画面いっぱいの白と黒 (パンダフルライフ)

「パンダ観に行かない?」
という私のお誘いに、オット、
「えっ、どこへ?」
「うん、昭島」
「昭島にパンダがいるの?」
はい、いるんです
(MOVIX昭島で観ました)

というわけで、念願のパンダの映画だ!




パンダフルライフ (2008)


よく考えると、今まで可愛い、可愛い、と言っていたパンダを実は写真を見て言っていたんだなぁ、と気がついた。

映画だから、パンダ、動くんですよ。当たり前ですが。音も声も入ってて、パンダってこうやって鳴くんだ!竹を食べている時はこういう音がするんだ!と、新鮮で驚きでした。


アドベンチャーワールドは、2年前に双子のパンダが産まれているので、その2頭(愛浜(あいひん)・明浜(めいひん)が出てくるのかと思っていたら、そうではなくて、その2頭よりもう少し先に産まれた隆浜・秋浜(リュウヒン・シュウヒン)の方でした。2頭が中国へ連れて行かれる(なんか人さらいみたいで言い方悪いけど/汗)のにはびっくり。こういうのってごく普通に行われてるのかな?
2頭が中国へ出発する日の飼育員さんたちの涙には、こっちも泣けてきました。きっと一生懸命お世話をされていたと思うので。


パンダ、双子の子どもを産むのに1頭しか育てないって、どうなんだ!?と思うも、普段はご飯を食べる為の鋭い爪が付いた手で、優しく子どもを抱っこする姿はやっぱりお母さんでした。

映画館では一番前の席で観たので、手を伸ばしたら本当に触れるんじゃないかと思うくらいどアップのパンダたちに癒されました♪特に子パンダ。いやもう何をしても可愛くて。1頭連れて帰りたいくらい。一緒に観に行った夫は癒されすぎたらしく、途中寝てましたー。
関連記事

コメント

非公開コメント

ずっと見ていたいですよね

アドベンチャーワールドには一度行ってみたいんですよ。2年前の双子パンダが産まれた頃がいちばんの行き時だったようですが、タイミングを逃しちゃいました。

白と黒だけじゃなく、茶色いパンダ(=汚い)のもいましたが(笑)、許しちゃいます。はぁ~、まさしく眼福でした♪

もふもふ同盟推薦映画

トリみどりさん、こんばんは!
動くパンダをあんなに観たのは初めてで、パンダ好きにとっては眼福でしたよね♪
私も飼育員さんとお別れのシーンで涙してしまいました!自分でも意外でしたけど・・・
笹をかじってても寝てても転がってても絵になるパンダ・・・
もうその存在だけでじゅうぶん癒されますってカンジ(笑)
ダンナ様がおやすみになったキモチもよくわかる(笑)