ユアン・マクレガーの映画と言っても過言ではない (SW3 シスの復讐)

Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith (2005)

家で全作品を一気見して、今夜その勢いで SW/シスの復讐 を観ました!あのお約束の文章、そして一瞬の間の後、出てくるタイトル。それだけで鳥肌モノです。そして今回は、これで最後なんだ、という切ない気持ちにもなりました。

いやもうのっけから「これで最後だから!」「やれることは全部やっとけ!」的なスタッフのハイテンションぶりが感じられます。気合入ってます(笑)。R2-D2大活躍!ちっこいからって負けやしない。実は強い。すごいぞ。そして船がまっ逆さまに落ちていく中大奮闘するジェダイのふたりがかっこよかったです。ていうかオビ=ワンめちゃめちゃ強い!

この映画の主役は、エンドクレジットを見る間でもなく、オビ=ワンでした。彼がまだパダワンだった時からずっと見てるから、アナキンだけではなくオビ=ワンの成長をもこの映画を通して見てたことに気付きました。それだけに、オビ=ワンにとってアナキンは、生意気な口を利いても、無茶な行動をしても、やっぱり彼が大切でかわいくもあり、成長ぶりが嬉しかっただろうに、一番行ってほしくない方向へ行ってしまった弟子を思うオビ=ワンの気持ちがこちらにも伝わって辛かった。溶岩の海を前に、アナキンに向かって「選ばれし者だったのに!? 弟だと思ってた。 愛していたよ(I loved you)」と、すでに過去形で話すオビ=ワンに泣けてきました。

しかし、オビ=ワンに比べると、アナキンあほすぎやしないですか。結局パドメを救うために堕ちたダークサイドなのに、パドメ死んじゃってるし。結局どの目的も果たせてないじゃん!とツッコミたくなります、ほんとに。しかもシスに寝返る動機が、メナス・ウィンドゥを自分が殺したといえ、あまりにも唐突すぎて、「は?」て思っちゃいました。
溶岩のシーンではアナキンの姿のあまりのエグさに引きました。怖い!怖すぎる!腕も足も失くし、ただ唸るように叫ぶことしかできない有様。あそこまで残酷に描写する必要はあったんですか〜?(滝汗)

パドメも「男を見る目がない」って雑誌にかかれてたけど、確かに。議員も務めて頭いいはずなんだけどなー。鼻っ柱が強くて元気なレイア姫に比べると、ほんとにこの人アナキンが好きなのかな?と疑っちゃうくらい醒めてるし。アナキン&パドメに全然感情移入できないのはそれが原因か?アナキンの心の弱さや欲に気付くの遅すぎだよー。双子の命名の場面も淡々としてて落胆でした。もうちょっと表現のしようがあるのでは。

SF映画の登場人物に魅力がなかったらほんと目も当てられないけど、ユアン・マクレガーはこの作品を背負って立つに十分魅力的でした。アナキンの描写は不満が多いけど、演じたヘイデンは良かったです。私はすごくこの俳優さんを買っているので、今後も期待ですし楽しみです。ナタリー・ポートマンは、うーん、残念ながら唯一のミスキャストかも。
思うに、なんで旧3部作は、メインのルーク、レイア、ハン・ソロはもちろんのこと、チューイ、ランド等、サブキャラもみんなみんな魅力的なのに、新3部作はこうもダメなのか。ほんと何とかしてほしかったです。
でも、新3部作ではC3POもR2D2も、やろうと思えば容易くCG化できるだろうに、ちゃんと旧3部作の俳優さんをまた使ったことが私は嬉しかったです。ルーカスが、例えドロイドでも、人の演じる力や温もりを重んじての結果だったとしたら私は嬉しいなぁ。

他には、音楽の使い方が秀逸でした。産まれた子供にルークとレイアと名づけられる場面では、EP6で、ルークがレイアに出生の秘密を明かすところと同じ旋律、また、ヨーダが身を隠すためにダゴバへ旅立つシーンは、5でルークがダゴバに向かうシーンと同じ旋律、と、懐かしいあの曲たちを通してクラシック3部作に導かれるのが素晴らしかった。また、ラストでラーズとベルーが見つめる2つの太陽は、ルークが4で見つめるシーンを思い起こさせます。きっと他にもそういうシーンは沢山あるだろうから、そういう意味ではまた観たいですね。それに今日見た映画館は、THX対応だったので、音は最高でした。THX対応の映画館でSWを観ずして何を見る?

なんやかんやと色々書きましたが、スター・ウォーズは本当にこれで最後。4,5,6作で謎だった部分、なぜそうなったのかが1,2,3を通して全て明かされ、28年をかけてミッシングリングが繋がった、偉大な映画だと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

初めまして!

お邪魔します。
熱いコメント、堪能致しました。
確かにSWはアナキンだけでなくオビ=ワンの物語でもあるんですよね。

これで完結。切ないけれどお疲れ様って感じですね。
私もまた観ようと思います(また観るんですか。。。)