トラちゃん! (将軍の娘/エリザベス・キャンベル)

The General's Daughter (1999)

事件の謎を解く過程も面白かったし、トラボルタ演じるCID(軍犯罪捜査部)の捜査官ブレナーの台詞が非常にウイットに富んでいて、他者とのやりとりがポンポンと軽快な感じで進むのが、笑える部分あり、その切り返し方スマートだね!と、感心しました。

ブレナーは、軍人であり、かつCIDという捜査官でもあり、ふたつの身分を持つけれど、上司から問われて、自分はまず軍人ありきです、と宣言するのも興味深かった。そういう職務の人がアメリカにはいるんですねー。

そして丁々発止のやりとりをブレナーと繰り広げる同じく調査官のサラ。演じるマデリーン・ストー。相変わらず、相変わらず、もうとっても美人で!この人の美しさはちょっとなにかを超越している感じ。「12モンキーズ」の彼女が大好き。

結局事件は隠蔽するような形で集結となり、ブレナーにとっても少々後味の悪い結末となるのだけれど。大きな組織の前では個人の悲劇や事件はいとも簡単に「なかったこと」にされるのは…むなしいばかり。


これ、サスペンス映画としてなかなかおすすめです。
関連記事

コメント

非公開コメント