過去を書き換える (デジャヴ)



Deja Vu (2006)

お話もスリリングですが、私はクレアを演じたポーラ・パットンが素敵でしたねー。


いわゆるタイムトラベルものであり、今流行ってるリワインディング(同じ映像を巻き戻して違う視点から見る)ものでもあるかな?とは思います。タイムトラベルが主題の映画はいつも私は頭がごっちゃになって分からないのですが、過去、または未来から現在に来た人(この映画の場合はダグ〔デンゼル・ワシントン〕)と、その「現在」のダグ、つまり同一人物が同じ時間に2人存在することになるけれど、それに矛盾は起こらないのでしょうか?

映画の最後、車と一緒に海に沈んだ過去から来たダグは、爆発で死亡しますが、その後その爆発事件の捜査に来たのが現在に存在するダグ。これは「ストーリー上矛盾しない」でおっけー?


ストーリーはよく練られていると思います。一度出てきたシーンがもう一度出てきた時、初めてその意味が分かり、「そうだったのか!」と膝ポンになることが多い。クレアがダグに掛けた電話、電話番号をメモした飴の紙、クレアの自宅に残された、血の付いた布地やガーゼ、などなど。

犯人の心理描写はちょっと薄いかな、と。捕まった犯人が取調べで言った言葉は、いかにも、実は他にも爆弾が仕掛けてあって、その内大惨事が起こるよ、というような意味だと私は思ったので、あの言葉の意味はなんだったの?と。


でも最後はハッピーエンドで終わって私はほっとしました。何せオープニングで船が大爆発を起こして何百人という人が亡くなっているので、ちょっとげんなりしてましたので。
関連記事

コメント

非公開コメント

タイムトラベルモノには

矛盾がつきもの、なのですかねー?(笑)

私が唯一、ちゃんと理解できて、矛盾もないな、と思えるのは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズです。これは単に私のアタマが悪いから?(苦笑)

再び・・・

すみません、上のコメントの「B級アクション」は「B級SF」の間違いです。・・・(汗)
トリみどりさんが書いておられるように、ハッピーエンドなのがいいですね。

Unknown

トリみどりさん、こんばんは!
私もなんか矛盾を感じながら観てましたね、これ。
最初はハイテク(死語?)機器を駆使して「おおお、なかなかやる?」と思ってたら、途中からだんだんB級アクションっぽくなりました。
でも例の、運転するシーンは素直に「スゴイ!」と思いました。あれは私的には斬新だったなぁー。