全員集合! (オーシャンズ13)



Ocean's Thirteen (2007)

12がもう許せないくらいお粗末でつまらなかったのに、13の予告を見ていそいそと映画館へ出向く私はアホなんじゃないかとちょっと思ったけれど、でも今、あまり見たいのがなくて、でも映画館には行きたい、という禁断症状が出てるので仕方ない。

と、自分に言い訳して観てきましたがおもしろかったよ。なぜ「12」もこのくらい面白く作れなんだ…(なにげに名古屋弁)。


この映画でのマット・デイモンの立ち位置って、「あぶない刑事」で言う仲村トオル。どんなに偉くなってもタカ(そうするとジョージ・クルーニー?)とユージ(もちろんブラッド・ピット?)には勝てない彼(笑)。とにかく彼が今回は一番受けた。いじられキャラがぴったりだねマット。
ブラピはちょっとお疲れ気味かなー。ジョージ・クルーニーは、ちょっとレトロで粋な雰囲気が似合う、仲間からの信頼度抜群の兄貴ですよね。

ラスベガスのホテルは、入れ替わりが激しいということを知っているとなお楽しめるのかも。シナトラとラスベガスの関係や、大きなショーがあちこちのホテルで開催されていることも。

13の予告で、11でオーシャンズにやられたアンディ・ガルシアが出てるのは知ってましたが、まさか12のヴァンサン・カッセルまで登場とは!嬉しい驚きだったんだけど、天才大泥棒のくせに、にせもののダイヤをまんまと掴まされるだなんて、お粗末じゃないかしら?せっかく今までのキャストが勢ぞろい、だったのに、ここだけ惜しい。

アル・パチーノ、エレン・バーキンも良かったです。ライナス(マット)に誘惑されてるシーンはほとんどギャグ。エレン・バーキンのコメディエンヌ(?)ぶりがいい。


ホテルの格付けに来た男性が、最後に空港のスロットで(実際、ラスベガスの空港に降り立つともうスロットがあるのには私も訪れた時笑った)、ラスティーのおかげとはいえ大もうけするのは、「最後にいいことあって良かったね」とほっとしましたよん。彼、あまりにもひどい目に遭いすぎてたので…(苦笑)。


すっごい構図がうまい写真だ!キャスト4人@カンヌ


関連記事

コメント

非公開コメント

いやほんとに!

こんにちは!アルティメイタム以来マット株が急上昇で、ちょっとストップ高かけないと、って感じです(笑)。

「13」は徹底して娯楽に徹したのがヒットの原因かな?と思ってます。12はあまりに仲間内しか分からないネタが多かったと思いますね。

ジョージとブラッド、そしてマットの「あぶない刑事」がちょっと見てみたいような(笑)。

面白かったですね~♪

ほんと、今回はマット・デイモン大活躍でしたよね~♪
私は彼のファンなので(ちなみに仲村トオルも大好き(^▽^)V)すごく嬉しかったです♪
それに12に比べてかなり面白かったですもんね♪
やっぱりこうでなくっちゃ・・と思いました。

そうそう、あのラストの調査員さんも
やっとこれまでの不幸?の見返りが来て、なんだか
ホッとしました♪
よしよし・・って感じ^^

TB&コメント、どうもありがとうございました♪