ロミオ&ジュリエット 再見

私のiPodは7割が映画のサントラだ。で、Des'ree の Kissing You を聞いていたら無性に見たくなった!

Romeo + Juliet (1996)

公開時に映画館で観てるので、15年ぶりの再見。えー、もう15年も前でしたっけ。

前述の曲、私はロミオとジュリエットの結婚のシーンで掛かってる音楽だと思ってたら、ふたりの出会いのシーンでした。すごい勘違い。

で、この出会いのシーン。レオ以上に、クレア・デインズの可憐な美しさにもう!私のハートも射抜かれました。こんなに可愛かったんだ!!そりゃロミオも一目ぼれしますよ。あんな美しい時の旬の姿をスクリーンに残せて、女優というか女性として嬉しいんじゃないかな。


この映画、他にも似合ってるんだか似合ってないんだかよく分からないアロハシャツのロミオと神父役のピート・ポスルスウェイトとか、設定は現代なのに台詞は古典な組み合わせとか、今観ても面白い。


この映画当時のレオの人気といったら凄まじい勢いで、公開作品がなくても毎月必ず映画雑誌には彼の特集ページがあったし、何をしても話題になったし。でも私は若い頃の彼はあまり好きじゃなかったから(演技はもちろん花丸ですが)、なんでこんなにいつもレオのページがあるのか、なぜあんなに人気なのかと不思議だった。まぁあの容姿で演技力もあれば当然といえば当然か。
でも今回この映画を見直して、今とはまた違う、あの頃のレオの魅力は格別のものがあるかな。


私個人としてはおっさんになった今のレオの方が好きだけどね。


Kissing You - Romeo + Juliet


関連記事

コメント

非公開コメント