最後のオチが… (オーシャンと11人の仲間)

Ocean's Eleven (1960)

オリジナルはどんな感じなもし?と見てみました。

え、これで犯罪が成立しちゃうのー!?というびっくりなほど簡単なお金の奪い方に目がテンでしたが、あの当時じゃしょうがないか。

ストーリーは、盗むシーンは意外と短くて、その前後の話が結構長かったので、リメイクの「オーシャンズ11」は確か、周到な準備と盗み方に焦点が当てられてた(はず。確か。もうだいぶ前に観たからなぁ)ので、オリジナルの話の進み方にはちょっと見てて眠くなってしまいました。ゴメン。

にしても最後のオチは、なんだかなー。せっかくみんなで集結したのに、お金、焼かれちゃいましたよ〜(笑)。

ラスベガスは大通りがまだまだガランとしている60年代が見られました。
いやいやホントに、カジノものんびりした感じで、大金が盗まれてもあまり大事(おおごと)な感じがしないですから(笑)。

この映画のフランク・シナトラは男前。こういう感じ、好みだ。
関連記事

コメント

非公開コメント