30歳未だ人生に迷う (ロシアン・ドールズ/スパニッシュ・アパートメント2)

Les Poupées russes (2005)
(The Russian Dolls)

ロマン・デュリスはちょっと怒ってるような、眉間にシワ寄せたような表情の方がきりっとしてていいですね。なぜなら、「ロシアン・ドールズ」の彼は、もー色んな女の人の元へあっちへフラフラ、こっちへフラフラ、女性の前ではでれでれな表情で、おまえはもぅ!と叱りたくなる適当さ(笑)。

それに対して、5年前の神経質だったイギリス人女学生ウェンディは、しっかりした大人の女性になってました。彼女の成長ぶりは良かったと思います。
さらに、周りに面倒をかけてばっかりだった彼女の弟、ウィリアムが、5年後にはロシア人バレエダンサーと結婚。おぉー、大人になったなぁ!と感慨深いものがあります。そう、この映画は、出てくる人々がとってもリアルなのが親近感がもてて、うそ臭くない、というか、見ていてすんなりなじめるように思います。ああいうのに国籍とか言葉って関係ないんですよね。


ちなみに、ウィリアムが彼女のバレエを褒めて
Good Show!(グッドショウ!)
と言うのですが、いかんせんお互い言葉が分からない。彼女はそれを
хорошо(ハラショー)
と言われたのかと勘違いしてお礼を言うんですね。誤解をしているんですが、外国人同士のなんとかして相手を理解しようとするのって好きです。前向きで。


色んな国籍の人がごちゃまぜな青春、な1作目に比べると、主人公グザヴィエのその後、な感じの今作でしたが、「恋人までの距離(ディスタンス)」&「ビフォア・サンセット」のように、また彼らの5年後をぜひ見たいです。個人的には彼らとほぼ同い年ですので、親近感が沸く、という理由もありますね。

それにしても、ユーロスターで往復して、パリとロンドンで仕事が出来るなんてすごい。


しっかしこの映画のロマン・デュリスは面白すぎ。ホラ吹きグザヴィエの後ろで笛吹き踊ってるもう一人のグザヴィエ、どんどん人数も増えて、もー爆笑、最高でした!

30歳で未だ迷うグザヴィエ、こいつは結婚しても、職が安定しても、やっぱり迷ってる感がする(笑)。


クラピッシュ監督と面白ポーズ、なロマン

関連記事

コメント

非公開コメント

かえるさまへ

こんばんは。こちらへのコメントありがとうございまいす。
「愛より強い旅」はまだ未見なんです。ぜひ近いうちに見ようと思ってます。え、でもそっちでもロマン脱いでるんですか(汗)。


今後もよろしくお願いいたします。

はじめまして

こんばんは。
カジノ・ロワイヤルにコメント・TBありがとうございます。
で、こちらにコメントをー。
ロマン・デュリスの演技のベストはやっぱりシリアスな『真夜中のピアニスト』かなーって思いますが、コミカル飄々キャラのロマンも大好きですー。
ほら吹きシーンはめちゃめちゃおもしろかったですよねー。
一昨年はロマン作品をそれらを含め4本も見られたのに、去年は会えずに寂しかったですぅ。
『愛より強い旅』の裸も衝撃的でっす♪

ありがとうございます

丁寧にコメントありがとうございます。

また脱いでもいいので(爆)5年後のグザヴィエが見たいですよね♪

こちらにも

お邪魔します♪
あー、ロマン君のまた五年後を見たいですが又脱ぐのかしら?笑
ちょっと強烈でしたけど…また見たくなりました。何を?爆←このシリーズを。です