難しい世の中 (僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a school in Cambodia.)

bokutatisekai


僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a school in Cambodia. (2011)


夫に勧められて見ました。

ストーリーの真ん中に、主役4人が訪れるカンボジアがほぼドキュメンタリーだったのが、この映画を最後まで見続けられた要因だったと思う。

今の若い人は、人間関係がすごく気をつかうものになっちゃってるというか、何かに熱く、何かを熱く語ろうとするのが多分かっこ悪い世代なのかも。軽いノリで、空気を読み、他の皆から浮かないように、という感じがすごーく感じられる(そのくせ就活になると個性が求められるしな)。

そして、毎日が満たされすぎちゃってるのかな。私の10歳年下の知人も、海外旅行にそんなに行きたいと思わない、と言ってたので、正直びっくりした。


で、この映画も、主人公のきっかけが郵便局に置いてあったパンフレットだし、資金集めはサークルのクラブイベントだし。まぁ、きっかけがなんだっていいじゃん!お金あるめるのにクラブじゃだめなの?と言われればそれまでなんだけど。なんかもう世代が違う!

お金が集まらないことに対してノルマを課した発言をした本田に対して、メンバーから出てくる発言。

就活に有利だと思って入ったのに
なんでカンボジアなの?
日本にも困ってる人いるじゃん
そもそも学校作るくらいで何か変わるわけ?

いくつかは多くの人が少しでも疑問を抱く点だと思う。それに対して言いだしっぺの甲太は明確に答えられず、それがまたもどかしい、でもそうだよな、と。すっごく大きな意思を持ってはじめたことではないけれど、でも何かが彼を変えたんだよね。でもそれを外にうまく説明できない。実行力もない。この辺りはすごく共感できた。


それでも自分以外の世界に目を向けるきっかけになれば。ひとつでも何かに一生懸命になれれば。譲れない何かを見つけられたのなら。

それだけでも君たちの人生は有意義なものになる、とおばちゃんの私は信じてるよ。


向井理が出演した「ウルルン滞在記」を見てみたいなぁ。

関連記事

コメント

非公開コメント