ヒューが!ヒューが!! (ウルヴァリン:X-MEN ZERO)



X-Men Origins: Wolverine (2009)

全編、ヒュー・ジャックマンのプロモーション映画だ、と言っても間違いじゃないでしょう!というお話。今回やっと気づいたんだが、どうやら私がアメコミ苦手なのは、あの衣装というかスーツというか、バットマンしかり、スパイダーマンしかり、変身した姿がどうも好きになれないのね。だから、X-MENシリーズも、あのお揃いの格好がどうも…。
だから今回はウルヴァリンの私服姿(?)ばっかりだからそれが良かったのよー。そしてヒュー、足が長い長い!もう下から存分にあおって撮っちゃって下さい!

で、お話はまぁアクション満載で、後からよくわからん部分もたくさんあったわけですが。ビクター(リーヴ・シュレイバー。好きな俳優さんなので、こういう悪役は見ててつらい〜)とジェームス(=ウルヴァリン)兄弟の両親は、普通の人間だったの?最後ビクターは死んだの?それとも姿を消しただけでまだ生きてるの?という疑問はありました。


その兄弟対決の山場が3回くらいあって、ちょっと多すぎかな、とは思いましたが、なんといってもこの映画、オープニングが秀逸!死なない体で様々な戦場を生き抜いてきたふたりの歴史がスローモーションと共に描かれるんだけど、画像処理とそのスローモーションがよく出来てて、それだけでもう満足でございました。

そう、この映画、ドニミク・モナハンも出てるのだ。指輪役者には限りない愛を注いでいるのだけど、残念、始まって20分くらいで姿を消してしまいましたー。電気を自由に扱える能力があるミュータント、けっこう決まっててかっこよかったんだけどな。

ひとつ不満があるとすれば、ジェームスの恋人役の役者さんがめっちゃ魅力なくてね…。あんなせくすぃーなヒューにはもうちょっと素敵な恋人をお願いします。いい男にはいい女!
関連記事

コメント

非公開コメント

サブきゃらも○

ひゅーだけじゃなく、脇を固める俳優陣も良かったですね!特にテイラー・キッチュ(かわいい名字だ)はかっこいいと思いました。

さーどうなる続編。最近の映画は続編あるよ、的な終わり方がちょっと多いかな?と思いますが、この映画にはけっこう期待してます。

ヒュー様♪

トリみどりさん、こんにちは☆^^

ほんと、この映画はヒュー・ジャックマンの魅力全開で、彼を堪能することができましたよね~♪
うぉ~~~~~~っ!のシーンも、全裸で疾走のシーンも大満足でしたし^^
戦うところは本当にかっこよかったです!

そうそう、私も彼の過去の部分で疑問に思うところが多々ありました。
もうちょっと過去を見せてくれると嬉しかったけど、まぁ時間的に無理だったのかもしれませんが。
彼ら兄弟の両親、気になるところですよね~。
普通の人だったのか・・・・それとも??

ガンビット役の役者さんも素敵だったし、見て満足できた映画でした~(*^^)v