つぐない



Atonement (2007)

暗く悲しい物語でした…題名の「つぐない」(原題は「贖罪」)とは逆に、ブライオニーは罪をつぐなえなかったんですね…でもつぐなえても姉セシーリアと彼女の恋人ロビーの時間は戻ってこないわけで。

こんなに暗い話は「日蔭のふたり」以来かもしれん。作家となり年を取ったブライオニーが創造した、セシーリアとロビーの幸せな仲睦ましい様子が描かれるから、よけいに現実との落差がもう大きくて大きくて。

13歳。微妙な年頃な上に、こうすればああなる、という知恵もあるから、ブライオニーのやったことはやっぱり私はすごい悪意を感じるし、そんな少しの出来心で人生は大きく変わっちゃうんだよ、ということなんですよね。

うーん、うまく感想書けません!


私の勝手な想像だけど、この映画のキーに「水」もあるかと。落とした花瓶を拾いに噴水のため池にもぐるセシーリア。彼の心を試そうとわざと川に落ちるブライオニー。最後、ロビーが亡くなったのはフランスの海岸沿い。セシーリアの死因は地下鉄の駅に流れ込んできた水。


キャスト。シアーシャ・ローナンの瞳がものすごい青色で、うわー、とびっくり。外国人って光の当たり具合によって瞳の色が全然違って見えるからこっちは驚いてしまいます。彼女は「ラブリー・ボーン」よりずっとずっとこの作品のほうが良かったです。あどけない感じだけど姉の恋人を陥れる計画をたくらんじゃうあたり(笑)。

反対に濃いほとんど黒の髪に濃い瞳のキーラ・ナイトレイ。あんなにやせっぽっちなのにやはり西洋人。骨組みはしっかりしているんだろう、薄い生地の緑のドレスがちゃんと似合う。

そしてジェームス・マカヴォイ。いやー!タキシード姿が素敵過ぎ。そしてそのふたりの図書室のラブシーンは場所も衣装も全てが官能的で、ものすごーくドキドキしました。




涙、涙のふたりの幻の幸せな姿…
関連記事

コメント

非公開コメント