カルフォルニアの空が眩しい!(チアーズ!)

Bring It On (2000)

仕事サボって一日中やっつけ引越し準備の合間を縫って(ぜいぜい)一本見る時間を作った「チアーズ!」。キルスティン・ダンストは庶民的な感じがかわいいなーって思うんだけど、あんまり評判良くないのはナゼだろう?

お話自体は、振付盗用疑惑にも負けずにチアリーディングの全国大会に出て、素敵な彼も出来ました、的な分かりやすいストーリーだけど、カラッとした空気とカルフォルニアの真っ青な空の下で練習に励む高校生はとっても健康的〜。日本人じゃ恥ずかしくて出来ないよ、なセクシィーな振付も、あの天候の下だとさわやか〜に見えちゃう。エンドロールで流れるNG集も、青春映画のお約束ですねー。

ルーマニア出身のミッシー役の子がすっごく神秘的な美しさで、うっとりしながらフィルモグラフィを見たら、TVシリーズ「トゥルー・コーリング」で主役を務めているんですね。最近DVDが発売になったのと、ビバヒルのジェイソン・プリーストリーが出てることもあって、宣伝でよく見てたので、なんだか嬉しかった。トゥルー〜自体も見てみたいと思ってます。

あぁあと、怪しい振付師がフレディ・マーキュリーみたいでこれまた爆笑でした。
関連記事

コメント

非公開コメント