蛇足のような… (ミッション:8ミニッツ)

sourcecodeposter.jpg



Source Code (2011)


監督、キャスト共期待でした。ダンカン・ジョーンズの前作「月に囚われた男」が未見なのですが。

もしもこの映画が、スティーブンスとクリスティーナがキスをし、観客がコメディアンのジョークに笑っている瞬間で止まったあのシーンで終わっていれば、私の評価はものすごく高かったのに…その後のエピソードは果たして必要なのか否か。

スティーブンスは死んで、意識はショーンの体にとどまり、それでいて彼の生きる世界は、スティーブンスが生きていた頃でも、死んだ後でもない、3つ目の世界(パラレルワールド)なんですよね?そういう設定にすると、この作品にひねりや深みが出るのだろけれど、私としてはいさぎよく彼にはこの世を去って欲しかったなー。さらに列車の乗客も救えてめちゃハッピーエンドじゃん、と。


特に、グッドウィルが生命装置を切った時に見せたジェイク・ギレンホールの表情があまりに素敵で魅入っちゃったので、あそこできれいに終わってほしかったってのもあるな。


そう考えると「バタフライ・エフェクト」ってとてもよく出来た映画だ。


ミシェル・モナハンに期待してたんだけど、意外にもヴェラ・ファーミガが良かったなぁ。彼女の作品は5年前(もうそんなになるのか!)の「ディパーテッド」しか観てないんですが。ちょっと困ったような表情がいい。


しかしこの邦題。あんだけ劇中「ソース・コード」という単語を連発してるのに(字幕では「プログラム」ってなってたな)なんでこの邦題。


あとどうでもいいネタ。クリスティーナの携帯の着信音は、チェズニー・ホークスの"The One and Only"。これはマイケル・J・フォックスの映画「ドク・ハリウッド」(1991)の主題歌。私この曲好きなんだ~。


作品の舞台となるシカゴのコミューター・トレイン。私は最初、てっきりアムトラック(長距離電車)かと思ったら、これ、通勤列車なんですね。二階建てでゴージャス。電車好きな息子が見たら喜んで乗りたがるかも。

関連記事

コメント

非公開コメント

トリみどりさん、こんにちは! コメント&TBありがとうございました。
『月に囚われた男』なかなか好きでしたよ~。
ヴェラ・ファーミガ、綺麗ですよね。『マイレージ・マイライフ』はオススメ♪
トリみどりさんは、ミシェル・モナハンどの作品で好きになったのですか?

『バタフライ・エフェクト』観てないんだよね。。観た~い!

私は「マイレージ・マイライフ」も未見なんです。はー、ダメすぎる。「月に囚われた男」と共に、なんとか出産前に見たいものです。

ミシェルは、「ロード・オブ・ウォー」(これは映画としてもすごく好き)、「イーグル・アイ」(ストーリーは…んー、ですが)が良かったんです。
毎年ブログで勝手にやってるベスト選出で、2008年のベスト女優に選んだくらい好きなんです~。良ければご覧になって下さいね。

追伸追伸!!

ミシェル・モナハンは、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」が一番のお勧めです。ごめんなさい上のコメントで書き忘れてました。

「ゴーン~」はベン・アフレックの監督デビュー作でもあるのですが、もうすごい完成度が高くて、なんでこれが未公開なんじゃー!という声多数です。

トリみどりさん、再びお邪魔です。
そうなんですか、『ロード・オブ・ウォー』未見です。知らない映画だな~。
『ゴーン・ベイビー・ゴーン』は私も2008年に観たDVDのベスト1に選出しました(笑)。
いい映画でしたよね。。イーストウッドばりの。
『イーグル・アイ』も結構、好き~。

トラックバック

多世界解釈〜『ミッション:8ミニッツ』

 SOURCE CODE  コルター・スティーヴンス大尉(ジェイク・ギレンホール)は、目を覚ますとシカ ゴ行きの列車の中にいた。目の前には、クリスティーナ(ミシェル・モナハン)と い

ミッション:8ミニッツ・・・・・評価額1650円

この世界、果たしてホンモノか? 「月に囚われた男」で脚光を浴びた、ダンカン・ジョーンズ監督による長編第二作。 今回は、8分間という時間を無限ループする男の話で、言わば「