2006年は

大晦日です。休みは30、31日の2日しかありませんでしたが頑張って掃除をし、買出しして、おせちは買って済ませたけれど、なんとか新年の準備が出来ました。

しかしまぁ、今年は色々と実の生らないことが多い1年でした…(悲)。
来年は必ず病院卒業できますよーに!


恒例の年末映画ベスト選出。どれが1位、ではなく、今年観た映画で良いと思ったもの。2006年は小粒ながらも質の良い作品が揃って嬉しいわ。


作品
真夜中のピアニスト



雰囲気がある映画とはこういうのを言うのでは。とにかくお気に入り。

007/カジノ・ロワイヤル



007の新しい幕開けに拍手。

ユナイテッド93



観ていて辛くなる、ドキュメンタリーのような映画でしたがそれでも私はこれを他の人に薦めたい。

暗い日曜日



最後のどんでん返しに…!

ヒストリー・オブ・バイオレンス



約90分という中に密度の濃い、色んなものがしっかりと描かれていた作品。キャストが秀逸。

ウィンブルドン



イギリス映画のいいところが詰まってる!

ソードフィッシュ



ただただもうヒュー・ジャックマンを愛でる映画。


男優
ヒュー・ジャックマン
言うことなしのかっこ良さ。何で今までノーチェックだったのかっ。
ロマン・デュリス
「真夜中のピアニスト」があまりにも素晴らしくて、感動すら覚えました。
ダニエル・クレイグ
新ボンドにこれだけマッチした彼を選んだ人はすごいよ!

女優
キルスティン・ダンスト
彼女の作品は前々から観ていましたが、最近ぐっと素敵さが増して、お気に入りの女優さんです。

監督
クリント・イーストウッド
職人芸の域に達している彼の作品を、今年は4本も観ることができ幸せです。



来年もまた素晴らしい映画に出会えますように。

ブログに遊びに来てくれた方々ありがとうございました。皆さんにも素敵な映画との出会いがありますように…。
関連記事

コメント

非公開コメント

チアガール(笑)

トリみどりさん、『ヒストリー~』は女2人で観たので、大丈夫でした(笑)
あんなに濡れ場があるとは思ってませんでしたが。
観終わった後の方がびっみょーな雰囲気になりましたね。知人は消化不良というか「なに?コレ?!」と、どうもナットクいかないようでした。(説明が一切ない映画だからでしょうね)

こちらこそよろしくお願いいたします

私の2006年は、小粒で良質な映画が多かったので、結果渋~い(笑)選択になりました。

「ヒストリー~」、知人宅で皆さんでご覧になられたんですか!?びっみょーな雰囲気流れませんでしたか?うちはもうチアガールのシーンでオットと「…」な間がありましたよ(笑)。

遅ればせながら

おめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
3日の晩に自宅に帰ってきて、今夜やっとゆっくりパソコンからおじゃますることができました。

トリみどりさんのベスト映画、シブい作品揃いですねー。私は観ていないものがほとんどです。中でも「真夜中のピアニスト」に興味をひかれました。
そうそう、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」は、新年早々知人の家で観ることができたんです。
強いヴィゴさんにウットリ・・・でした。