ハリウッドでリメイクはお約束 (Millenium)

先日「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女」を読了。スウェーデン発のミステリだなんて読む前からわくわく。読むきっかけは、私にしては珍しく、映画の原作だったから、ではなく、夫が先に3まで読了してたこと。先を越されて悔しい!とみみっちいライバル意識丸出しで読み始めたわけですが。

面白い。そして一番の疑問は、どうして主人公(?なのかなやっぱり)のミカエルはあんなに女性にもてるのか!

そしてそのモテモテ(笑)ミカエルに恋をしていると気付いたリスベットがなんだかすごく可愛くて!早く続編を読まなくちゃ!と、肝心のミステリはどこへ〜?な頭が悪い人の感想でごめんなさい。


で!本題はここから。当然のごとく映画化され、当然のごとくハリウッドでリメイクが決定なんですわ。リスベット役の女優が5人までに絞られた、というニュースは先日ちらりと小耳に挟みましたが、なんと!モテモテミカエル役にはダニエル・クレイグが決定!!あーいいかも!似合います。007が今のところ無期延期だから、暇でしょ(ヒドイ)。

リスベット役の女優と相性がよければ素敵な映画になりそう。あくまで相性が良ければ、のお話ですが。


ちなみにうちの夫の考えるミカエルは、フィリップ・トルシエだそうです(笑)。
関連記事

コメント

非公開コメント