残念だった… (ラブリー・ボーン)

The Lovely Bones (2009)

なんていうか、もうちょっとうまく作れたんではないの…?という感想でした…。あぁ残念!ピーター・ジャクソンだからすごく期待して観に行ったんですよ〜。どうも撮影後の編集中に「観客に分かりやすい表現に」的な要素が含まれているような気がしてならないのよねー。スージーが死後にすごした世界…なんだかガーリーな要素でラブリーな表現がいっぱいなんだけど、それってホントにピーター・ジャクソンが表現したかった世界か?と疑りまくり。

スージー亡き後の残された家族の描写と、スージーがいる世界の妙に明るくて美しすぎる感じがマッチしてないのが私の中で違和感ありました。

なのでこの映画で特筆するとしたら私はお父さん役のマーク・ウォルバーグだと思う!ボトルシップを作りながら娘を見つめるあの優しいまなざしといったら。もう、もう、いつの間にこんなに素敵な俳優さんになっちゃったの!?昔はマーキー・マーク・アンド・ザ・ファンキー・バンチやってた人だとはとても思えない…(と以前もブログに書いたな確か)。自然と好きな俳優になってました。


ちなみに今回監督のカメオは、ショッピングモール内のDPE店で8ミリを試し撮りをする男役。これは分かりやすかった。
あと、同じモール内の本屋の店頭に「指輪物語」のポスターが。わざわざ字幕も付いたし(笑)。


というわけで、今年1本目の映画は…うん、微妙だった(汗)。気を取り直して次回は「インビクタス」鑑賞の予定。
関連記事

コメント

非公開コメント

Unknown

早速のコメント&TBありがとうございます。やっぱりjesterさんもそう思われましたか!

お金「だけ」かかってた映画でしたね…。ほんっとーに残念だったです(がっくり)。私もエンドロールは途中で席立ちたかったけれど、列の真ん中にいたので、周りの方に迷惑をかけてまでは…と思うと最後まで見ざるを得ませんでした。はぁ。

ねえええ!

わたしもね、見ている最中から「あ~~これは失敗した!」とため息がいっぱいでました。

お金はかかっているのにね~~

しかもあのエンドロールの長さ。
席の真ん中に座ってしまったので、周りの人に悪くて立つこともできず、しかしねちねちした音楽(爆)(音楽にまで腹が立った)に思わず耳をふさぎましたです。

そう!そうなんですよー

大手資本の要求が反映されちゃってるような気がしてならないんですよね…。そう思ってるのは私だけか?とちょっと気になりるところではありますが。しけた感想でごめんなさい~。

そーなんですかー

トリみどりさん、こんばんは~
私もこれは観に行こうと思っていたのですが・・・
ううーーむ微妙なのですかぁー
私もピーター・ジャクソンということでけっこう期待してたんですけどねー
スピルバーグ総指揮というのが何か作用しているのか?!(ピーター・ジャクソン節炸裂できなかったとか?)

「インビクタス」も観たいです。