メカジキ (ソードフィッシュ)

Swordfish (2001)

最初から最後まで、役者萌え♪ な映画でした、いやー、おいしかった!!
何をそんなに喜んでいるのかというと、ソードフィッシュのヒュー・ジャックマンがあまりに素敵で、ストーリーなんかどうでも良かったわ!ここまでストーリーをうっちゃって俳優ばっか観てた映画も珍しいかと(笑)。

これ、主役はトラボルタかなぁ、とは思うのですが、どうもこの方、太りすぎな上に、未だに自分に似合う髪形が分かってないっぽい。
加えて、彼は映画業界に長くいて、大きな浮き沈み両方を経験しているからか、映画界の内輪ネタ(ゲット・ショーティ)とか、自分の映画のパロディ(パルプ・フィクション)モノに出演多いよなぁ。そういう意味で、冒頭のガブリエル(トラちゃん)のモノローグは、またか…と。
ちなみにモノローグで始まる映画は、雰囲気が最高な「レザボア・ドッグス」が好きだ。

しかしコーヒーショップを出た後、360度で描いた爆破シーンは、初めて見る撮り方で、とたんに興味が沸きました。そして自分の元に転がったベアリングの球を見つめる男…あれ、これ、ヒュー・ジャックマンだ!えー、これに出てるんだ、知らなかったよー、と思わぬ発見で小躍り。その後はもう彼の魅力がダダ漏れ映画でしたわ〜。

実はこのDVDは図書館で、題名だけ見て借りてきたので、トラちゃんが出てること以外はあらすじも知らなかったけれど、それが予備知識なしでかえって良かった。

で、お話は数日前に戻ったところから始まるのですが、スタンリー(ヒュー)の元にやってきたジンジャー。このジンジャー役のハル・ベリーがすっごくセクシーな上、ヒューと雰囲気がばっちり。美男美女のシーンは眼福ですわ〜。



恥ずかしながらハルの映画は「エグゼクティブ・デシジョン」しか見てない(しかもハルと認識して観ていない。確かスチュワーデス役でした?映画自体は大のお気に入りですが)ので、えー、この人こんなに素敵な女優さんなんだ、とびっくり。この映画の髪型がまたとっても素敵なんですよー。


ま、お話は特筆することはなかったですが(笑)、とにかくヒューの色んな面を観られたことですね。
元世界的ハッカー役だなんてハイテクでかっこいいヒュー。
娘を迎えに行くお父さんなヒュー。
事件や犯罪に巻き込まれる役に見られる、及び腰なヒュー(あらら、あたしったらヘタレが好きなのかしら)。



↑ 片耳ピアスも、まっとうな暮らしをしてない、なんかヤラシイ感が出てますね。

これはもう、近々ヒュー・ジャックマン祭をしなきゃだわ!


そうそう、終盤、バスが車体ごとヘリに持ち上げられて空中を移動するのですが、このアイデアは面白い。そのバス私も乗ってみたいわー、と思って見てたら、バスを支えるロープ4本のうち2本が切れた!ぎゃー!!
すいませんやっぱり乗るのは遠慮しときます。

鑑賞後ネットで画像を漁っていて気付きましたが、この映画の色調(全体的に緑、黄味がかっている)も私は気に入っています。


ヒュー、こんな表情の時はちょいエオメルカール・アーバンに似てる?




ちなみにソードフィッシュとは日本語でメカジキの意。もちろんメカジキの映画ではないですが覚え書。
関連記事

コメント

非公開コメント

なにぃ!

ということは、私は一番いいヒュー・ジャックマンをもう観ちゃった、ということなのでは…(汗)。

さっそく「X-MEN」と「恋する遺伝子」を図書館にリクエストし、借りられるのを待っています。

私生活では奥さんにちょーラブラブ(なんか女子高生みたいな文章ですな)なヒュー。私もそんな素敵でかっこえぇ旦那が欲しい!

ヒューさん♪

こんばんは~♪
きゃー、「ソードフィッシュ」!!
いやーん、私も昔これ見てヒューさんにメロメロになって、しばらく祭をしてしまいましたワ(笑)
映画の内容はさておき、この映画はヒューさんを愛でるのに完璧ですよね!
そうか、ヘタレ好きのツボをつくんだわっ
「ニューヨークの恋人」も「恋する遺伝子」もヒューさんばっかし見ていて、あまり内容は覚えてないです。「X-メン」も全部見ましたわ。何やってんのかしら・・というようなことをやっていても、彼はすごく男前ですわ。でも、一番ステキなのは「ソードフィッシュ」かも・・♪