Eastern Promises もろもろ私的雑記・駄文

えー、平日のシャンテシネでしたが水曜日・レディースデイということで、けっこう席は埋まってまして。早めにチケット購入しておいて良かったかと。

夫と一緒に観に行ったんですけどね、鑑賞後「渋い、渋いよヴィゴ!」と絶賛。こっちがちょっとびっくりするくらい褒めてました。あと、ものすごく鍛えた体も彼は絶賛。私は、その割に足がひょろひょろなのが実はけっこう好みですが(笑)。

彼が着てるあのスーツやシャツ。もんのすごく仕立てが良くて黒光りしててむちゃくちゃ値段高そうで最高ですね。どこのブランドのでしょうか。私はスーツ着てる男性大好きです。いわゆるスーツフェチ(恥)。寒い冬はちょっと長めのコート着てると尚良いわー。

ロビーに、映画の紹介がしてある雑誌の記事と未公開シーンのパネルが展示してあったんですが、これ、かなり上の方に掲示してあるし、雑誌記事は等倍コピーで字が細かいから、よく読めないんですよ…。もっと下のほうに掲示してほしい、と言うべきでしたね。
しかも、ちょうど天井の空調から吹き出る風が、そのパネルをふわーん、と煽るので、パネルがいつも動いてますます読めない…(苦笑)。私と、私の隣におじいちゃんがひとりいらしてたんですが、お互い、「読みたい、でもよく読めない」状態でした。結局最後はもういいや、とその場を後に。しかもパネル展を見るだけの入場はお断り、と書いてあるし。

パンフレットもつねに誰かが見本を読み耽ってる状態でして。これまた買いませんでしたが、みなさんパンフレットって、必ず買いますか?それとも気に入った映画は買いますか?全然買いませんか?


結局キャスト、監督の来日はありませんでしたので、とても残念。特にヴィゴは、ここ数年必ず新作の度に来てたので、この映画もぜひ!と思いましたが。オスカーノミネートだし。傑作でしたので、観た後の今となっては、色々語ってほしいものです。


この作品は、観た後ウォッカを飲みたくなりますね。もちろん今は私、飲めません!くやしー!!あーあ、酒飲みはこれだから(笑)。

映画に出てきたロシア料理のレストランで行われる家族会。あれに出てきた料理がみんなとってもおいしそうで。ロシア料理っていうと、どうしてもピロシキだのボルシチだの、ジャムを入れた紅茶・ロシアンティーだの、お決まりのメニューしか知らないから、他にはどんな料理があるのかしら?気になります。
誕生日を祝ってもらってるのに全然ニコリともしないおばあちゃんが私は笑えました。…笑うところじゃない?


6/10付朝日新聞の沢木耕太郎のレビューが良かったのと、今発売されているキネマ旬報(2008年7月上旬号 No.1511号)の

滝本誠×宇田川幸洋 「イースタン・プロミス」を語りつくす

も読み応えありました。
この映画を気に入った方にはお勧め記事。「イースタン〜」だけじゃなくて、黒念監督についてたくさん語ってくれる人ってなかなかいないと思うので、私は大満足。


今回は予告すら見ず、一切の情報をシャットアウトして映画館に足を運びましたが、これは大正解。映画が始まって初めて「ほほう、ヴィゴは運転手さんの役なのね」と知ったくらいでした。実は最初、スチルを見た時は、ヴァンサンとヴィゴは兄弟なのか?と思ってたくらい。
関連記事

コメント

非公開コメント

ありがとうございます☆

こんなアホウな記事にTB頂きましてありがとうございます(汗)。

あの映画自体、もう男性ウケがすごくするんじゃないかな、と思うので、ヴィゴが男に人気にでもええんじゃないでしょーか(笑)。

あのスーツ、アルマーニですか!?だったとしたら素敵すぎる。絶対高級なものに違いないとは思いますわー。

「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の時のパンフレットは、確か背表紙が付いた立派な本のようなものが売ってたかと思います。とても素敵でしたが、その分お値段も…ね。

この作品は、もう一度観たいような、でもやっぱ怖いので観られないような、悩むところです。

Unknown

こんばんは☆
おお、TBできました。笑
最近だいぶNGワードが緩和されてきたのか?と思ってはいましたけど、どうもgoo同士に限っては本作はどうしてもTBが飛ばせませんでした;
でも違う記事を書いてくださっていてよかったわー。
旦那様の方がヴィゴに萌えましたか!わはは
男性が惚れる男なんですねー、ヴィゴって。
・・・う、微妙?笑
そうそう、ヴィゴのスーツ姿は素敵でした。多分あるまーに?
・・・で、プログラムの類いは全く買わなくなってしまったので、本作も例によって買わなかったのですが、でもでもよく考えたら買っておけば良かったなーと結構後悔してます;
作品としてもとても良かったと私も思いますよ♪