何て言えばいいのか… (レッドクリフ Part1)



Red Cliff (2008)

実は3ヶ月くらい前に見たんだけど、もやもやしてて、レビューが書けなかったんです。たまたま夫も図書館でDVDを借りて見たので、感想をたずねたら「面白くなかった」。実は私もそう思いました…。

なんだろう、何がいけなかったんだろう。キャストは豪華だし、話も面白い…のだけれど。これ編集が悪いのかなぁ。戦闘シーンも、血がぶしゃー、ぶしゃー、と飛ぶだけで、こう、見せ場や一番の盛り上がりがないような。2部に分けたことで、かえってストーリーをじっくり長く作りすぎたのかもしれない。正直part2は、もういいや、と思ったし、見ることはないかな…。

ヨーロッパでは1部2部を合わせてダイジェスト版みたいな感じでまとめて1作に公開したと聞きましたが、それでも良かったのかも。

うーん、公開時は見に行かれなくて地団駄踏んだくらい悔しかったのに、いざ見てみると…がっかりでした。


金城武が良かったかな。諸葛孔明という知的な役だけど、若いのに落ち着いた聡明さがいいわー。って、ファンの贔屓目?

関連記事

コメント

非公開コメント

むむぅ…

監督はジョン・ウーなのにねぇ、何がいけなかったんだろうなぁって思います。
あー確かにファンはこんな映画化は怒るでしょうね。

Part2を見るとしたらもう金城武オンリーで行きたいと思いまっす!

孔明につきます

トリみどりさん、こんばんは~
「レッドクリフ」ね・・・確かにおもしろくない!
というか、三国志ファンにはきっとボロクソ言われてんじゃないかなあ。
でもね、観てる途中開き直ったら、それなりに楽しく観れたような気が(笑)・・・アクマでそれなりに。
なんにしても私は金城孔明にロックオンだったからー!!
ホントによかったですねぇ、金城さん。