった!と言ってたんで、見なくてはと思っていたのですけど・・・。
うわ、そんなのっけからびっくりしちゃいますよね。
と、そこまで読んであとは我慢・・。DVD見たら、またお邪魔させてくださいね。
(あ、私もオットにばれてるっぽいのですけど、絶対に認めていません!笑)