牛・人・牛 (恋する遺伝子)


Someone Like You... (2001)

アシュレイ・ジャドがコメディ初挑戦、てことで、頑張ってはいると思いますが、最後は納得いかなくて、うーん…て感じ。

ジェーンが自分で打ち立てた、牛を例えにした研究は正しい理論だけれど、でも人の心はそうではない、ってことに気付いた彼女が、同僚かつルームメイトのエディを好きになった、のは分かるし、最後もキスでハッピーエンドなんだけどね。エディはまだまだ元カノレベッカを忘れられずにあっちへふらふら、こっちへふらふら、いろんな女の人と遊びまくると思うけどなー。


この映画のヒューはたいてい飲んでるか女と一緒にいるか、だけれど、酒が入ったグラス(中身は バーボン/ウィスキー/スコッチ のどれかね)を持つ姿が似合う似合う。今の奥さんと出会うまでは相当な遊び人だったらしいヒューの過去を見ることができるような気が…わわわ。

アシュレイ・ジャドがスタイルよくって、Tシャツから伸びるながーいほそーい腕が素敵でした。
関連記事

コメント

非公開コメント

そうなんですよ!

今晩は。あら、ポリスを自宅で聞きたい時に聞ける、ということは、CDをお持ちでいらっしゃるのかな?

私は10年以上前に発売された、ポリスのコンプリートBOXというのを買って、全曲制覇しているにも関わらず、気に入った曲しか聞いてません(笑)。

X-MEN、3作目はストーリーがほんっと突っ込みどころ満載で、笑って楽しく見る映画ですのん。そしてこれのヒューはまじでギャグじゃないかと思うところ一杯ですので、そんな風に楽しんでくださいませ。

(↑とてもお薦めしている人の文章とは思えない)

そうだったのか!

トリみどりさま、こんばんは。
も、あれからずっとポリスが流れてる我が家です(笑)
わからないのか?君はぼくのものだ♪ いいねぇ~
みたいな感じで。

ところで、3作目はいけるんですね!
これは未見です。
>それにひきかえウルヴァリン
というのがすごく笑えてしまいましたが。
また借りてみまーす♪