そこまでやらんでも… (J.エドガー)

jedgar_poster.jpg


J. Edgar (2011)

クリント・イーストウッドの作品って、そんなにいいの?と最近よく分からない私。「ミリオンダラー・ベイビー」や、私はまだ観てないけど「チェンジリング」は評価良かったけど、「インビクタス」「ヒア アフター」はイマイチ。そしてこの作品も。主役が男だとダメなのか?


ということで、何がダメだったって、レオとアーミー・ハマーの老けメイクがダメだった…。それにいくら容姿や動きがおじいちゃんでも、声に張りがあって、妙に違和感。それならいっそ他の俳優で良かったのに。なぜそこまで無理して本人にやらせる?


それを差し引いたら、晩年のフーヴァーが、もう地位も権力もそこまでないのに、まだあると思ってる彼に、トルソンが、もうそうじゃないんだよ、と、現実を知らしめるシーンとか、ちょこちょこといいところはあるんだよね。

レオは、死んだ母の服を着て嘆くところと、ホテルの部屋を出て行ったトルソンの背中に、つぶやくように「愛しているんだ、本当に」と言うのが、「哀しい」表現がうまいなぁと感心。


でも実は、老けメイクも似合っていたせいか、ナオミ・ワッツが良かった!あんなに長いこと仕えてたんだから、彼女も相当の秘密を握っていると思うんだよね。それを楯に何かしようというわけではなく、ひたすら忠実にフーヴァーの秘書を勤めた彼女の功績は、フーヴァーにとってはかなり大きかったのでは。


人間、長いこと同じ地位にしがみついてるのは良くないな、という映画でした(…?)。
関連記事

コメント

非公開コメント