愛しのローズマリー

Shallow Hal (2001)

コメディの体裁をしているけれど、普段人はいかに外見で相手を判断しているか、というシニカルなテーマをうまく描いてて感心、でした。監督は「メリーに首ったけ」のボビー&ピーター・ファレリー。

お父さんの遺言がなくてもこいつは美女のお尻ばっかり追い回してるんじゃないかと思うジャック・ブラック、見てて飽きないよなぁ。いっつも面白いことばっかりしてて、友達だったら楽しいかも。でも疲れてる時や不機嫌な時にそういうことやられたら、気の短い私はめちゃむかつな、きっと(笑)。

グイネス・パルトロウがとにかくキュートで!今まで見た中で一番素敵な彼女だったかも。


最後は不覚にも涙しました。こういう愛しい映画はもっとたくさん観たいですね。


関連記事

コメント

非公開コメント