お父さんは頑張っている (ウェザーマン)


The Weather Man (2005)

若い頃の濃いニコラス・ケイジが苦手だった私ですが、最近年を取り、アクが薄くなってきた彼はちょっと気になる存在。
この映画は日本劇場未公開ですが、ちらほらと良い噂を耳にしていた「ウェザーマン」。これこれ、こういうニコラス・ケイジを見たかったのよ。

ピュリッツァー賞受賞の偉大な父、ひいき目に見ても出来があまり良いとは言えない子どもふたりと離婚(別居かも)した妻、の板ばさみのデヴィッド(ケイジ)。その上どうも彼はタイミングが色々と悪くて、嫁とも子どもともトホホな毎日なのですが。

アーチェリーがやりたい、と言っておきながら、1回チャレンジしただけで飽きて止めてしまう娘を励ますお父さん、なケイジが好きだなぁ。こう、決して器量良しの女の子ではないけれど、デヴィッドにとっては大事な娘。たった1回の挑戦で諦めた娘を、ふがいなく思い、でも一生懸命褒めて励ましやる気を出させようとする、そんな親としての気持ちが伝わってきましたよ。

また、いつも父の前では萎縮してしまうデヴィッド。自分の仕事や人生が、決して誇れるものではないことを何よりも自分自身がよーく分かっているから、父にとって自分は出来の悪い息子、と思われているようで、期待に応えられない自分を物悲しく情けなく思う彼の気持ちがよく描かれていました。


結局、妻は他の男と再婚、娘、息子とは週末しか会えないけれど、全国ネットのニュース番組内の天気予報士の職を得、N.Y.で新しいスタートを切ったデヴィッドは、決して不幸ではなく、むしろ吹っ切れた感があって、あぁ良かったな、って素直に思えました。


可笑しかったのは、デヴィッドが勤めているビルの隣に、彼が忌み嫌うファーストフード店(マクドナルド)があること。だから彼がビルに出入りする度にマクドの看板がちらちら映るのがね、可笑しくて。


でも、父ロバートもまた、もしかしたら彼自身の父と、息子のデヴィッドとの板ばさみだったことがあるかもしれない、そう思わせるまなざしが暖かかった。たぶんデヴィッドは肩の力が入りすぎているんでしょうね。でも人生をずっと長く生きて経験のあるロバートは、孫達にどんなことがあっても、声だけは冷静に、息子に何があったのか問いただす姿勢がよかったし、
最後、余命いくばくかと知っている彼は、息子に向かい、「人生はクソだ。だがお前にはまだ時間がある」と言ったその顔が優しく、切なくなりました。


抑えた演出、淡々と繰り返されるBGM、ニコラス・ケイジ、マイケル・ケインの演技が光る1本。決して派手ではないけれど、他の方にもお薦めしたいです。
関連記事

コメント

非公開コメント

こんにちは!

なぎささん、コメントありがとうございます。
この映画って、監督が「パイレーツ」のゴア・ヴァービンスキーと、未公開にしては何かと驚き、な組み合わせで、かつ秀作だと思います。

「ナショナル・トレジャー」の続編は、ショーン・ビーンが出るかちょっと気になる指輪ファンです♪

トリみどりさん こんにちは!

TBとコメントを頂いたなぎさです。
ありがとうございました。
こちらからのTBがうまく送信できないようなので、コメントだけでも残させていただきますね!

N・ケイジは苦手という方、多いですよねぇ。
やっぱりあの「濃いお顔」が原因なのでしょうかね(笑)

この作品、受け付けないと感じた人が結構いらしたようですが私は好きでした。
それもN・ケイジが主人公を演じたことが大きかったと思いますねぇ。
『ナショナルトレジャー』の続編もできるということなので、そちらはまだ未見の私は早速、鑑賞してみようと思ってます!

武田様へ

ニコラス・ケイジ、以前はもっとやたら大作映画(ザ・ロック、だのコン・エアーだの、フェイス・オフだの)に出てた俳優ってイメージがありまして、さらに、出演作毎に彼の髪型もやはり気になるところではあります!!(笑)

がんばれケイジ~♪

メルさんへ

今晩はー。こちらこそほんっっっとにご無沙汰のお久しぶりですので、どうぞお気になさらず…。

これからもまた色々映画の感想をお話できたら嬉しいです。

よろしくです。

こんばんは♪

トリみどりさま、こんばんは~♪
コメントいただき、ありがとうございました。
これ、ほんまよかったですよねえ。
やっぱり劇場公開するべきだったと思いますわ~。
パパのセリフ、泣けました。
ケイジ、今度は「ゴースト・ライダー」って・・^^;
いろんな映画に出る人ですよね・・

書き忘れ(^^;;)

TBもどうもありがとうございました♪
こちらからもさせていただきますm(_ _)m

ほんとに・・・

淡々としてましたが、良い映画でしたよね~♪
おっしゃる通り、不幸を嘆く彼でしたが、決して不幸ではなく、ラストもいい終わり方だったので、良かったなぁ、って私も思えました。
ニコラス・ケイジもこの映画でなかなか良い演技
でしたが、やはりマイケル・ケインは素敵でしたよね~♪
ほんと、ラストのお父さんとしてのマイケル・ケインの顔が優しく、私も涙したのを思い出しました。

コメント、どうもありがとうございました♪
また時々お邪魔させて頂きます。
(すいません、最近ご無沙汰でしたm(_ _)m)