お話の山場はどこなんだ (ミッシング)

missing_poster.jpg



The Missing (2003)

夫チョイスの作品でしたが、ふたりとも「こりゃだめだー」な結果。

さらわれた娘を探しに行くところまではなかなかスリリングで面白かったんですけどね。その後が…こう、うまく救出できるのか!?と思ったらやっぱりダメで出直し、とか、さっきまでぼっこぼこにやられてたのに、すぐ復活、またもや救出作戦、な感じが2回も3回も繰り返されると、「で、この話の山場はどこなのよ」と、ちっとも肝心なところがやってこない状態のまま延々長い話を見させられて終わった作品だったので、評価も何も…だめでしょこれは。


だいたい、ケイト・ブランシェットのお父さんがトミー・リー・ジョーンズな設定が私はダメだった。


キャストにアーロン・エッカートがいたのがめっけもんでしたね。

関連記事

コメント

非公開コメント