ドラマ向きかも (ミレニアム 眠れる女と狂卓の騎士)

luftslottet_som_sprangdes.jpg



Luftslottet som sprängdes (2009)

とうとうスウェーデン版の3部作の最後。しかしこの3作目は、リスベットの入院(病院)と、退院後の裁判(法廷)シーンが多いので、前2作に比べると、動きが少ない。そのせいか、じっくり描くには映画じゃなくて、ドラマの方が向いてるかも、と感じた。

と思ってIMDB見たら、どうやら本国ではドラマもやってたみたいよ。1回90分×6回の"TV Mini-Series"とあるし、キャストも映画と一緒。これは3部作全部を6回で放映?とすると、2回分の放映で1作品をドラマ化で180分。ん?それだと映画より短いな…。うーん、分からん。


ま、それは置いといて。

リスベットがこっそり差し入れられたPDAで、あれこれ戦略を練ったり自分史を書くシーンは、文章として読んだほうが面白い。

そして、入院中のリスベットが、携帯でいきなりプレイグと話し出すのは、彼女の利口さが全然表現されてない!だいたい病室で携帯を使うだなんてリスクをリスベットが犯すとは思えない。んー、スウェーデン版ミレニアムって、なんとなくその辺が雑に感じる。もっとリスベットの賢さを前面に出して!


無事彼女の無罪が確定し、自分の高級アパートに戻って、そこにミカエルが挨拶に現れ、「また連絡して」「えぇ」「きっとだよ」

の台詞と共にあっさりと幕を下ろす3部作でした。ほんと、あっさりしてるんだよね。原作がドラマチックだから、映画化はハリウッド版の華やかな方が合うのかな。

関連記事

コメント

非公開コメント