終わりが近づいている (ハリー・ポッターと死の秘宝 パート1)

 


Harry Potter and the Deathly Hallows: Part 1 (2010)

今までの作品全部観て来たから、最後まで見よっか、くらいの軽い気持ちで行きましたら(前作の「謎のプリンス」がイマイチだったのもあったし)。あら、すごく良い出来でした。
きっと監督は、最終章を、丁寧に、丁寧に描きたかったんだろうと思う。長いと思う人もいるかも知れないけれど、私はすごく気に入りました。

特にロンがいなくなってハリーとハーマイオニーがテントの中でラジオから流れる曲に合わせて一緒に踊るシーン。あれはふたりの今までとこれからを非常によく表しているダンスで、ふたりの表情がまた切なくて素晴らしくて。ハリーとハーマイオニーは運命を共にする同士なんだよね。ロンとハーマイオニーだとプラス愛情になるんだけれど。私はこういうの、好きです。


今回はダントツにハーマイオニー役エマ・ワトソンが光ってた。演技ももちろんだけれど、彼女の美しさは今がピークかと思うくらい光り輝いていた。あの姿をスクリーンに残せるなんて、彼女は本当に幸せだと思う。それを見ることが出来た私たちももちろん。

映画の最初にハーマイオニーが、両親から自分の記憶を消し去る呪文をささやくシーン…あれにすごく涙しちゃいました。その後も敵から逃げるため瞬間移動した先が、いつもハーマイオニーが家族と過ごした思い出の場所ばかり。全てが無事に終わったら、彼女はまた家族と一緒に過ごせるようになるといいんだけどなぁ。


最後にはハリーと…になる(part2のネタばれになっちゃうので/汗)ジニーがあんまり出てこないからちょっと心配。いきなりふたりの関係がああなっちゃうの、納得いくだろーか私。

あと、ビル・ウィーズリーとフラー・デラクールの結婚式のドレスが素敵〜!会場も薄いパープルのテーブルクロスや装飾が私好み。

魔法大臣の役でビル・ナイが出てきたのにはびっくり!これビル・ナイだよね?そうだよね?と、隣りに座ってる一緒に観にいった友人にその場で確認したかったです。


エマ・ワトソンギャラリー♪






手が大きい!




このドレスがよく似合って素敵
関連記事

コメント

非公開コメント